阪神2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回は阪神の新戦力補強について取り上げていきます。

金本阪神2年目となる2017年は2位ということで、成績だけを見ると上出来かなと思いますが広島と10ゲーム差も離されたので、若手がいい感じで育ってると同時にまだまだ力の差はあるのも事実。

中継ぎ陣は文句のつけようがない面子が揃ってるだけにかつてのJFKのように2018年も後ろは期待できます

やはり、シーズン通して出場できるホームランバッターの補強が毎年の課題でもあるので補強にも注目されますね。

そんなわけで、今回は2018シーズンの阪神の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

ご覧ください!

スポンサーリンク

阪神の2017を振り返って必要な補強ポイントは?

78勝61敗の貯金17とシーズン開始当初の貯金18の目標をほぼクリアした阪神。

2016年の4位から躍進した理由はやはりリリーフ陣の整備によるものです。

桑原投手や岩崎投手といった2016年はいなかった戦力を付け加え、外国人のマテオ投手、ドリス投手の安定した活躍、ベテランの藤川投手、高橋投手も要所でいい仕事をしました。

右、左のバランスもよく2017年の阪神はリリーフのチームといっても過言ではない程です。

その反面、やはり打線は迫力を欠き、2016年程ではないものの調子のいい選手をやりくりして使うことでなんとか戦っていましたね。

中谷選手や大山選手など近い将来の長距離砲への開花を期待させる選手の台頭や鳥谷選手の復活は大きかったですが、それでも広島打線と比較すると大きな隔たりを感じざるを得ない印象ですね。

キャンプ前と夏場の2度のケガがあったにもかかわらず最終的に3割近い打率とチームトップの盗塁数を記録した糸井選手の存在感はさすがでしたが、糸井選手は本塁打を30本打つというタイプの選手ではありません。

阪神に求められているのはオーバーフェンス、ひとつ間違えればスタンドへ持っていかれるようなパワーにあふれた選手の獲得です。

ここはもう外国人選手に頼らざるを得ない面があり、ここ数年ヘイグ、キャンベル、ロジャースなど長打力不足の選手ばかりを獲得してきた編成に力を発揮してもらいたいところですね。

さらには2017年は藤浪投手の予想外の大不調で先発投手の駒不足にも泣きました。

メッセンジャー投手が日本人扱いとなる2018年は外国人を含め、ドラフトや場合によってはトレードなどでも先発投手の補強が必要でしょう。

CHECK!阪神2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも! 

新外国人

新外国人となる大砲補強がことごとく失敗に終わってる阪神ですが、外国人投手については比較的上手くいってますよね。

2018年の補強で噂になってる新外国人助っ人を見ていきます。

呂彦青(ルー・ウェンチ)

台湾代表の左腕。

やはり阪神の左の先発は能見投手がローテーションを守ったとはいえ、年齢的にも2桁勝利は計算できない状態でもありますし、岩貞投手の2017年を見る限りはどちらも計算には入らないのが事実でしょう

最速150キロということで、歴代の阪神の左腕でもそこまでの球速はそういませんのでキレのあるストレートであれば奪三振数も期待できますね。

外国人投手の最速報道は実際に試合になればまずそこまで出ないので球速以上のキレがあれば、当時中日で活躍した同じ台湾のチェン投手のような活躍も期待できるかもしれません。

あくまでも台湾のアマチュアナンバーワンなのフタを開けてみないとわかりませんが、阪神の外国人投手は比較的HITするので期待できるのかなと。

ウィリン・ロザリオ

阪神は右の大砲候補としてドミニカ共和国のウィリン・ロザリオを獲得。

ロザリオ選手といえば、韓国リーグで2年連続で30本塁打を記録してる阪神からすれば願ってもない大砲候補ですね。

大砲候補が不発に終わることが多い阪神ですが、韓国リーグで実績のある選手は比較的日本で成功するケースが多いだけに魅力的な選手といえるでしょう。

現在ウィリン・ロザリオ選手はメジャー球団からもオファーがあるということで、近年の阪神は大型外国人補強を避けていた傾向がありますが、ロザリオ選手に対しては特別視してるみたいのですね。

年俸はなんと、4億ということで1年目の助っ人としては過去最高額です。

グリーンウェルの再来にならないといいのですが、、、、

阪神はゴメス選手を解雇してから2016年に獲得したヘイグ選手、2017年に獲得したキャンベル選手の失敗、2017シーズン途中加入のロジャース選手も実力がわからないまま退団なので、隣国で実績のある大砲を獲得する方が懸命なのも事実。

ポジションは一塁手なので、大山選手が二塁手で飛躍したら、大砲の一二塁間コンビとなって阪神にとってはかなり楽しみな2018シーズンとなるのではないでしょうか?

