ロッテスタメンオーダー予想2018

ロッテ2018!

ということで、2018シーズンのロッテのスタメンオーダーと開幕投手・先発ローテを予想していきます。

2017年は6年ぶりにパ・リーグ最下位に沈んだロッテ。投打においてリーグワーストをマークするなどまさに悪夢のようなシーズンでしたね。

5年間で3度のAクラス入りを果たした伊東勤監督が退任から2018年は井口新監督が誕生というこで、選手以上に監督が主役になりそうな雰囲気ではありますが、チーム再建に向けてどんな采配を見せてくれるのかが楽しみです。

そんなわけで、ロッテの2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

ロッテ2018スタメンオーダー予想

2017年のロッテはシーズン通して戦い抜いた野手は鈴木大地選手

さすがキャプテンといったところでしょうか。

しかし、荻野貴司選手、岡田幸文選手、清田育宏選手、角中勝也選手などなど主力級の選手が故障や不調に苦しみ続けましたねー。

そんな中、捕手の田村龍弘や内野手の平沢大河、中村奨吾なとが出場機会を増やし着々と力をつけていったのでは?

井口監督もレギュラーは全員白紙と言っていますからね、

2018年はどんなラインナップになるのでしょうか。
 
そんなわけで、2018シーズンのロッテスタメンオーダーはこのように予想しました!

1 荻野貴司(中)
2 鈴木大地(三)
3 角中勝也(左)
4 ペーニャ(指)
5 マット・ドミンゲス(一)
6 清田育宏(右)
7 中村奨吾(二)
8 田村龍弘(捕)
9 平沢大河(遊)

ほぼ白紙とはいえ、実績や経験を重視した無難なオーダーとなってしまいました。

1番の荻野貴司は走攻守すべてにおいてレギュラークラスの選手ですが、いかんせん怪我が多いですから。

ただ、1番打者としての適正はあると思いますし選球眼も良いですからね。

そして2番には何でも屋の鈴木大地を置きました。

2018年からは三塁にコンバートされるということで、2017年送球ミスが多かった三塁手の穴をこの選手なら簡単に埋めることはできそうですね。

繋ぎもロングもそこそこ期待できる選手に成長しましたし、井口監督もすでに信頼を寄せていることだと思います。

3番の角中勝也選手は2017年苦しんだ分、2018年再び大化けして欲しいですめ。

バットコントロールというより、空振りの少ないコンタクト率が非常に優れた選手ですからね。

ロッテにとって喉から手が出るほど欲しいのは長距離砲でしょう。

2017年途中加入のペーニャ選手はまず絶対的に必要な主軸で、パラデス選手が退団ということで、一塁手のポジションにドミンゲスとなりそうですが、ドミンゲス選手は守備に定評があるので三塁手に起用されることも考えられます。

今のロッテ打線はあまりにも長打が少ないので一発に関しては助っ人外国人に頼るしかないでしょう。

ドミンゲス選手が三塁手で起用された場合の内野手争いも楽しみなところ。

6番の清田育宏選手も復活が待たれる選手。

レギュラーの座を掴み取りたい平沢大河と中村奨吾は下位打線からチームを押し上げ、最終的にはどこの打順でも任せられる選手になって欲しいですね。

また、外野手には定着を狙う岡田幸文や加藤翔平、さらには覚醒を望まずにいられない井上晴哉も控えてますから。

そこに、ドラフト1位ルーキーの安田尚憲選手なんかも加わってくると非常に面白いですね。

CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

開幕投手を予想

エースの涌井秀章がメジャー挑戦を表明からの残留。

となれば2017シーズン不調だったとはいえ、残留ということなので期待を込めて開幕投手には任命されそうですね。

CHECK!涌井秀章がFAでメジャー確実?評価は?ロッテ残留可能性や年俸についても 

とはいえ、2017シーズンのロッテの先発陣の成績では判断材料が正直ありませんので石川歩投手と二木康太投手も有力候補ではあります。

石川歩投手はロッテ史上初の入団から3年連続2桁勝利を成し遂げエース格へのし上がった投手。

2017年はWBCでも活躍しましたね。

しかし、シーズンでは本来の打たせて取る投球が出来ずに3勝11敗で規定投球回数に到達できず最下位のチームにとって不安材料となりました。

ただ、これまでの実績やコントロールの精度などはチーム屈指の存在ですし、ホーム開幕戦ということで自慢のシンカーを駆使して貫禄を見せたいところです。

対抗の二木康太は2017年にブレイク。

チーム最多の7勝、防御率3.39で1年間ローテーションを守り抜くなど着実に経験を積みました。

ただ、ホーム開幕であること、長いイニングを投げられることなどを考えると涌井投手以外の開幕候補となれば、石川歩投手が開幕投手に相応しいかなと思います。

先発ローテーションは?

