ロッテスタメン予想2019

ロッテスタメン予想2019!

今回は2019年のロッテの開幕スタメンオーダーを予想してみました。

2018年のロッテは若手の活躍が目立ちました。

開幕スタメンには藤岡裕大、菅野剛士と2人のルーキーが名を連ねると、藤岡選手は内野手の複数ポジションをこなし全試合に出場しましたね。

また、履正社高校からドラフト1位で鳴り物入りで入団した安田尚憲も一軍の舞台を経験し、プロ初本塁打も放つなど待機の片鱗を見せつけました。

さらに、2018年ドラフトでは大阪桐蔭の春夏連覇に貢献した外野手の藤原恭大を1位指名。

2019年も若手の活躍に期待が高まります。

そんなわけで、2019年のロッテマリーンズスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

ロッテスタメン予想2019

2018年のロッテは前述の通り若手野手が台頭しました。

チーム盗塁数はリーグ2位の成績を残すなど積極的な采配も光りましたね。

しかし、4番の井上晴哉が成長したもののチーム本塁打数はリーグ最下位で唯一の二桁台と長打力が不足しました。

助っ人外国人が外れだったということもありますが…

その辺りはU23のW杯でMVPに選ばれた安田尚憲にも期待を込めるばかり。

というわけで2019シーズンの開幕スタメンオーダーはこのように予想しました!

  • 1番:中村奨吾(遊)
  • 2番:藤岡裕大(二)
  • 3番:角中勝也(左)
  • 4番:井上晴哉(一)
  • 5番:バルガス(指)
  • 6番:安田尚憲(三)
  • 7番:岡大海(中)
  • 8番:田村龍弘(捕)
  • 9番:菅野剛士(右)

※FAの丸佳浩獲得を想定しないオーダーです。

だいぶ若いラインアップとなりました。

角中勝也以外は全て20代と予想します。

まず、1番は2018年に大ブレイクした中村奨吾。

打率はチーム2位の.284、盗塁数は39でリーグ2位につけるなど機動力を武器にチャンスを演出しました。

2番の藤岡裕大は小技を絡めた攻撃が出来、クリーンアップに良い形でつなげるでしょう。

4番の井上晴哉は2018年に成長し、チームトップの打率.292、24本塁打、99打点を気を吐きました。

一発で勝利を呼び込みたいですね。

また、新加入助っ人外国人のバルガスはメジャー通算35本塁打を放った長打が魅力。

1メートル96センチ、133キロと井上に劣らない巨漢で両打ちという器用さもある選手です。

どんな活躍を見せてくれるでしょうか?

また、安田尚憲は6番三塁手と予想!

鈴木大地との定位置争いを制してレギュラーの座を獲得したいですね。
新人王候補としても期待できます!

このほか、2018年に日本ハムからトレードの岡大海、正捕手の田村龍弘、2年目のジンクスを打ち破りたい菅野剛士の3人を下位打線と予想しました。

機動力を維持しつつ、一発も狙える打線ではないでしょうか?

また、ドラフト1位ルーキーの藤原恭大が外野手の定位置争いに加わってくるのか注目したいですね!

開幕投手と先発ローテを予想

2018年のロッテの開幕投手は4年連続で涌井秀章でした。

涌井投手といえば毎シーズンオフにメジャー移籍などで話題になりますが、ロッテ移籍後5年間で45勝をマークしている先発の柱です。

入団以降2014年から3年連続で二桁勝利をマークした石川歩は2017年は3勝、2018年9勝と結果を残せませんでした。

2018年のチーム最多勝は外国人タイ記録の11連勝をマークしたボルシンガーの13勝。

2018年のデータからみて、開幕投手に相応しいのはボルシンガーになりますが、来日1年目ということから、なんだかんだ言っても2019年の開幕投手は涌井投手と予想します。

そして先発ローテーションは以下の通りと予想しました。

  • 1番手:涌井秀章
  • 2番手:石川歩
  • 3番手:有吉優樹
  • 4番手:ボルシンガー
  • 5番手:成田翔
  • 6番手:佐々木千隼

2番手の石川投手、ここ2年間は苦しいマウンドが続いていますね。

持ち味のシンカーに磨きをかけて、最優秀防御率のタイトルを獲った2016シーズンのような輝きを見せて欲しいです。

また、3番手には入団から2年間リリーフとして活躍した有吉優樹と予想!

2018年は15試合に先発してますから、7,8勝は期待できるのでは?

裏ローテの頭となる4番手にはボルシンガー。

終盤で離脱したものの、20試合先発でチーム唯一の二桁となる13勝をマークするなど安定した投球を披露しました。

2019年も同様の活躍を期待します!

そして5,6番手には若手の2人。
成田翔はU23ワールドカップ、日米野球で日本代表に選ばれるなど急成長株です。

イースタンリーグではリリーフとして結果を残しましたが、先発としても期待できるでしょう。
まずはプロ初勝利を!

2016年ドラフト1位の佐々木千隼は2018年一軍登板なしに終わりましたから、3年目のブレイクを期待したいですね。

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

それでは2019年にブレイクしそうな選手を予想します!

スタメン予想にも入れた2年目の安田尚憲

そして先発予想でもふれた成田翔の2人は日の丸を背負って戦うなど着実に経験を積んできました。

今後もチームを代表する選手として活躍できるように、まずはシーズンを通して一定の成績を残して欲しいですね。

また、野手で成長著しいのが4年目を迎える平沢大河

3年目の2018年は自身最多の112試合に出場するなど一軍に定着しました。

本来は内野手での登録ですが、主に右翼手としてポジションを掴みました。

高校時代は遊撃手で背番号6を背負っていましたから、激しい内野手争いを制しレギュラーに定着した暁には井口監督がつける「6」を継承される可能性もあるでしょうね。

また、最も注目を集めるのは2018ドラフト1位の藤原恭大でしょう。

井口監督は春季キャンプ初日から実戦デビューさせると話していますから、大阪桐蔭春夏連覇の立役者の実力に期待が高まります。

若手の激しい争いから目が離せませんね!

ロッテスタメン予想2019のまとめ

今回は千葉ロッテマリーンズの2019年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

井口監督が改革を起こした若いチーム。

2019年も安田尚憲や藤原恭大、成田翔といった選手に注目が集まります。

そんな中、2000本安打を達成した福浦和也や現役最多8度の開幕投手を経験している涌井秀章などベテラン、中堅選手の奮起にも期待できますね。

3年ぶりのAクラスを目指したいところ!