プロ野球契約更改・年俸予想2019・広島

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた広島カープの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみました。

2018シーズンは2017シーズンに続き圧倒的な強さを見せリーグ3連覇を達成した広島カープはFAを持った主力もいて契約更改は大きな注目を集める事になるでしょう。

そんなカープの年俸予想をしていきます。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

丸佳浩(追記:巨人にFA移籍)

2018年の年俸:2億1000万円
2019年の年俸(巨人):5年30億円超

広島3連覇の原動力となり、自己最高の成績を残した丸選手はFA権を所持していて各球団の争奪戦になる事間違いなし。

走攻守の全てにおいて日本でトップクラスの実力を持つ選手だけに球団側の引き止めには全力を尽くすでしょう。

しかし、広島の経営体制状マネーゲームが出来る球団でない為過去にも金本選手や新井選手といったチームの主軸が退団した過去があります。

予想される提示は3億円をベースとした長年にわたる複数年契約が現実的であり、資金力のある球団は更に上の金額と待遇を提示するでしょう。

広島がどれだけの好条件を提示するかが焦点となります。

丸選手の2019年の年俸は3億円+複数年+出来高といったところでしょうか。

丸佳浩はFAで巨人かロッテ?他球団の移籍の噂と予想についても 

松山竜平

2018年の年俸:6500万円
2019年の年俸:1億円(3500万円増)

丸選手と同様FA権を所持している松山選手。

松山選手は2018シーズン規定打席到達、打率3割、70打点を達成し勝負強い打撃でチームを支えました。

こちらも2018シーズンの年俸が安く争奪戦は必至であり、打てる外野手を求める阪神あたりが手を挙げた場合多少実績に見合わない金額でも広島を上回る金額の提示が見込まれます。

1億円+複数年といった条件でも不思議ではありませんね。

松山竜平はFA行使する?獲得に動きそうな球団を予想してみた 

大瀬良大地

2018年の年俸:6300万円
2019年の年俸:1億4500万円(8200万円増)

2018シーズンは大車輪の活躍を見せ、菅野投手と並び15勝を挙げ最多勝を獲得した大瀬良投手。

防御率も2点台中盤を記録し名実共に広島のエースでして成長し、大幅な増額が見込まれます。

倍増をベースにタイトル量を合わせて1億3000万円と予想。

優勝もありさらなる増額の可能性もあるでしょう。

野間峻祥

2018年の年俸:1600万円
2019年の年俸:3400万円(1800万円増)

ドラフト1位で入団し遂に大卒4年目のシーズンにしてブレイクした野間選手。

昨年までは守備固めや代走での出場が多かった野間選手ですがレギュラーを掴み取り、出塁率.343、17盗塁をマークし多くのチャンスを作りだしました。

年俸は倍増程度の提示を受けるでしょう。

3000万円はいきそうですね。

鈴木誠也

2018年の年俸:9000万円
2019年の年俸:1億6000万円(7000万円増)

2017シーズン終盤に外野守備で怪我をしてしまい、2018シーズン序盤から怪我と付き合いながらのシーズンとなった鈴木選手。

自己最高の30本塁打を放ち打率も.320をマークし、4番として完璧な成績を残し完全復活しました。

他の球団なら3年連続で3割30本近い席を残せば2億円近い年俸に到達しそうですが、広島ということで昨年の増加幅を考えてます1億5000万円前後が妥当かなと思います。

中崎翔太

2018年の年俸:1億1500万円
2019年の年俸:1億6000万円(4500万円増)

クローザーに定着して4年目を迎えた中崎投手。

一時期配置転換をされていた昨年より安定した投球を見せ、キャリア2番目の68登板を記録。防御率こそやや悪化したものの負けは僅か2敗でリーグ優勝へ大きく貢献しました。

年俸については増額は間違い無く、登板数の増加と防御率の悪化がどのように反映するかが焦点となりそうです。

1億5000万円前後は硬いかなと思われます。

アドゥワ誠

2018年の年俸:480万円
2019年の年俸:2200万円(1720万円増)

高卒2年目のシーズンを迎えたアドゥワ投手はルーキーイヤーに一軍登板が無かったものな右のリリーフとして一軍に定着。

登板数は中崎投手、一岡投手に次いでチームの3位の53試合を記録し、回またぎもこなしイニング数は67.1回と広島のブルペン陣を支えました。

そんなアドゥワ投手の年俸は大幅アップが確実で3倍増の1500万をベースにそれ以上の年俸アップを見込めるでしょう。

一岡竜司

2018年の年俸:5300万円
2019年の年俸:7700万円(2400万円増)

