プロ野球戦力外・引退予想2018-2019・日本ハム

プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019!

今回は2018シーズンオフから2019年にかけて北海道日本ハムファイターズで2018年戦力外通告を受けそうな候補選手と引退しそうな選手を予想していきます。

2016年の日本一チームでしたが、2017年はBクラス5位に沈みました。

さらにオフには投打の中心大谷翔平がメジャー移籍、守護神増井浩俊、正捕手大野奨太が揃ってFA流出するなど主力を放出し
大方の予想では2018シーズンも苦しむとされていました。

勝利の方程式が安定しないなどの不安要素もありますが、勝負どころで得点できるチーム力でそれをカバーしていますね。
若手のニューフェイスの登場もあり勢いのあるチームです。

そんな中、一軍争いに加われない選手も多いのが現状でオフには多くの選手がチームを離れることも予想されますね。

というわけで北海道日本ハムファイターズの戦力外候補選手と引退選手の予想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

斎藤佑樹

2010年入団
2017年までの成績:74試合/15勝23敗/194奪三振
2018年現在の年齢:30歳

かつて甲子園を沸かせたハンカチ王子こと斎藤佑樹投手は2010年ドラフトで4球団競合の末、日本ハムに入団しました。

期待通りに1年目からプロ初勝利を含む6勝をマークすると、2年目にはプロ初完封を含む5勝を挙げメジャー移籍のダルビッシュの次のエースとしても期待が集まりましたね。

しかしながら徐々に不安定さが露わになると、その後は思うような結果を残せておらず、栗山監督の期待に応えることができません。

ツーシームやカットボールなどで打たせてとるのが持ち味ですが、制球が乱れテンポが崩れ、甘い球を痛打されるなど悪循環となっていますね。

与えられたチャンスをことごとく潰していますから、そろそろ戦力外となってもおかしくはないでしょうか?

ただ、顔は売れていますしチームの広告塔としてチームには貢献できていますよね。

石井裕也

2004年、中日に入団
2008年、トレードで横浜に移籍
2010年、トレードで日本ハムに移籍
2017年までの成績:329試合/19勝19敗/82ホールド/6セーブ/258奪三振
2018年現在の年齢:37歳

中日、横浜、日本ハムと渡り歩いてきたベテランリリーフ左腕の石井裕也投手。

先天性の難聴を患いながらも黙々と三振を奪っていく姿から、高校時代から「サイレントK」と呼ばれていました。

周囲の反対を押し切りプロ入りすると1年目から活躍しましたが、2008年に横浜へトレード。

すると勝利の方程式の一角を任された後に抑えに転向しましたが、山口俊の台頭もあり抑えの座を譲ることになりました。
そして2010年開幕直後には日本ハムにトレード移籍。

主に左のワンポイントとして起用されていましたが、2013年には自己最多の51試合に登板し4勝17ホールドと自己最高の成績を残しました。

2016年には膝の手術もあり、ここ数年思うような成績を残せていませんから引退も迫っているのでは?

ハンデを背負いながらこの年齢まで野球を続けられたのは素晴らしいことと思いますし、難聴を抱える野球少年たちの希望の星として今後も指導者などとして活躍して欲しいです。

現役引退

新垣勇人

2012年入団
2017年までの成績:11試合/1勝3敗/21奪三振
2018年現在の年齢:33歳

チームのムードメーカーとしてファンからも愛される存在の新垣勇人投手。

主に先発投手として起用されていますが、3年目の2015年に挙げたプロ初勝利がキャリアで唯一の白星なんです。
もう少し結果を残しているかと思いましたが、意外ですね。

