プロ野球契約更改・年俸予想2019・ロッテ

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた千葉ロッテマリーンズの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみました。

実は千葉ロッテマリーンズは12球団中1番チーム総額年俸が低いチームなんですね。

1番高いソフトバンクとは約40億の開きがあります。そんなお買い得な千葉ロッテマリーンズの選手たちの年俸について書いていきますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

涌井秀章

2018年の年俸:20000万円
2019年の年俸:???

昨年は年俸5000万円ダウンの2億円だった涌井選手。5勝11敗と振るわないシーズンであり年俸ダウンは仕方なかったと思います。

今シーズンは粘り強いピッチングを見せる試合が多いですが味方の援護が少なく昨年とほぼ変わらない成績になっていますね。

本来のパフォーマンスができていないと2軍での調整もありました。

来シーズンの年俸予想はチームの得点力不足もあり勝ち星がついていない試合もありましたので、今シーズンのダウンよりは少ないですが3000万円ダウンの1億7000万円前後と予想します。

石川歩

2018年の年俸:11000万円
2019年の年俸:???

入団から3年連続での2ケタ勝利で2017年に最高年俸1憶3000万円まで上り詰めた石川選手。

しかし、2017シーズンでは3勝に終わり年俸も2000万円ダウン。

今シーズンはボルシンガー選手と共に前半戦勝ちまくりオールスター前までで9勝を挙げる活躍を見せています。後半戦は肩の不調から2軍調整もあり1勝もできていませんが何とかして10勝に乗せたいところですね。

前半戦の勢いのまま後半も行ければ大幅なアップが見込めましたが少し失速してしまいましたので成績からすると少し控えめの1500万円のアップを予想します。

井上晴哉

2018年の年俸:1350万円
2019年の年俸:???

今シーズン球団の日本人では井口監督以来となるシーズン20本塁打を記録し飛躍の年になっている井上選手。

9月の時点で現在打率も0.291となかなかのアベレージを残しています。

シーズン序盤から4番に座り、途中で角中選手に譲りましたが後半戦も4番に座り打点は89を稼いでいます。

今シーズンで開花し長期的にロッテの4番として活躍していく選手に成長した井上選手ですのでチームとしても期待を込めた契約更改になるはずです。

3150万円の大幅アップが見込まれますね。

中村奨吾

2018年の年俸:3500万円
2019年の年俸:???

2018年はシーズン通して3番に座り9月現在で安打は139本。

4年目にして初の100安打を超える活躍を見せています。

ここまで全試合に出場しており、チームへの貢献度は非常に高いですね。

今後生え抜きの選手としてロッテのクリーンナップを支える選手になると思います。盗塁も35個記録していますので将来的には3割30盗塁、願わくば30本塁打も加えてトリプルスリーを目指して欲しいところです。

来季の年俸予想は大幅アップの5500万円前後くらいが妥当じゃないでしょうか。

この成績をもう少し上回り刑事くすれば1憶円プレーヤーも見えてきます。

有吉優樹

2018年の年俸:2800万円
2019年の年俸:???

昨シーズンはルーキーながら53試合に中継ぎとして登板し16ホールド、防御率2.87と活躍し1800万円プラスを勝ち取りました。

今シーズンは先発にも挑戦し9月現在で6勝2敗貯金4つを作っています。

中継ぎとしては振るわないシーズンですが先発としての新たなキャリアを確立しつつありますね。防御率も3.07と安定感があり先発の柱としての期待が高まっています。

こういったところから来期の期待も込めて700万円くらいはアップするかなと予想します。

ボルシンガー

2018年の年俸:9000万円
2019年の年俸:???

今シーズンから加入のボルシンガー選手。

5月から7月で11連勝をマークするなどファンの間からはボル神(しん)ガーと崇められています。

9月現在でチームトップの13勝を挙げ、低迷するチームを引っ張っていますね。

8月以降は怪我もあり不調もあり登録抹消されたりし今シーズンは登板も無いようですが、肩ひじには問題なさそうですのでしっかり治療に専念し来シーズンも勝ち星を挙げAクラス入りに貢献してほしいです。

今シーズンの活躍ぶりと、来シーズンへの期待を込めて大幅アップの1億4000万円前後と予想します。

西野勇士

2018年の年俸:7500万円
2019年の年俸:???

怪我の影響からか今シーズンも思うように投げれていない西野選手。

2014年から2016年にかけてはロッテの守護神として通算86セーブを挙げる活躍をしました。

2017年は先発に転向しましたが怪我で長期離脱を余儀なくされ年俸も大幅ダウンとなりました。

今季の成績も防御率8点とボロボロ。

再起をかけるシーズンとなる2019年は年俸は大幅ダウンは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

田村龍弘

2018年の年俸:5700万円
2019年の年俸:???

