大和・阪神

阪神タイガースの守備のスペシャリスト

大和選手。

プロ野球界でも数少ない、守備だけでお金を稼げる選手で、2017年シーズン開幕当初は、セカンドのポジションでレギュラー争いをしていたのですが、ショートの北條選手が極度の不振に陥り、その後についた糸原選手も怪我で離脱し、最終的には大和選手がショートの座につきました。

今回はそんな大和選手がFA権を行使するのか?

行使するとなるとランクは?

そして巨人や横浜が大和選手に興味あり?

守備ならどこの球団でも超戦力!

と多岐に渡って書いていくので、是非最後までご覧ください!

追記:DeNAにFA移籍

スポンサーリンク

大和はFA権行使する?ランクは?

2017年でFA権を取得を得た大和選手ですが、実際のところ


FA権を行使するのか?


行使するとなるとランクは?

そのあたりをチェックしていきましょう!

現在大和選手は30歳になるということで野球選手として一番脂の乗る年齢となっています。

2016年シーズンまでの大和選手は、特別どこかのポジションでレギュラーを取るわけではなく、主に守備要員として試合終盤の守備固めなどで出場する機会が多かったんですよね〜。

やはり大和選手と言えば、皆さんご存知の守備職人で、バッティングが課題となりなかなかレギュラーを勝ち取ることができませんでした。

そんな中2017年シーズンはシーズンオフから取り組んできたスイッチヒッターで臨み、シーズン中盤にはショートのレギュラーの座を掴み、課題のバッティングも2016年シーズンは打率2割3分1厘だったのに対し、2017年シーズンは規定打席には到達していませんが打率2割8分と大きく伸ばし、スイッチヒッターとして成功したシーズンだったのかなと思われます。

2016年シーズンまでの大和選手だったら、阪神タイガースでなかなか先発出場がなかったので、もしかするとFA権を行使し他球団に出場機会を求めていたかも知れませんが、現在の大和選手だとFA権を行使せずに残留をする可能性が高いのではないでしょうか?

もちろん野球選手たるもの自分の評価を知りたい気持ちはあると思うので、大和選手にその気持ちが強ければFA権を行使するかも知れませんね!

仮にFA権を行使するとなると気になるランクなんですが、大和選手の2017年の年俸が5000万円となっていて、チーム内での順位が15位なので、Cランクとなります。

※追記※大和選手はBランク(2017年12月1日現在)

Cランクの選手は獲得しても金銭や人的保障を伴わないランク。

大和選手ほどのプレーヤーがCランクって言うのは、かなりお買い得ですよね〜。

FA権行使なら間違いなく手を挙げる球団は複数いると思います。

ただ、阪神にとって大和選手は絶対的に必要な選手なので全力で引き止めにいくでしょう。

巨人が大和に興味あり?

去就が注目されり大和選手ですが、巨人が興味を持っているとの情報があったので調べてみました。

色々とチェックしてみると、今の所具体的な話はないようですね。

ただ、仮に大和選手が巨人へ入団となると、まずショートのライバルに坂本選手がおり、守備面だけを見ると大和選手が勝っていると思いますが、バッティングと人気から坂本選手をショートから外すことはあり得ないでしょう。

そしてセカンドになるとマギー選手がおり、これまた守備では勝っているのですが、バッティングとなると確実にマギー選手ですよね。

まぁそれでも大和選手は外野も守れるので、巨人入りとなると外野のポジションでの出場が主となるのではないでしょうか?

守備要員として考えてもFAランク的に巨人からすれば相当お得ですね。

横浜が大和に興味あり?

FA権行使なら巨人入りもささやかれている大和選手ですが、横浜も興味を持っているようで、調べてみました。

さきほどと同じで具体的な話はないようですね〜。

もちろん大和選手自身がFA宣言をしていないので、具体的な話をしようにも出来ないところだと思いますが、仮に横浜入団となると、現在のショートが若手の倉本選手で、ラミレス監督は倉本選手のバッティングを高く評価していることから、大和選手がレギュラーを取るのは難しいかも知れません。

しかし、セカンドが固定できておらず、大和選手の実力があれば間違いなくレギュラーを獲得できると思いますね。

外野のポジションは筒香選手、桑原選手、梶谷選手とほぼ固定となっていることから、大和選手が横浜へ入団となると、セカンドのポジションが濃厚となりそうですね。

守備ならどこの球団でも超戦力!

FA権行使となれば、複数の球団が獲得に乗り出すこと間違いなしの大和選手ですが、なぜそんな人気かと言うと、守備面ならどこの球団でも超戦力です。

もともと大和選手はショート出身で、2014年にゴールデングラブ賞を獲得したんですが、この時は外野のポジションでの獲得だったんですよね〜。

しかし、シーズンを通して内野で試合に出れば、間違いなくゴールデングラブ賞を獲得できるだけの実力はあると思います。

プロ野球2017!ゴールデングラブ賞予想【セ・リーグ編】

まぁセ・リーグのセカンドと言えば日本屈指の守備職人、広島カープの菊池選手がいますが、その菊池選手に匹敵する可能性があるのが大和選手ではないでしょうか?

菊池選手ほどの派手さはないんですが、難しいプレーを意図も簡単に見せる大和選手の守備は絶品の一言。

そんな大和選手のスーパープレーがこちら!

すっばらしい!

仮にショートでシーズンを通して出場していれば確実にゴールデングラブ賞を獲得できると思いますよね〜。

まとめ

ここまで阪神タイガースの大和選手について色々と書いてきましたがどうでしたか?

2017年でFA権獲得となった大和選手ですが、FA権を行使するのか、みんなが注目していますよね。

もちろんFA権行使となると、噂に挙がっている巨人や横浜など複数の球団が獲得に乗り出すことは間違いないと思います。

しかし、阪神タイガースにとっても間違いなく必要な選手だと思うので、これから大和選手がどういった判断を下すのか?注目していきましょう。