広島カープスタメンオーダー予想2018

広島東洋カープ2018!

ということで、2018シーズンの広島カープのスタメンオーダーと開幕投手・先発ローテを予想していきます。

スタメンオーダーと開幕投手と先発ローテを予想していきます!

2017年はシーズン序盤から好調を維持し、結果的に2位阪神と10ゲーム差をつけての圧勝のシーズンだったのかなという印象ですね。

2位以下を大きく引き離すことはなかったですが、安定の強さを誇り連敗も少なく優勝を決めましたね。

一方でクライマックス・シリーズでは本来の調子を出すことができず、敗れたことが気がかりかなと。

そんなわけで、広島カープの2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

カープ2018スタメンオーダー予想

カープは盤石のオーダーが出来上がっていますよね。

先頭から同級生トリオの「タナキクマル(田中・菊池・丸)」はしばらく不動ではないかと思いますし、他のポジションも2017シーズンで大きな入れ替わりはありませんでした。

強いて言うなら育成から支配下登録されたバティスタ・メヒアの両外国人選手。

ベテランのエルドレッドや新井選手の休養日に起用されることが多かったですが、2018シーズンも同様かもしくはそこに割って入ることも予想されます。

一方で投手陣はここ数年、黒田投手、前田投手とエースが抜けていますが2017シーズンオフはそういったエース級のピッチャーの退団がなかったことが大きいでしょうね。

またシーズン中にそれまで一軍に定着できなかったり安定感のなかった大瀬良投手、久里投手、中崎投手などが年間投して活躍してくると更に盤石の投手陣が形成されてくるかと思います。

ネックとしては有力な左投手がいないことかもしれません。

2017年の日本シリーズはホークスとベイスターズでしたが両チームとも先発・中継ぎともに優秀なサウスポーがいました。ワンポイントでもそうですが、柱となる投手がいるとブルペンの安定感が違います。

そんなわけで、2018シーズンの広島カープスタメンオーダーはこのように予想しました! 

1 田中広輔(遊)
2 菊池涼介(二)
3 丸佳浩(中)  
4 鈴木誠也(右)
5 松山竜平(左)
6 エルドレッド(一)⇔新井貴浩
7 安部友裕(三)⇔西川龍馬
8 會澤翼(捕)

やはり今や定番となった1番から3番までのタナキクマルの3人は盤石の繋がりは鉄板ですね。

そして4番の鈴木誠也選手も2017年は骨折での離脱もありましたが、それがなければ三冠王も視野に入るほどなので4番が妥当でしょうね。

続く5番の松山選手も鈴木選手離脱後に4番に座るほどの実力が証明されているので、クリーンナップには相応しい存在かなと思います。

このあたりは両選手の調子で入れ替えるのも面白いでしょうし、場合によっては少しでも鈴木選手の負担を減らすことと打点アップの意味合いも込めて4番松山・5番鈴木でも面白いです。それは松山選手の出来上がり次第かと思います。

ただ現状のままでもジグザク打線が組めているので、ワンポイントの継投を極力防ぐという点では抜け目ない打線にはなっているんですよね。

このままでも破壊力抜群の打線ではありますが、前述の通り育成から這い上がったバティスタ・メヒアの両外国人だけではありません。鯉のプリンスといわれている堂林選手や野間選手、2017シーズン終盤に一軍デビューした坂倉選手等、若手から中堅まで目白押しなのがカープです。

キャンプでのアピールにより安泰だと思われている選手が蹴落とされることもありますし、私が今6番に予想したエルドレッドor新井選手を代打に追いやるほどの選手が連覇や悲願の日本一へとたどり着くためのピースでもあるのではないでしょうか。

広島カープの野手は三塁手以外はほぼ固まっているんので、2018シーズンもこの並びが機能すれば入れ替えはさほどないと思われます。

CHECK!広島カープ2018の補強まとめ一覧【新外国人・FA・新人選手】 

開幕投手を予想

2017年は前年最多勝のジョンソンが開幕投手を務めましたが、怪我もあって6勝3敗に防御率4.01という満足な成績を残せない結果でしたね。

それに対して、15勝3敗に防御率2.58と大ブレイクした薮田投手はCSでの開幕投手も努めて見事なピッチングを見せたので十分開幕投手の器といえるでしょう。

CHECK!薮田和樹の嫁はモデルで子供は?母や生い立ちが評判!球種や評価についても 

あと、惜しくも2桁勝利に届かなかった野村投手も候補に挙がるはず。

とはいえ、これまでの実績的にも万全な状態での総合力ではジョンソン投手が上なのかなという印象もあるわけです。

薮田投手においては、2018シーズンも同じような活躍ができれば次のシーズンは開幕投手が濃厚ですが、現状の実績で考えたら2018年の開幕投手として予想されるのはそのジョンソン投手と野村投手の2人のどちらかが濃厚かなと。

野村投手はジャイアンツ菅野投手と同い年でこれからのカープを背負って立つ立場ですし、2017年は二桁勝利にはあと一歩及ばず(9勝)ではあるものの防御率はリーグ4位のです。

加えてカープの開幕戦の相手は中日ドラゴンズ、野村投手は2017シーズンでドラゴンズ相手に1.33の防御率でした。ジョンソン投手は、ということでこういった相性もあります。

単純に勝ち星では薮田投手や大瀬良投手が上回っていますがこういった要素から、期待を込めた2018シーズンの開幕投手は野村投手と予想したいと思います。

先発ローテーションは?