すっかり1軍に定着し、正捕手の座を獲得した田村選手。

今シーズンは城島選手以来の全試合マスクを被るといった偉業達成が待っています。

2リーグ制以降での24歳以下での達成は3人のみと凄い記録です。

9月現在で打率0.240と少し物足りない気もしますがキャッチャーとしての能力は高い選手です。打撃も磨けば里崎氏のようなバッティングでも貢献できる選手に成長できるでしょう。

今後10年はロッテを支えていくであろう選手ですから今シーズンも年俸アップで6300万円くらいと予想します!

内竜也

2018年の年俸:4500万円
2019年の年俸:???

今シーズンはロッテの守護神としてストッパーを務めている内選手。

9月現在では25セーブを挙げる活躍を見せていますね。

西野選手の不調をうまくカバーしてくれています。55試合に登板しており、防御率は昨年度より悪化していますが年俸1000万円アップの昨シーズンと同等の活躍を見せているのではないでしょうか。

こういった理由から昨年の上昇金額と同じ金額の1000万円アップで5500万円予想です。

平沢大河

2018年の年俸:1310万円
2019年の年俸:???

高卒3年目の21歳若手有望株の平沢選手。

今年は9月現在で96試合に出場して打率0.226、54安打28打点3本塁打と昨シーズンよりも成績を上げています。

昨シーズンは打率1割台でしたから少しづつですが1軍の投手に慣れてきているのではないでしょうか。

今シーズンは外野での起用もあり選手としての幅が広がっていますね。

昨シーズン60万円アップでしたから今年も期待を込めて90万円アップの予想ですね。

岡田幸文

2018年の年俸:3135万円
2019年の年俸:???

昨シーズン40打席立って0安打という不名誉な記録を作ってしまっている岡田選手。

今シーズンも9月現在13打席立って0安打で記録継続中です。

岡田選手はプロ入り後から連続打席無本塁打という日本記録も持っています。これは本人も気にしておりしかもまだ継続中ですね。昨シーズンと違うところは4盗塁しているところだけですね。

そういったところから今シーズンは1135万円減の2000前後と予想します。

藤岡祐大

2018年の年俸:1430万円
2019年の年俸:???

2017年ドラフト2位でトヨタ自動車から入団してきた藤岡選手。

開幕からショートのポジションを獲得し即戦力の活躍を見せています。

打率は0.236と低いですがシーズン通してショートのポジションを守っているのと100安打以上をマークし盗塁も2桁しているのは評価してもいいでしょう。出塁率は3割を超えていますから将来的には1番固定で頑張ってほしいですね。

今シーズンの活躍と来季への期待を込めてアップの2000万円前後と予想します

角中勝也

2018年の年俸:13100万円
2019年の年俸:???

今シーズンでFA権を取得する角中選手。

今シーズンが少し成績が悪かろうが来季は年俸アップの提示があるでしょう。

首位打者も獲得していますしこれまでの角中選手のキャリアであれば絶対にロッテは手放したくない選手ですから角中選手の要求にも答えていくでしょう。

今シーズンは9月現在で打率0.271と角中選手としては低めですがここは目をつぶるでしょう。

予想は4年総額6憶円プラス出来高払いといたします。

角中勝也はFA行使する?移籍先の球団は?嫁と子供についても! 

鈴木大地

2018年の年俸:11000万円
2019年の年俸:???

内野の中心としてチームを引っ張る鈴木選手。

今シーズンは9月現在打率0.265と昨シーズンとほぼ同じで安定した活躍を見せています。

安打も6年連続の100安打以上と打撃でもチームの中心選手ですね。

昨年は1000万円上昇でしたが角中選手との契約やボルシンガー選手の年俸アップとの兼ね合いもあるでしょうし、成績的にそろそろ高止まりだと思いますので500万円アップと予想します。

鈴木大地(ロッテ)の嫁の画像や子供は?年俸やネックレスに高校時代も 

荻野貴司

2018年の年俸:3800万円
2019年の年俸:???

今年は監督推薦でのオールスター出場のチャンスを怪我で逃してしまった荻野選手。

しかし、9月現在で打率0.287とまずまずの打率を残し出塁率も0.330と攻撃でチームに貢献していますね。

盗塁も20個とまずまずの成績です。各成績も去年と同等かそれ以上になっており年俸アップが見込まれますね。

ですがこのままいくと昨年の出場試合数には届かずなので昨年のアップより少し少ない400万円アップと予想します。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで契約更改2019のロッテの年俸予想についてとりあげてみました。

ロッテの選手は年俸が全体的に低く特に優秀な外国人が他球団に流出しがちです。

もう少し強くなれば年俸の水準も上がるのでしょうから選手たちには頑張ってほしいですね。