即戦力として期待されましたが、これといった決め球もなく甘いコースのボールを痛打されるシーンも多いですよね。

ただ、杉谷拳士選手と同じように明るくひょうきんな性格で、多くのファンから支持されていますから戦力外にならないようにアピールしていきたいですね。

戦力外通告→トライアウト

中村勝

2009年入団
2017年までの成績:59試合15勝16敗150奪三振
2018年現在の年齢:26歳

長身から力強いストレートとブレーキの効いた変化球を自在に操る2009年ドラフト1位の中村勝。

1年目から先発投手としてプロ初勝利を挙げると、5年目の2014年にはプロ初完封を含む8勝を挙げるなど先発ローテーションの一角を担いました。

しかし、ここ数年怪我に悩まされていて2017年7月にはトミージョン手術をするなど、長いリハビリ生活を強いられています。

甘いマスクはファンからも人気ですから、なんとか戦線復帰して戦力外を免れたいでしょう。

ロドリゲス

2018年入団
2018年現在の年齢:27歳

196センチの長身からコーナーに投げ込む助っ人右腕のロドリゲス。

2017年はマイナーで先発投手として1年間投げ抜き大谷翔平の抜けた投手陣の穴埋め役として期待されていました。

すると期待の表れか、2018年シーズンの開幕投手に指名されました。

しかし、3回途中8失点でKOされ、西武の山賊打線を勢い付けましたね。

まだ来日初勝利を挙げられてなく、首位争いを続けるチームにとっては戦力となれていませんから、来年は契約されない可能性も高いです。

白村明弘

2013年入団
2017年までの成績:106試合6勝5敗15ホールド2セーブ124奪三振
2018年現在の年齢:26歳

最速150キロ超の速球が持ち味のリリーフ右腕、白村明弘投手。

1年目からリリーフで10試合に登板、プロ初勝利、初セーブなどを経験すると、2年目の2015年には50試合に登板し防御率2.03と安定した成績を残しました。

さらなる飛躍が期待された3年目は怪我もあり不本意なシーズンに終わると、2017年はプロ初先発するなどしましたが防御率4点台と安定しませんでした。

増井浩俊の移籍で守護神不在となった2018年は期待が寄せられましたが、今のところ一軍登板はなく戦力になれていません。

戦力外というよりは、トレード要員となる可能性が高いですね。

淺間大基

2014年入団
2017年までの成績:117試合/打率.230/65安打/1本塁打/22打点/7盗塁
2018年現在の年齢:22歳

非凡な打撃センスでレギュラー定着を狙う外野手の淺間大基選手。

自慢の打棒で1年目から一軍でアピールすると、2年目の2016年にはプロ初ホームランを放ちました。

しかし、勝負の3年目に腰のヘルニアを患い、オフには手術もしました。

すでに二軍で戦線復帰していますが、いち早く一軍に合流したいですね。

この年齢で、一軍経験もありますから戦力外はないでしょうけど、トレード要員となる可能性も十分ありますから。

スポンサーリンク

矢野謙次

2002年、巨人に入団
2015年、トレードで日本ハムに移籍
2017年までの成績:740試合 打率.262 370安打29本塁打 152打点 18盗塁
2018年現在の年齢:37歳

勝負どころでの一打が光るベテランスラッガーの矢野謙次。

巨人時代は2005年、2006年に外野手のレギュラーを掴むものの長野久義や亀井善之の台頭もあり徐々に出場機会が減り代打のポジションを掴みます。

2015シーズン途中にトレードで加入すると、左投手対策や代打のスペシャリストとして活躍してきました。

しかし、その打棒も徐々に衰えを感じるようになり、2018年での引退も予想されますね。

熱心な性格ですからプロアマ問わず指導者として次世代のスラッガーを輩出して欲しいです。

現役引退

黒羽根利規

2005年、横浜に入団
2017年、トレードで日本ハムに移籍
2017年までの成績:355試合 打率.215/170安打/6本塁打/49打点/1盗塁
2018年現在の年齢:31歳

