プロ野球ドラフト2018・広島

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年広島カープのドラフト候補となる選手を予想していきます。

2016、2017年と2年連続でリーグ優勝を果たした広島東洋カープ。

広島カープと言えば、育成に定評がありFA選手を取らないことで有名ですね。現在主力で活躍している菊地選手や丸選手、鈴木誠也は生え抜きの選手です。

生え抜きの選手がチームを強くしている広島カープですから、ドラフトはこれからのチームを担う上でとても重要ですね。

そんなわけで、広島カープのドラフト候補についてチェックしていきますのでご覧ください!

スポンサーリンク

藤原恭太(大阪桐蔭)

走攻守三拍子揃った大阪桐蔭の4番。

50メートル5.7秒のスピードを持ち、打っては高校通算20本を超えるホームランを放つパワーもある選手です。タイプ的には阪神糸井選手のような選手で、身体能力が高いですね。

苑田スカウト統括部長は、社会人大学生を含めてもNO1野手だと語り非常に高い評価を得ていますね。

広島カープの外野手は、丸選手や松山選手鈴木選手などなかなか強固な布陣ですが、松山選手は30代中盤を迎え、丸選手もFA権を取得し移籍の可能性が噂される中このレベルの新人外野手は喉から手が出るくらい欲しいと思います。

文句なしの1位指名だと思います。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)のドラフト進路情報

小園海斗(報徳学院)

高校通算20本以上のホームランを放っているパンチ力のある遊撃手。

守備でのグラブさばきにも定評があり、スローイングも素晴らしいものがありますね。エラーも少なく、プロでも通用する守備力だと思います。将来の3番遊撃手として取るべき選手ですね。

松本スカウトは、センスの塊のような選手であると評価し、鞘師スカウトも頑張ればドラフト1位にも入ると評価しています。

ドラフトの順位としては藤原選手のハズレ1位予想です。

CHECK!小園海斗(報徳学園)のドラフト進路は?各球団の評価をチェック

根尾昴(大阪桐蔭)

2018年ドラフト1番の目玉である選手。

投げては最速148キロで先発を務め9回を投げきったり、打っては選抜で5番に座り9安打8打点とレベルの違いを見せつけてくれました。

外野、内野、投手と幅広いポジションを守れますが、2019年には菊池選手、2020年には田中選手がFAを取得し移籍の可能性があるので将来の核として内野手での指名になるでしょう。

鞘師スカウトは打つ投げる走るすべての能力が高く計り知れないと評価しています。もちろん1位予想ですが、藤原選手とどちらを指名するか楽しみですね。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

若山蒼人(中部学院大)

長身細身のアンダースロー投手。

大学でアンダースローに転向しブレイクした選手ですね。実績は少ないですが、中継ぎの投手として指名が予想されますね。なかなか長身のアンダースロー投手はプロ野球界にいませんので、広島の育成術とプラスしてプロでも活躍できる選手だと思います。

松山スカウトは、球持ちがよく浮いてくるような球を投げる選手で、プロで見てみたいと評価しています。

上位指名は今のところは難しいですが、変わり種の選手としての指名が予想されます。もちろんじ実績を積めば上位に躍り出るかもしれません。

斎藤友貴哉(Honda)

最速153キロ肩の柔軟性が特徴の大型右腕。

130キロ台のスプリットは消えるような感覚のボールで一級品ですね。スライダーもキレがよく、ストレートもスピードがあるのでプロでもなかなか打てない即戦力の投手です。

高山スカウトは、今後も見ていきたい素材だと評価しドラフトのリストに入っているようですね。5番手、6番手の先発投手が少し不安な部分もあるのでそこを斎藤選手で埋めたいところ。将来的にはエース並みの活躍も期待できます。

上位での指名でないと獲得はできない選手だと思います。

梅津晃大(東洋大)

最速153キロ、内角を強気に攻めスライダーで空振りを誘う選手。

体に巻き付くような腕の振りから放たれる威力のあるストレートはなかなか打てない代物だと思います。高校時代から柔軟性やバランスを評価されており多くのスカウトから注目されています。

苑田スカウト統括部長も簡単に打てないと評価しており、指名が予想されていますね。実力的には1位の実力ですが、魅力的には大阪桐蔭の2人に少し劣っているかと思いますので3位予想です。

スポンサーリンク

林晃太(智弁和歌山)

右投げ左打ち、強打の三塁手。

高校通算30本以上のホームランを放っている林選手ですが、実は肘の手術を経験しています。その怪我から復帰した2年春の選抜では2本のホームランを放つなど完全復活をアピールしました。

鞘師スカウトも、スイングが速く日本の4番になれる素材で、ドラフト上位候補と語り期待値の高さがうかがえます。

広島は三塁手がなかなか決まらず、今年は安部選手が務めていましたので、林選手の加入によりさらに底上げができると思います。

指名があれば上位での指名だと思います。

川原陸(創成館)

長身で伸びのあるストレートが武器の左投手。

スライダーとツーシーム、チェンジアップも操る器用な選手ですね。2年春から投手に転向したばかりなので肘肩もまだそこまで酷使していません。なので将来的にまだまだ伸び代のある選手ですね。

苑田スカウトは腕の振りが良く、担当のスカウトに追いかけて欲しい選手と評価しています。広島は左の先発投手が少ないので、将来的にはその穴埋めができる選手になってもらいたいですね。

今のところは下位指名ですが、今後の活躍に期待したいですね。

万波中正(横浜高校)

コンゴ出身の父親をもつハーフの選手。

外野と投手を兼任するセンスあふれる選手ですね。190センチ90キロと日本人にはないバネのある立派な体格はプロでも十分通用すら体格です。高校通算ホームランは20本以上、投げても最速147キロとそのパワーは魅力的です。

苑田スカウト統括部長は、すごいボールを投げると評価しており、投手での指名もあるかもしれません。

将来性に期待して上位から中盤での指名があるかもしれません。

CHECK!万波中正(横浜高校)の母や父の仕事は?ドラフトや中学時代に彼女についても 

勝又温史(日大鶴ケ丘)

プロ注目右の本格派投手。

ストレートの最速は147キロで、体が柔らかく腕の振りが強い投手ですね。

実績がほかの選手より少ないのがドラフトの順位には影響しそうですが、緒方スカウトは、元広島黒田博樹氏のような投手で、東京NO1投手だと高い評価をしていますね。

私としては得意の育成で伸ばしていける投手だと思いますので予想は下位指名か育成枠ですが、今後の動向にも注意していかなければいけない選手だと思います。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで2018年ドラフトで広島カープから指名されそうな選手を予想してみました。

生え抜き集団にも関わらず12球団屈指の選手層で黄金時代を迎えている広島カープ。

とくに野手でレギュラーを獲るのは厳しい球団です。

今回紹介した選手が広島カープに入団した際には現在のレギュラー選手を脅かす存在になってほしいですね。

そんな2018年の広島カープのドラフト動向から目が離せません!