プロ野球ドラフト2018・日本ハム

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年日本ハムのドラフト候補となる選手を予想していきます。

昨年は4位とBクラスに沈んだ日ハム。今年は大谷選手がメジャー挑戦で退団したり、正捕手の大野選手、守護神増井選手FAで移籍したりと主力の退団が相次いでいますね。

今年は、チームの再建に力を入れていく我慢のシーズンになるかもしれません。

そんな日本ハムの2018年ドラフト上位候補についてピックアップしていきます。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

根尾昴(大阪桐蔭)

2018年ドラフト最注目選手。

現エンゼルス大谷選手のような、打撃も投球もレベルの高い選手ですね。足も速く肩も強い選手で50メートル6.1秒、遠投110メートルと高レベルの能力を誇っています。

山田スカウト顧問は、レベルの違う大阪桐蔭でも別格と評価しており清宮選手を獲得した昨年同様このビックネームを獲得できるか注目ですね。

藤原恭太(大阪桐蔭)

50メートル5.7秒、高校通算ホームラン20本以上の超高校級選手。

その足の速さから主に1番を任されていましたが、最近では4番も任されるようになりチャンスでの打撃や長打を期待されていますね。

日ハムには、大田選手や近藤選手、西川選手や場合によっては中田選手など外野手が揃っていますが、藤原選手が加入することによりさらに激化するかもしれません。

山田スカウト顧問は、元阪急の福本氏のようだと語りそのスピードを評価しており上位での指名が予想されます。

大谷拓海(中央学院)

高校通算ホームラン20本以上、エースで4番の二刀流。

逆方向へのホームランは、相手チームの明徳義塾監督、名将馬淵監督も度肝を抜かれていました。最速は145キロ、スライダー、カットボール、フォーク、カーブと変化球も多彩であり将来は二刀流での勝負も面白いかもしれません。

若手選手の起用の多い日ハムですので、1年目でもチャンスが回ってくるかもしれませんね。もちろん上位指名予想です。

清宮虎太郎(八千代松陰)

190センチ、84キロの恵まれた体格の将来性がある選手。

四死球が多く粗さが残る投手ですが、190センチの角度から繰り出される最速145キロのストレートは魅力的ですね。まだ実績や全国への露出が少ないので注目度は低いですが素材としてはピカイチです。

大渕スカウト部長は、二刀流の可能性があると評価しており上位での指名が予想されていますね。

頓宮裕真(亜大)

長打力のある強肩強打の捕手。

高校時代は、志望届は提出せず亜細亜大学に進学し大学で更なる成長を果たしました。二塁送球は最速1.7秒とレベルが高くプロでも正捕手として活躍できる素材です。長打のある捕手は久しく日本球界に現れていませんので将来が期待されますね。

日ハムは正捕手の大野選手が移籍しましたので、次の捕手育成が急務です。頓宮選手はその器を持っていると思います。

今成スカウトは、懐が深い打者で打球の角度がいいと評価しており上位での指名が予想されますね。

野村大樹(早実)

高校通算56本のホームランを放っている選手。

1年夏から公式戦に出場しており、日ハムの清宮選手を差し置いて4番を打っていましたね。172センチと小柄ながらスイングスピードが速く、中2の時点で148キロを記録しておりプロ顔負けのスイングを見せています。

最近では捕手としても活躍しており、大野選手が移籍してしまった日ハムとしては将来に向けて欲しい選手の1人ですね。

岩舘スカウトは、捕手としての成長を評価しており捕手としての上位指名が予想されますね。

CHECK!野村大樹(早実)のドラフトは競合する?各球団の評価をチェック 

柿木蓮(大阪桐蔭)

最速148キロ、大阪桐蔭のエース。

昨年夏の甲子園では、仙台育英戦で先発し9回2死まで0失点と勝利を目前に逆転を許した悔しさを知っている選手でもありますね。2017年春の選抜では、その悔しさをバネに3試合に先発し15回で2失点、19奪三振とエースのピッチングを見せてくれました。

加藤スカウトは、ドラフト候補と評価しており根尾選手、藤原選手と共に上位候補ですね。

スポンサーリンク

上茶谷大河(東洋大)

身長181センチ体重85キロで最速151キロのストレートで押す選手。

柔らかい腕の振りから放たれるストレートは、非常に伸びがあり魅力的なボールですね。まだ実績は少ないですが、今年の春先に行われた楽天2軍との練習試合で、151キロをマークしておりスカウト陣の注目を集めました。

山田スカウトは、1位指名の可能性があると評価しておりドラフトでは1位指名が予想されますね。

梅津晃大(東洋大)

最速153キロ身長187センチと高身長投手。

高校時代もプロに注目されていましたが、プロ志望届は出さずに東洋大へ進学。その後体重増加を図り結果球速も増加し成長を見せてくれました。

140キロ高速のフォークも持っており増井選手の穴を埋める抑えとして指名しても重しいろいかもしれませんね。

この選手も山田スカウトが、1位指名の可能性があると評価しておりドラフトでは1位指名が予想されますね。

甲斐野央(東洋大)

最速157キロ、大学ナンバーワンの速球を持つ投手。

リリーフとしての実績があり、日ハムの中継ぎ陣にルーキーイヤーから食い込んでいく可能性がありますね。フォーク、スライダー、カーブ、ツーシームの4種類の変化球を持っており特にフォークは空振りを取れるボールです。

多数球団が1位で指名してくる可能性があり、山田スカウトも1位指名の可能性を示唆しており日ハムからの1位指名も予想されています。

CHECK!甲斐野央(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と球速と球種も 

まとめ

以上、2018年ドラフトで日本ハムから指名されそうな選手をピックアップしてみました!

昨年ドラフトで、2017年の目玉である清宮幸太郎選手を獲得した日ハムですが、今年のドラフトからも目が離せませんね。

今年もビックネームの獲得なるか、今後の動向にも注目していきましょう。