ディエゴ・モレノ

阪神はリリーフ補強として、ベネズエラのディエゴ・モレノ投手を獲得。

最速153キロのパワーピッチャーとのことですが、3Aで通算100試合以上登板しており、メジャー通算の成績が9試合で1勝1敗、防御率5・06ということで成績だけでは評価したがい部分がありますが、回転数の良いストレートが持ち味だそうです。

調子の良いときは、球速以上のストレートで三振を量産できる投手であれば阪神の中継ぎ陣にはいないタイプなので大きな補強になるのかなと。

ドリス投手が不調のときはストッパーを務めることもあるかもしれません。

ただ、阪神の中継ぎ陣は2017年に関しては12球団でもっとも安定しているので、できれば手薄な先発補強が必要かなと思います。

協力な中継ぎ陣にモレノ投手が機能したら、中継ぎ陣から誰か先発にまわるようなこともあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

FA補強

2018シーズンのFA補強はありませんでした。

尾仲祐哉(大和の人的補償)

大和選手の人的補償でDeNAから尾仲祐哉投手を獲得

年齢的にもこれからの投手で阪神の補強ポイントである先発を獲得できたのはプラスですね。

大和選手の守備力はある意味と同じ価値があるので同等レベルで補強ができてたとはいえませんが、近い将来先発ローテで10勝できる投手になってくれたら阪神にとっては財産です。

金本監督も相当期待しているようなので、尾仲投手のノビシロが楽しみですね。

山崎憲晴(DeNAから加入)

DeNAを戦力外になった山崎憲晴選手を獲得

ユーティリティープレイヤーということで内野の守備固めや代走要因として起用されそうですね。

長いシーズンこういった便利屋となれる選手は貴重なので、2018年は「山崎を補強してよかったな~」っていわれるシーズンに期待したいですね!

調子次第で場合によってはスタメンに名を連れる試合だって十分にありえそうです!

岡本洋介(トレード)

榎田投手との交換トレードで入団。

阪神には小野投手、才木投手といった期待の若手右腕候補はいますが、若手中心のチーム作りのため確実な計算に入る投手は少ないのも事実。

もしかしたら5番手、6番手の先発候補争いに食い込むかもしれませんね。

もともと投手力の強い阪神ですが、岡本投手は先発中継ぎどちらも適用できるので、他の投手が不調やケガで離脱した場合の穴埋めとしても十分な存在です。

より一層投手力に厚みが増すことになるのではないでしょうか。

ドラフト新人選手

阪神が2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの7選手です!

ドラフト1位:馬場皐輔

馬場皐輔・阪神
生年月日:1995年5月18日
出身:宮城県塩釜市
身長:180センチ
体重:88キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:仙台大学

最速155キロの豪腕タイプの右腕

清宮選手で7球団競合してしまい、結果的に外れ外れ1位となりましたがドラフト前から7球団が視察するなどで注目度の高い投手です。

カウントの取り方などのバリエーションが豊富でアマチュアの投手ではあまりいないタイプでもありますし、何よりも155キロのストレートにまだまだ磨きがかかっていくことでしょう。

奪三振率の高さも定評があるので、プロでも奪三振王のタイトルも狙って欲しいですね。
高校時代の同期にはソフトバンクの上林選手がいるので交流戦や日本シリーズでの対戦が期待できます。

CHECK!馬場皐輔(仙台大)のドラフト進路や評価は?出身中学高校に球速と球種も 

ドラフト2位:高橋遥人

高橋遥人・阪神

生年月日:1995年11月7日
出身:静岡県静岡市
身長:179センチ
体重:74キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:亜細亜大学

高橋遥人投手もドラフト1位として注目を集めていた左腕

球速は平均140キロ中盤ですが、球速以上にストレートがキレてるときはストレートで三振の取れるタイプで基本はストレートとスライダーのコンディションかなと思われます。
課題は制球力ですが、それを克服できれば先発ローテに入ってこれるだけの力はあるでしょう。