正確な送球と安定感のあるディフェンスが持ち味の捕手、黒羽根利規。

横浜時代は正捕手争いを抜け出せずに、シーズン100試合以上出場したのは2014年のみです。

2017シーズン途中に日本ハムにトレード移籍しましたが、清水優心の台頭もあり出場は19試合にとどまりました。

2018年もここまで不本意なことですし、
大野奨太を失ったとはいえ日本ハムは捕手が多いですから2018オフに戦力外となる可能性も高いですね。

CHECK!黒羽根利規が戦力外の噂からトレード!年俸は?嫁と子供に出身中学についても 

高濱祐仁

2014年入団
2017年までの成績:4試合/打率.154/2安打/0本塁打/0打点/0盗塁
2018年現在の年齢:22歳

淺間大基と横浜高校の同級生で打撃センスが光る内野手の高濱祐仁選手。

兄はロッテの高濱卓也選手です。

高校通算32本塁打のスラッガーは3年目の2017年に二軍で首位打者を獲得し、プロ初安打も記録しましたね。

今後が楽しみな選手ではありますが、すぐに一軍定着は難しいでしょう。

近い将来、トレード要員となる可能性も高いですね。

谷口雄也

2010年入団
2017年までの成績:221試合/打率.247/125安打/5本塁打/31打点/2盗塁
2018年現在の年齢:26歳

優れたバットコントロールが自慢の外野手、谷口雄也選手。

あどけなさの残る顔立ちから女性ファンが多く、人気が高い選手です。

しかし、2017年は膝の手術でシーズンをリハビリに費やす形となりました。

戦線復帰したい2018年ですが、二軍でも思うような成績が残せておらず一軍から声がかかりませんね。

可愛らしい見た目とは裏腹に豪快なスイングをする谷口選手の一軍復帰は多くのファンが待ち望んでいるでしょうし、戦力外やトレード候補に浮上しないようにしっかりアピールして行きたいところ。

大嶋匠

2011年入団
2017年までの成績:15試合 打率.167 3安打 0本塁打1打点
2018年現在の年齢:28歳

ソフトボール部出身の異色の経歴のスラッガー大嶋匠選手。

打撃センスが魅力で、二軍戦での豪快な一打も注目を浴びていますが、一軍ではわずか3安打と本領を発揮できていませんね。

プロ初本塁打も放てていませんし、このまま戦力外となるわけにはいきませんよね。

なんとか結果を残して一矢報いたいでしょう。

斎藤佑樹との早大コンビにも注目していきたいですね。

戦力外⇒現役引退

實松一成

1998年、日本ハムに入団
2006年、トレードで巨人に移籍
2017年、日本ハム
2017年までの成績:510試合/打率.166/137安打/20本塁打/58打点/4盗塁
2018年現在の年齢:37歳

巨人から13年ぶりに古巣復帰した20年目のベテラン捕手、實松一成選手。

出場機会を求め古巣に復帰しましたが、若手の清水優心の台頭や、同じく古巣復帰の鶴岡慎也の存在もあってなかなか一軍に上がれません。

松坂大輔が復活しましたが、杉内俊哉、和田毅、藤川球児などの松坂世代の進退に注目が集まっていますよね。

巨人時代の同僚・村田修一も然り、松坂世代最後の現役捕手として意地を見せたいところですが、そろそろ引退が迫っていますよね。

最後は古巣で潔くユニフォームを脱ぐべきでしょうか。

まとめ

というわけで、2018-2019の北海道日本ハムファイターズから戦力外通告されそうな候補選手と引退選手を予想しました。

大谷翔平ら主力が流出し2018年は前評判こそ悪かったものの、チーム一丸となって上位争いを続けていますね。

そんな中で、ニューフェイスも登場すれば、存在が影をひそめる選手もいます。

現役監督では最長の7年目政権の栗山ファイターズ。

おそらく2019シーズンも継続となるでしょう。

若手とベテランがバランス良い日本ハムは毎年戦力も変わってますから、今後も注目していきたいですね!

プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【広島カープ編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ヤクルト編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【巨人編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【阪神編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【中日編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【横浜DeNA編】 

パ・リーグ
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【西武編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ソフトバンク編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ロッテ編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【オリックス編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【楽天編】