阪神トレード2018予想

プロ野球トレード予想2018!

ということで、今回は2018シーズン阪神タイガースでトレードされそうな選手を取り上げていきます。

金本監督就任3年目となる2018年シーズンは、キャンプ時から注目度が高く、金本監督自身も「3年間で一番強いチームになった」というほど、チームは熟成されてきました。

ただ、そんなチーム事情にはハマらない選手も出てくるわけで、2018年シーズン前には阪神の榎田投手と西武の岡本投手のトレードが行われるなど、チーム補強が活発になっています。

そんな阪神タイガースの2018年トレード候補となりそうな選手をチェックしていくので、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎

球界を代表する投手となるポテンシャルは十分な藤浪晋太郎投手。

藤浪投手といえば、高校時代から注目度がとても高く、現メジャーリーガーの大谷投手とならぶポテンシャルの高さを持った投手としてプロ野球入りを果たしました。

最速160キロを誇るストレートを武器に、プロ入り1年目から二桁勝利を上げるなど、プロ野球界のエースとなる階段を着々と登っているかに思えたのですが、ここ数年成績が伸びずに悩んでいます。

元々藤浪投手はコントロールの良いピッチャーではなかったのですが、2016年辺りから自滅することが増え、2017年シーズンは右打者へのデッドボールで乱闘騒ぎとなるなど、右打者のインコースへの投球が不安定になってしまいました。

これがスポーツ選手によく見られる「イップス」だと、世間では話題になりましたね。
 
そんな藤浪投手にまさかのトレード要員になるかも?っていう報道が出たりしています。

もちろん藤浪投手ほどの選手を阪神が手放す可能性はありえないとは思うのですが、このままの状態が2018年シーズンも続くと、トレード候補となる可能性もゼロではないでしょうね。

CHECK!藤浪晋太郎はイップスが原因で制球難?死球が多い!成長してないって声も 

山本翔也

「ティシュ王子」の異名を持つサウスポー、山本翔也投手。

社会人野球を経験し、2013年ドラフトで5位指名を受け、プロ野球入りを果たした苦労人で、コントロールが生命線となっているピッチャーです。

プロ1年目から一軍登板を果たすなど、首脳陣の期待も高く、将来は左の中継ぎ投手としてフル回転して欲しいと思っていたのですが、なかなかチャンスが巡ってこないのが現状。

二軍では2016年、2017年シーズンに防御率2点台と、常に安定した成績を残しているんですが、何故か一軍にあまりお呼びがかからないんですよね。

そして一軍の中継ぎ左腕には、岩崎投手、高橋投手などが、ドッシリ構えていますし、2017年ドラフトでチームに入ってきた左腕、高橋遙人投手もイキの良い投手となっていて、山本投手が厳しい立場となっています。

個人的には山本投手のポテンシャルはかなりのモノがあると思うので、阪神で活躍して欲しいところですが、出場機会に恵まれなければ、トレードで違うチームに行くのも一つの案ですよね。

江越大賀

身体能力はチームNo.1の呼び声高い江越大賀選手。

高校時代からトリプルスリーを目指せるバッターとして、高い評価を受けていた選手で、阪神には2014年ドラフトで3位指名を受け入団しました。

入団後も、高い身体能力を買われ、新人ながら一軍キャンプに帯同、開幕一軍のキップを手に入れ、1年目から5本塁打を放つなど、大器の片鱗を見せつけています。

しかし、期待された2年目からのシーズンは、なかなか結果が出ず、一軍二軍を行ったり来たりするシーズンを繰り返しているんですよね〜。

走塁、守備に関してはチームでトップクラスな事には違いないんですが、いかんせんバットにボールが当たらず、打撃面が極度の不振となってしまいました。

首脳陣もその辺りを考慮し、2017年シーズン終了後にはスイッチヒッター転向を発表するものの、春季キャンプ終了後には、またも右打者へ専念すると発表する事となります。

何せ打撃面さえ向上すれば、今でも間違いなくトリプルスリーを狙える選手だと思いますが、このままバッティングの調子が上がらない場合は、トレード候補となってもおかしくないでしょう。

それだけ今の阪神の外野手争いは戦国時代となっている証拠ですね。

横山雄哉

2014年ドラフト1位指名でチームに入団を果たした横山雄哉投手。

最速151キロのキレの良いストレートを豪快に投げる、投げっぷりの良さが魅力で、能見投手の後釜として首脳陣からの期待も高い投手なんですが、何せ怪我が多い選手なんですよね〜。

入団1年目から怪我に見舞われ、シーズン終了後には手術をする羽目になり、2年目のシーズンも出遅れる事となります。

その後も目立った成績を残せず、同期入団で同じ社会人野球のチームメイトでもあった、石崎投手は侍ジャパンに召集される活躍をしているので、横山投手としては歯がゆいところでしょう。

もちろんポテンシャルは高い投手なので、怪我さえなければ活躍できると思うのですが、今のような状態が続くと、トレード候補となってもおかしくないと思います。

陽川尚将

阪神タイガースの和製大砲として期待が高い陽川尚将選手。

生え抜きの選手として、長年右の大砲育成が課題となっていた阪神で、希望の光となっています。

陽川選手のホームランの弾道は、見ていて惚れ惚れするような弾道で、まさにホームランバッターそのもの。

そんな陽川選手は、2軍のウエスタンリーグで打点王や本塁打王といった数々のタイトルを獲得しているんですが、なかなか1軍でその活躍が出来ずにいます。

そしてポジションが三塁手と一塁手といった打撃重視のポジションであることから、ライバルも多く、2018年シーズンのこのポジションには、大山選手とロサリオ選手がおり、この選手達からポジションを奪わなければなりません。

しかし、大山選手も未来の4番候補として期待されていて、少々成績が悪くても使われると思うので、どちらかといえば一塁のロサリオ選手からポジションを奪う方が可能性はあると思います。

ただ、ロサリオ選手が活躍すると、陽川選手のポジションがほとんど無くなってしまうので、トレードされる可能性も十分あるのではないでしょうか?

ファンとしてはロサリオ選手に活躍をしてほいですけど、そうなると陽川選手のポジションが無くなるといった複雑な状況ですが、その辺りはプロの世界なので仕方ありませんね。

他球団のトレード予想2018

>>広島トレード予想2018!<<

>>横浜DeNAトレード予想2018!<<

>>巨人トレード予想2018!<<

>>中日トレード予想2018!<<

>>ヤクルトトレード予想2018!<<

>>ソフトバンクトレード予想2018!<<

>>西武トレード予想2018!<<

>>楽天トレード予想2018!<<

>>オリックストレード予想2018!<<

>>日本ハムトレード予想2018!<<
 

>>ロッテトレード予想2018!<<

まとめ

ここまで阪神タイガースの2018年トレード候補選手を予想してきましたがどうでしたか?

2018年の阪神といえば、金本監督就任3年目となっていて、監督が「就任以来もっとも強いチーム」というほど、若手、中堅、ベテランが融合しています。

そんな中、活躍する選手がいれば、その影になってしまう選手が出てくるのがプロの世界。

今回トレード予想した選手たちも、ポテンシャルの高い選手である事には違いないのですが、現在のチーム事情によりトレード候補となっています。

なので、これからどういったトレードが行われていくのか?その辺りから目が離せないですね。