2017年のロッテ先発陣は前述したとおり、4年目の二木康太投手の7勝がチームトップ。

CHECK!二木康太(ロッテ)の彼女や結婚は?球速や球種はどう?年俸と評価についても

涌井投手が5勝11敗、石川歩投手も3勝11敗と酷かったですね。

さらには復活を目指した唐川侑己は5勝、大嶺祐太も2勝と非常に物足りない成績でしたし、
ファンも憤りを感じていたのでは?

ただ、ルーキーの佐々木千隼や酒居知史といった若手の活躍も見られ、先発ローテーションに名乗りを挙げる投手も多いことでしょう。

というわけで、2018シーズンの先発ローテはこの6投手と予想します。

1番手:石川歩
2番手:二木康太
3番手:唐川侑己
4番手:ボルシンガー
5番手:酒居知史
6番手:オルモス

※涌井投手が退団の場合

涌井投手残留のため先発ローテーションはこちらに変更
↓ 
1番手:涌井秀章
2番手:二木康太
3番手:唐川侑己
4番手:石川歩
5番手:ボルシンガー
6番手:酒居知史

ロッテ残留となった涌井投手が第1先発

石川歩投手については2017シーズンの成績からいうといまいちですが、責任感とリベンジという意味で2カード目の初戦として期待したいですね。

二木康太にはまだエース級投手とぶつけるのは早いのかなとも思え、2番手に回しました。

そして、唐川侑己、大嶺祐太の2人は3・6番手ながら着実に白星を重ねて欲しいですね。

2018年、唐川投手は11年目、大嶺投手は12年目になるわけですから。

若手にチャンスを奪われてる場合ではないですね。

4番手にはチェン投手という見方もできましたが、チームの再建として考えるなら新外国人のボルシンガー投手とオルモス投手の左右の先発候補としての期待値は高いように思えました。

5番手として酒居知史を挙げましたが、佐々木千隼も負けじと食い込んで欲しいですね。

こうして見ると左が手薄なのでチェン投手もローテーションに入ってくることも考えられますし、藤岡貴裕投手が再び先発に戻るか、ルーキーの山本大貴も即戦力左腕として期待したいです

2018シーズンもっとも期待する選手は?

期待がかかるのはまずは内野手の中村奨吾選手。

もともとパンチ力のある打撃に定評ある選手でしたが、プロで結果を残せずにいました。

2017年はプロ入り後最も少ない85試合の出場にとどまりましたが、打撃面ではキャリアハイの数字をマークしました。

特に持ち味の力強さを発揮して9本の本塁打を放ち、ショートのレギュラーの座を掴みつつありますから。

まだ好不調の波もあり、特に得点圏での打撃が向上すれば2018年はブレイクするでしょう。

そしてもう一人1軍定着を目指す若手内野手の平沢大河選手。

高卒2年目の2017年は50試合に出場し、プロ初本塁打もマークしました。

しかし、まだまだ粗削りな部分が多く、走攻守すべてにおいて自身の力を発揮できていません。

中村選手との三遊間コンビで1軍定着を目指したいところです。

また、ドラフトでは清宮選手と並んで高校世代を代表するスラッガー安田尚憲選手や経験豊富な即戦力内野手・藤岡裕大を獲得。
彼らもまた白紙となったレギュラー争いに名乗りを挙げるのでしょうか?

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>広島カープ2018のスタメンオーダー予想!<<

>>阪神2018のスタメンオーダー予想!<<

>>横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

今回はロッテの2018年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

2017年は個人成績のチームトップを並べると角中勝也が打率.269 、ペーニャの本塁打15、鈴木大地の打点52、二木康太の7勝とこれだけみてもいかに最悪なシーズンだったかがわかりますね

2017年苦しんだ野手陣が井口新監督の下奮起し、打撃面で大きく成績を向上させることでしょう。

選手との距離が近い人物が監督になる方が、選手からしても説得力があるといいますので、チーム再建に井口監督は最適かなと思います。

また、10代や20代前半に楽しみな選手も多く、そこら辺の選手も戦力として加わってくれば2017年のDeNAのように勢いのあるチームへと成長できると期待しています!