ロッテ指名予想2019

ロッテドラフト指名予想2019!

今回は千葉ロッテマリーンズの上位指名候補を予想をしていきたいと思います。

2018年のドラフトは目玉の高校生ルーキー大阪桐蔭の藤原選手を見事獲得し納得のいくドラフトができていた千葉ロッテマリーンズ。

2019年はどんなドラフトを見せてくれるのか、予想してみました。

スポンサーリンク

ロッテの2019年現在の補強ポイント

補強ポイントとしては

・先発陣4番手、5番手以降の投手が比較的弱いため先発陣の強化

・先発左投手の不足

・先発の唐川投手を中継ぎへ回さざるを得ない程のリリーファー不足の為中継ぎ人の強化

・内野陣レギュラー以外の層が薄いためレギュラー格の能力を持った選手の獲得

この4点が挙げられます。

先発で10勝できる力のある投手は過去成績を見ても開幕投手を務めた石川選手、昨年チーム最多勝のボルシンガー選手、エース涌井選手の3人です。その3選手以降との力の差が大きいのが先発陣の問題点ですね。

ローテーション入りしている選手がほぼ右投手なのも問題点です。

また、内選手の怪我などもあり抑えに益田選手を回したがために中継ぎの層が薄くなり唐川選手を回したというところからも中継ぎの薄さが見えてきています。

といったところからやはり投手陣が弱いのがネックで、昨年のドラフトも9人中6人が投手でありフロントの意図が見えますね。

ということで投手中心にドラフト予想をしていきます!

ロッテ予想2019【上位指名されそうな候補選手】

上位候補はネットでの予想もやはり投手が多そうですね。

奥川恭伸(星稜)

高校ビッグ4とも言われる今年度ドラフトの目玉奥川選手。マックス152キロのスピードは伊達じゃありません。

涌井選手や石川選手ももう30代で新たなエース候補が必要ですから奥川選手は取りたい選手でしょう。

松本球団本部長からは、モノが違うし高校生のレベルじゃない。ストレートの伸びとスライダーのキレは抜群でダルビッシュ選手のような投手だと評価しています。

バッターのレベルに合わせた投球で強弱をつけるメリハリのある投球は高校生とは思えないものがあり高卒ルーキーということで将来性重視の指名にはなるでしょうが、即戦力としてもいけるのではないかと期待させてくれますね。

それなりに右投手は揃っているので開幕一軍は難しいでしょうが投げるチャンスは必ず巡ってくるでしょう。

及川雅貴(横浜高校)

恐らく千葉ロッテマリーンズ2019ドラフト最有力候補の及川選手。

千葉県出身で小学生の頃は千葉ロッテマリーンズJr.に所属していました。2018に習志野の古谷選手が指名された経緯から必ず指名があると予想されます。

松本球団本部長は、身体能力の高さとボールのキレスピードのレベルの高さを評価しており、左投手であれだけのボールを投げれる投手はいないと絶賛しています。

先発甲子園での少し残念な投球内容を見ても1位候補であることは変わりないと語っていました。

先発の左は不足している千葉ロッテマリーンズですから喉からでのてるほど欲しい選手であることは間違いありません。

将来性もあり、今の投手状況であればキャンプやオープン戦の結果では即戦力として1年目からローテーション入りもあり得ますね。

及川雅貴(横浜高校)の出身中学や兄弟は?ドラフト評価や球種についても 

河野竜生(JFE西日本)

日本選手権では2つの完封、最速148キロ左腕である河野選手。

変化球も多彩で即戦力候補の社会人投手ですね。

黒木スカウトからは、もちろん上位候補でドラフト候補者に左腕が少ないところから価値が上がっていると評価を受けています。

左の先発候補は是非とも欲しいチーム状況ですから上位での指名可能性が高いですね。

先発としてやるのであれば1年目から起用があると思います。ドラ3の左腕小島選手が1年目から先発出場をしていますから起用はあるでしょう。

太田龍(JR東日本)

190センチ93キロ最速153キロの即戦力投手。制球にバラツキはありますが魅力溢れるスピードボールはプロからも注目されていますね。

永野チーフスカウトから、ボールの角度、スピードに将来性を感じると評価されています。

社会人ということもあり指名されればチームとしては即戦力として期待をかけると思います。

今年の千葉ロッテマリーンズ投手成績次第では1年目からの先発ローテーション入りもありますね。

佐々木朗希(大船渡)

最速163キロ、高校生大谷翔平超えの怪物高校生。190センチ86キロと体格も素晴らしく、チーム状況うんぬんの前に指名を考えなければならない投手の1人だと思います。

永野チーフスカウトから、球筋、フォーム、体全部良い。力みなくふつうにアウトコースにも決まるしギアを上げるのがうまい。現時点で欠点が見えてこない。ドラフト1位候補と評価されています。

即戦力でもあり高卒ルーキーということもあって伸び代もまだまだありますのでどんな選手になるのか非常に楽しみです。

万が一にも獲得できれば井口監督以下、フロント陣は即座に1軍で投げさせるでしょう。

佐々木朗希(大船渡)の父親や兄弟は?中学時代とスカウトの評価も 

西純矢(創志学園)

最速150キロの速球は右腕。2年夏の甲子園デビュー戦では16奪三振を奪いプロから注目されるようになりました。

黒木スカウトからは体の強さと最速150キロのストレート、決め球の空振りが取れるスライダーが大きな武器。伸びしろがあり今の力が最大ではない。上位候補。と評価されています。

将来性を加味した指名になると思いますが、数年後にはエース級の活躍ができるようになるでしょう。

速球派の右腕は需要が高い千葉ロッテマリーンズですから入団することがあればチャンスが回ってくるでしょうね。

西純矢(創志学園)のドラフトはカープ濃厚?西勇輝と親戚! 

井上広輝(日大三)

最速151キロの超高校生級投手。スライダーとチェンジアップのコンビネーションが持ち味で完成度の高い選手ですね。

永井チーフスカウトは、柔らかさと力強さがあり、奥川選手とともに上位候補であると評価されています。

将来性を加味した指名にはなりますが、150キロを超えるストレートをすでに投げる投手ですから壮大な将来性を感じる選手です。

じっくりと育ててから1軍デビューがベストだと思いますのでひとまず競争やローテーション入り等は考えずにやっていってもらいたいですね。

立野和明(東海理化)

最速152キロ、トヨタを完封した素材の良さを注目されている投手。

スカウトからのコメントは新聞記事などにはありませんでしたが、視察情報、挨拶に訪れた情報がありましたので注目度は高いでしょう。

完成度も高く、即戦力としての活躍が期待されており都市対抗での経験値も期待されています。

二木選手や有吉選手などと先発ローテーションを争うことになると思いますが指名されたら頑張ってほしいですね。

ロッテが2019に補強した選手

ロッテ補強2019一覧まとめ【新外国人・FA・ドラフト新人選手】 

ロッテドラフト予想2019のまとめ

いかがでしたか?

近年のロッテは苦しいシーズンが続いていますが、近い将来必ず強くなるチームです。

今は弱いですが、将来性の高い選手たちの成長と、2019ドラフト指名される選手たちに大いに期待しましょう。