広島の勝ちパターンの投手が怪我や不調でここ数年間ブルペンを支えてきた投手が不在の期間があった中で中崎投手と共にブルペンを支え続けた一岡投手。

不調な時期もあり、負けがついてしまう登板もありましたがチーム2位の登板数を記録して優勝に大きく貢献しました。

年俸は防御率、勝敗、共に悪化はしてしまったもののリーグ全体の打撃成績が上がっていることもあり、防御率2点台で1年間投げた投手は流石に広島でも増額されるでしょう。

7000万円前後と予想します。

スポンサーリンク

ヘロニモ・フランスア

2018年の年俸:910万円
2019年の年俸:4120万円(3210万円増)

年俸予想とは少し外れてしまいますが2018シーズンのカープの中継ぎ陣の中ではフランスア投手は欠かせないでしょう。

フランスア投手はシーズン前にカープアカデミーから広島に育成選手として入団したのちファームで好投を続け、中田投手、今村投手らの不調で一軍の中継ぎ陣が手薄だったこともあり5月には即支配下登録され6年契約の年俸約910万円出来高契約を結びました。

成績は47試合に登板し防御率1.66と抜群で既に数千万円規模の出来高が発生していると予想されます。

會澤翼

2018年の年俸:5000万円
2019年の年俸:9200万円(4200万円増)

會澤選手は2018シーズンは正捕手として106試合に出場し、自己最高の打率.305、本塁打13を記録。

今の日本球界に不足している打てる捕手として素晴らしい活躍をみせました。

次の打者が投手で出塁率が高くなりやすいとはいえ、出塁率と長打率を合わせた指標で.900を超えると強打者といわれるOPSは.893を記録し強打者といっても差し控えないでしょう。

年俸は他球団なら1億円プレイヤーになってもおかしくないですが、やや打席数が少ないことがどのように響くかといったところでしょう。

西川龍馬

2018年の年俸:2000万円
2019年の年俸:3100万円(1100万増)

2年目の2017シーズンに出場試合数を増やし2018シーズンにブレイクを果たした西川選手。

ポジションを争う安部選手の怪我もありましたが、成績でも安部選手を大きく上回り規定未到達ながら打率.309、出塁率.364を記録しレギュラーを掴み取りました。

年俸は規定未到達な為大幅増は見込めませんが、1000万円の前後の増加があるでしょう。

菊池涼介

2018年の年俸: 1億9000万円
2019年の年俸:2億4000万円(5000万円増)

ここからは現状維持、ダウン組となります。

不動の二塁手として1年間レギュラー出場した菊池選手でしたが、2018シーズンは打撃の不調に悩まされました。

パンチ力は健在なものの打率はレギュラーに定着してからキャリア最低となる2割前半を記録。

チームの優勝、そして主力選手、守備の貢献を考えてもダウンは考えにくく、現状維持か微減が現実的でしょう。

野村祐輔

2018年の年俸:1億2000万円
2019年の年俸:1億2000万円(現状維持)

チームのローテーションの柱として毎年安定した成績を残していた野村選手ですが、9勝と防御率2点台を記録した昨年に比べると大きく苦しんだシーズンとなりました。

勝ち星は7勝に終わり防御率は4点台と本来の投球を見せることが出来ない一年となってしまいました。

年俸はローテーションを守ったことや貯金を作ったことから大幅減はありませんが現状維持か微減が待ち受けているでしょう。
 

田中広輔

2018年の年俸:1億4000万円
2019年の年俸:1億8千万円(4000万円増)

チームの不動のショートにしてリードオフマンの田中選手ですが、2018シーズンは打撃に悩まされました。

出塁率は相変わらず高くリードオフマンの働きは果たしていた一方打率は自己最低の.262を記録し盗塁も32個決めたものの13個失敗しており、得点効率的にプラスになったかは怪しいところです。

1年間試合に出続けリードオフマンとしての働きをしてきた為打率を落としはしたものの現状維持か微増が妥当でしょう。

今村猛

2018年の年俸:9500万円
2019年の年俸:8700万円(800万円減)

カープの躍進を支え続けたリリーフの今村投手も過去2年に渡り130登板を超えた登板過多によってからか2018シーズンは大きく成績を落としてしまいました。

常に安定した投球を見せていた今村投手ですが2018シーズンの防御率は5点台と奮わず登板数も43試合に留まりました。

球団としては体を削ってまでチームを支えてきた功労者なだけに減額はしにくいですが、大幅な成績ダウンがあった為減額せざるを得ないでしょう。

1000万ダウンの8500万円前後でも不思議ではないかなと思います。

まとめ

ここまでプロ野球契約更改2019となる広島カープの年俸を予想してきましたがいかがでしたでしょうか。

リーグ3連覇を果たし多くの選手が年々増額を勝ち取っていますが、経営体質状チームに多くの金額を使えない事がどう響いてくるかが焦点となりそうです。

ファンとしては是非流出の無いシーズンオフになって欲しいですね!!

プロ野球契約更改・年俸予想2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【ヤクルト編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【巨人編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【横浜DeNA編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【中日編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【阪神編】 

パ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【西武編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ソフトバンク編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【日本ハム編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【オリックス編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ロッテ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【楽天編】