今回のドラフトのなかでも数少ない貴重な左腕が、馬場投手と共に即戦力として1年目からどれだけ登板できるか楽しみですね。

CHECK!高橋遥人(亜大)のドラフト進路や評価は?出身中学や高校時代に球速と球種も 

ドラフト3位:熊谷敬宥

熊谷敬宥・阪神

生年月日:1995年11月10日
出身:宮城県仙台市
身長:175センチ
体重:72キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手
最終経歴:立教大学

武器は足と守備に強肩が持ち味の遊撃手。

大学4年の春には盗塁王も獲得するなど、守りと守備については即戦力候補といえるでしょう。

阪神の若手遊撃手は糸原選手、北條選手にFAでの去就が注目されている守備の名手の大和選手がいますが、レギュラーといえる選手はいません。

打撃でアピールできれば1年目からスタメンに名を連ねることも十分にあるのではないでしょうか。

CHECK!熊谷敬宥(立大)のドラフト進路と評価!彼女や弟は?仙台育英時代も 

ドラフト4位:島田海吏

島田海吏・阪神

生年月日:1996年2月6日
出身:熊本県宇土市
身長:175センチ
体重:72キロ
投打:右投左打
ポジション:外野手
最終経歴:上武大学

中学時代には陸上100メートルであの桐生祥秀選手に勝ったこともある走力の持ち主。

走る、守るという部分においては十分な即戦力と思われます。

ただ、阪神の外野手は糸井選手、福留選手を中心に若手の中谷選手と高山選手がいるだけにそう簡単にレギューラーを獲れる状態ではないので、守備からのアピールで出場機会を増やしていって欲しいですね。

CHECK!島田海吏(上武大)のドラフトや評価は?陸上が評判!彼女や高校時代も 

ドラフト5位:谷川昌希

谷川昌希・阪神

生年月日:1992年10月6日
出身:福岡県八女市出身
身長:175センチ
体重:81キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:九州三菱自動車

社会人でプロから注目を集めて日本代表としても活躍。

先発登板したときの球速は140キロ前半ですが、中継ぎでは150キロ近いストレートを投げ込みます。

ソフトバンクの摂津投手にタイプが近いと言われていますね。

気持ちで投げるタイプで中継ぎ向きかなと思うので、阪神の強力な中継ぎ陣に加わり将来的には勝利の方程式の一角を担う投手として期待がかかります。

ドラフト6位:牧丈一郎

牧丈一郎・阪神

生年月日:1999年9月23日
出身:京都府京都市出身
身長:181センチ
体重:81キロ
投打:右投左打
ポジション:投手
最終経歴:啓新高校

最速152キロパワータイプの投手。

高校入学当初に腰を痛めましたが、それがきっかけとなったトレーニングが今の球速があるのかなと。

即戦力というよりも将来のストッパー候補としての期待が大きいと思うので今はストレートに磨きをかけていってほしいところですね。

阪神では全盛期の藤川球児投手以来なかなか鉄壁の抑えが現れてないので、5年以内には9回で満員の甲子園での登場が期待されます。

育成ドラフト1位:石井将希

石井将希・阪神

生年月日:1995年7月12日
出身:群馬県高崎市
身長:180センチ
体重:82キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:上武大学

最速145キロのストレートとカーブが武器の石井将希投手。

ストレート威力を評価をされて育成として獲得されたと思いますので、そこに制球力が加われば支配下登録もそう遠くないのかなという印象です。

もう1つの武器としては日本人投手で数少ない落差のあるカーブがありますので、この球種がどこまでプロで通用するのかがポイントにもなってくるでしょう。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで2018シーズンの阪神の新戦力補強についてまとめてみました。

若手の生え抜きを中心としたチーム編成になって2年が経過した金本阪神。金本監督が理想とする野球が徐々に形になりつつあるのかなと思いますが、長いシーズンどうしてもレギュラーメンバーを固定するまではまだまだ遠いのが現状

ただ、広島との力の差があるといえども、確実に縮まってきてるのも事実なのできっかけ1つでブレイクする選手はセ・リーグのなかでも一番多い球団なのではないでしょうか。

藤浪投手、高山選手、北條選手の復活でチーム戦力は全然変わってくるはずなので2018年優勝するには補強の成功とこの辺の選手がポイントとなるのかなと思ってます。

シーズン通して30本塁打以上打てる外国人助っ人、そしてドラフト入団選手を中心とした選手の活躍を期待しています。