2017年の先発陣は野村、大瀬良、岡田が1年間ローテーションを守りつつ、薮田、久里、ジョンソン、中村(祐)などがあとに続き、途中離脱する投手が多い中、先発中継ぎともにこなす投手も豊富で投手陣の器用さが目立ったシーズンでした。

とりわけ投手陣は若手の活躍が目立ち大卒も高卒も5年目以内の投手がしっかりと結果を残してきています。

ジョンソン投手の離脱期間が思った以上に長引きましたが、むしろその穴をうまく活かして先発で結果を残した投手や適性を確認できた側面もあり、緒方監督の手腕はさすがと言えますね。

というわけで、2018シーズンの先発ローテはこの6投手と予想します。

1番手:野村祐輔
2番手:薮田和樹
3番手:久里亜蓮
4番手:ジョンソン
5番手:大瀬良大地
6番手:岡田祐丈(中村)

今回2018シーズンのローテーションを予想するにあたり開幕カードと次カードとの相性も調べてみました。

開幕3連戦はドラゴンズ、次節がスワローズ。
1〜3番手は対ドラゴンズ戦の相性が良く、4〜6番手はスワローズ戦の相性が良いのです。

それだけではありません、2017シーズンを考慮すると野村投手はローテを崩さずイニングも最も投げていますし、薮田投手は勝ち頭、久里投手は先発での安定感が増してきていますのでさらなる飛躍が期待されています。

ジョンソン投手は2017年不調が目立ちましたが実績十分なので裏ローテの筆頭。

大瀬良投手は2桁勝った上に2敗しかしなかった安定感を2018も期待しています。
6番手に関しては岡田投手か中村投手を考えました。

ローテを守った岡田投手を6番手にするのは…と思ったのですが2017年はジョンソン投手の不調が大きく、仮に完全復調となれば溢れる投手がいます。

しかしそんな岡田投手が6番手にいれば計算がつきますので、仮に連敗が続いていてもストッパーになってくれるのではないでしょうか。

合わせて2017シーズン5章を上げた中村選手も2017年飛躍のきっかけになったはず、キャンプでの仕上がりによっては食い込んでくるでしょう。

このように考えると2017年に実績、経験を残した投手が先発陣で豊富です。
6枠あるとはいえ厳しい争いが待っていますね。

2018シーズンもっとも期待する選手は?

投手陣も野手陣も実績を積み重ねた選手が数多くいるので、若手が付け入るのはなかなか難しいですが、そんなカープにあって期待したいのは西川龍馬選手です。

CHECK!西川龍馬の彼女はかりん?守備は下手?年俸や天才と呼ばれる理由も 

2017シーズンでは275の打率を残し長打力も魅力の3年目。

守備位置は主に三塁ですが、そこは首位打者争いをした安部選手がスタメンの筆頭候補でしょう。

CHECK!安部友裕の嫁と子供は?入団拒否の理由や野村祐輔と同じ病院についても

安部選手は田中、菊池、丸と同い年ということもありますし、スーパーサブという役回りで終わらない実力もあります。
そこに対当に渡り合える選手として西川選手ですね。

カープの三塁手といえば江藤選手や新井選手というチームの顔として数年単位で固定されていました。

ただ新井選手が一旦FAで移籍したあとは固定できないポジションで堂林選手が我慢して使われた時期もありましたが活躍には至らず、外国人選手で穴埋めしたり固定が叶いません。

そこに現れた安部選手が2017年はハマったわけです。

しかし西川選手は2016年のルーキーイヤーでも代打中心ながら.295の打率を残したかと思えば、2年目の2017シーズンはほぼ1年間1軍に帯同し.275の打率でプロ入り初ホームランを含む5本塁打と経験も実績も増やしています。

2017オフはU-24の侍ジャパンにも選ばれていますし、国際舞台を経験し2018キャンプインとなれば安部選手を早速脅かすのもない話ではありません。

あとは西川選手の成長と緒方監督の起用次第にはなりますが、カープでは鈴木誠也選手のような早いうちから野手の中心となるプレイヤーもでてきていますので期待は相当できると期待しています。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>阪神2018のスタメンオーダー予想!<<

>>横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ロッテ2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

今回は広島東洋カープの2018年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

2016年リーグ優勝も日本シリーズで敗退、2017年は首位でシーズンを終えるもCSで敗退と日本一にあと一歩というところでの惜しい戦いが続いている広島東洋カープ。

2018年シーズンで34年ぶりの日本一に向け戦力は整っています。穴という穴もなくセ・リーグでは黄金時代が続く予感。もう一度手綱を締めなおしてCSを勝ち上がり日本シリーズへ。

あとは群雄割拠のパ・リーグのチームに対しての対策をすれば悲願達成となるのではないでしょうか。

2018年もカープの戦いから目を離せません!