プロ野球ドラフト2018・ロッテ

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年ロッテのドラフト候補となる選手を予想していきます。

2年続いたクライマックスシリーズ進出が途切れ、昨シーズン最下位に沈んだロッテ。昨年で現役引退した井口新監督監督のもと、新たな体制で今シーズンは始動しています。

ルーキーの藤岡祐大選手が開幕スタメン起用されたり、若手の井上選手が4番抜擢、20歳の内野手平沢選手を今季初スタメンで右翼守に起用するなど積極的な起用が目立ち昨年とは一味違ったロッテを見せてくれています。

そんなロッテの2018ドラフト注目選手を紹介していきます。どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

根尾昴(大阪桐蔭)

身体能力が高い超高校級選手。

複数球団が1位候補としてマークしており、競合が予想される選手ですね。広角に長打も打てて投げても148キロと投手野手両方での活躍が期待されます。

永野チーフスカウトは、投手としても高いレベルでメンタルもスペシャルと評価していますね。

昨年はドラフト1位で、長打力のある高卒の安田選手を獲得していますので今年も長打力のある高卒選手である根尾選手の指名が予想されます。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

東妻勇輔(日体大)

170センチと小柄ながら153キロのストレートを投げる選手。

130キロ台のスライダーとスプリットに加えカーブも持ち球ですね。3年秋に神宮にて、九共大戦で11人のバッターから9つの三振を奪う快投を見せ更にプロにアピールしていました。

マウンド度胸も良く、永野チーフスカウトは中継ぎなら即戦力だと評価しており上位での指名が予想されますね。

中村稔弥(亜大)

大学2年春にシーズン3勝、27回で防御率0.00と自責点0を記録した選手。

サウスポーで最速143キロ、2種類のスライダーとスプリット100キロ台のカーブが持ち球でコントロールもまずまずでありコーナーへの投げ分けもしっかりできますね。

左投手が不足していますので獲得していきたい選手です。永野チーフスカウトは、制球が良く見た目よりも詰まらすことができる投手と評価しており上位での指名が予想されます。

野村佑希(花咲徳栄)

パンチ力のある右の強打者。

高校通算ホームランは30本を超えている帰国子女。アメリカミシガン州生まれで4歳の時に日本へやってきました。投手としても140キロ中盤のボールを投げ遠投は100メートルとプロとしてもやっていける肩があります。

永野チーフスカウトは、パワーは別格と語り清原タイプの選手と評価していますね。プロのスカウトに清宮の次はこの選手だと言われてもいますので、上位での獲得があるかもしれません。

CHECK!野村佑希(花咲徳栄)のドラフト進路は?各球団の評価とチェック 

小幡竜平(延岡学園)

右へ左へ広角に打ち分けられる左の好打者。

守備力も高く、フットワークがいいのが特徴で遠投も115メートルとプロでも強肩の部類に入り、深いポジションからでもランナーをアウトにすることができます。

ポジションは遊撃手であり、今年起用されているルーキー藤岡選手を脅かす存在になってくれるといいですね。

山森スカウトは、能力が高いわりに騒がれていない選手ですが、肩もあるし足も速いと評価しておりロッテが1本釣りする可能性がありますね。

大谷拓海(中央学院)

エースで4番、チームを引っ張る大黒柱。

昨年の明治神宮大会でも好投手からホームランを打っており、パンチ力を見せつけていますね。

高校通算ホームランは20本以上で、逆方向にもホームランを打てるところは魅力的です。

投げても最速145キロでフォームはスリークォーター。スライダーフォークカーブカットボールと変化球も多彩で的を絞りづらい投手ですね。

山森スカウトは、投手野手どちらでも見ていくと評価しており二刀流での活躍が期待されますね。

スポンサーリンク

松本航(日体大)

5種類の変化球を操る最速150キロ投手。

リーグ通算20勝以上を挙げ2度の最優秀投手とMVPを1回受賞しており実績と能力は十分な選手ですね。ストレートで三振を取れる選手で、コントロールも持ち味です。

計算できる先発の少ないロッテですので、ぜひ獲得しておきたい選手ですね。

井辺スカウトは、完成度の高い投手と評価しており即戦力として上位での指名が予想されます。

藤原恭太(大阪桐蔭)

根尾選手と共に多数球団が注目している選手。

走攻守揃った外野手であり、特に足が突出して速く50メートル5.7秒の俊足でグランドを駆け回っています。高校通算ホームランも20本を超えており、将来トリプルスリーを達成するような選手になるでしょう。

永野チーフスカウトは、上位候補と評価しており指名の期待が高まりますね。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)のドラフト進路情報

梅津晃大(東洋大)

最速153キロ、福島生まれの仙台育英出身者。

スピードのある変化球を投げており、130キロ台のスライダーと140キロ前後のフォークを操ります。緩急を使えるカーブもありますね。東洋大にて急成長した逸材でありまだまだ伸び代はたっぷりと残っています。

永野チーフスカウトは、物が違う選手で間違いなく1位候補と評価しており即戦力投手の1位指名が予想されますね。

七俵陸(創成館)

腕のしなりが良い長身のサウスポー。

最速138キロとスピードはないですが、スライダーカーブチェンジアップと変化球に加えて伸びのあるストレートで勝負する選手ですね。控え投手ですがその素材の良さはピカイチでプロから注目されるようになりました。

左投手の補強はポイントですから、将来性にかけて指名するべき選手です。

山森スカウトは、腕のしなりを評価しており将来の左のエースとして育成するための指名が予想されますね。

まとめ

いかがでしたか。

2018年ドラフトでロッテから指名されそうな選手をピックアップしました。

井口新監督のもと今年は飛躍を誓うロッテですが、今後も井口監督を支えるためには選手育成、チームの底上げが必要ですね。

今回紹介した選手がロッテに加入した場合はチャンスは大きいといえるでしょう。

ロッテのダイヤの原石発掘から目が離せません。