プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【日本ハム編】

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020!

今回は「日本ハム編」の予想となります。

大谷投手や増井投手らを失いながらも開幕前の予想を覆しAクラスと粘りを見せた日本ハム。

2019シーズンは飛ばし屋のレアード選手が抜けたものの、台湾の4割打者、王選手も加わり打線の厚みが増しました。

開幕後も巨人からトレードで戦力を補強したほか、ルーキーの吉田輝星投手や万波選手も一軍の舞台を経験するなど豊富な戦力で上位争いを続けています。

一方で怪我に苦しむ選手や一軍で結果を残せない選手もいますから、5人が戦力外とも、4人が引退した2018に引き続き、オフには大幅な構造改築もあるのではないでしょうか。

というわけで、日本ハムファイターズの2019-2020戦力外候補・引退予想をしていきます!

スポンサーリンク

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【日本ハム編】

栗山監督の果敢な采配と、積極的なドラフトでパ・リーグの常勝軍団となっている日本ハム。

清宮幸太郎選手や吉田輝星選手など高校時代に脚光を浴びた選手を集めてチームが若返りに向かっていますね。

ただベテラン、中堅の目立たない選手も増えていますね。

それでは予想していきます!

斎藤佑樹

2010年入団
2019年現在の年齢:31歳

2010年ドラフト1位で、かつて甲子園を沸かせたハンカチ王子こと斎藤佑樹投手。

1年目に6勝、2年目に5勝を挙げ将来のエースとして期待されたものの怪我や不調でローテーションに定着できずに首脳陣の期待に答えられません。

2018年は2試合の先発で結果を残せず。

2019年も目立った成績を残せていません。

毎年背水の陣で挑んでいるようですが、やはりここまで結果が出ないとなると戦力外となるでしょう。

ただ、人気が高く広告塔としての役割は大きいことから、他球団も欲しがる存在ではあるでしょう。

村田透

2016年入団
2019年現在の年齢:34歳

手元で動くボールで打たせて取るベテランの村田投手。

メジャー経験もある右腕は2018年に6勝を挙げチームに貢献しました。

しかし、2019年は怪我で出遅れ本来の投球が出来ていません。

当然、チームに欠かせない存在ではありますが、年齢を考えると若返りしたいチームにとっては戦力外も考えられます。

古巣巨人への復帰も楽しみにしているファンもいるでしょうが、ゆくゆくは海外での経験も踏まえて指導者になって欲しいですね。

中村勝

2009年入団
2019年現在の年齢:27歳

長身から伸びのある直球を投げ下ろす先発右腕の中村投手。

2014年に8勝を挙げ先発ローテーションに定着しましたが、その後は肘の手術もあり一軍から遠のいていました。

2018年には二軍で実践に復帰すると、2年ぶりの一軍マウンドに上がった2019年は復帰戦の先発で2回6失点KOと悔しい結果に終わりました。

もう一度チャンスが巡ってきたら、なんとか挽回して戦力外は避けたいですね。

鶴岡慎也

2002年入団
2019年現在の年齢:38歳

かつてはダルビッシュとの抜群な相性で正捕手として活躍した鶴岡選手。

2018年にソフトバンクから古巣に復帰すると、捕手ではチーム最多の89試合に出場するなど、ベテランらしい活躍を見せました。

しかし、2019年は打率1割台と結果を残せず、意外性ある清水選手や堅守の石川亮選手などの若手捕手が着実に成長していますから2020シーズンでは構想外となる可能性があります。

ホークスを戦力外になった時はコーチ打診も現役へのこだわりを見せましたが、他球団でも第2、第3捕手としてなら可能性はあるでしょう。

實松一成

1998年入団
2019年現在の年齢:39歳

松坂世代のベテラン捕手、實松選手。

11年間巨人でプレーしたのち、2018シーズンから古巣に復帰しました。

コーチ兼任ということで、二軍でプレーしながら指導経験を積みました。

2019シーズンは若手捕手の怪我もあり一軍で5試合に出場しましたが、若手にとっても刺激となったでしょう。

今後は現役引退し、コーチ専任として豊富な経験を若手に伝えていって欲しいですね。

谷口雄也

2010年入団
2019年現在の年齢:27歳

打撃センスとルックスで女性ファンからも人気な谷口選手。

膝の手術もあって、約2年戦線離脱していましたが、2019年は再び一軍で出場しています。

背番号を4に変更して、背水の陣で臨んでいるシーズンですが、打率が伸び悩み、チームに勢いを与えることができませんね。

若い選手が頑張っているだけに中堅選手が戦力外とならないようになんとか結果を残したいですね。

吉川光夫

2017年入団
2019年現在の年齢:30歳

スピードボールが自慢の2012年パ・リーグ最多勝左腕の吉川投手。

2012年には14勝を挙げ防御率1.17と圧巻の活躍を見せると、2014年には11勝をマークし左腕エースとしてチームを支えていました。

しかし、2016年に電撃トレードで巨人へ。

2018年は先発ローテーションで6勝をマークしましたが、2019開幕間も無く再トレードで古巣へ復帰しました。

しかし、巨人では9試合のリリーフ登板で防御率9点台日本ハムでは3試合に先発し防御率8点台と不安定な投球で貢献できません。

環境の変化は仕方ないですが、このままでは戦力外となってもおかしくないですね。

上原健太

2015年入団
2019年現在の年齢:25歳

相手打者のタイミングを外して打ち取る長身左腕の上原投手。

2018シーズンは先発として無傷の4勝をマークし、防御率も3点台と安定した成績を残しアピールに成功しました。

しかし、2019シーズンはテンポが悪く暴投も増え本来の投球を披露することが出来ません。

日本ハムは先発投手不足ですから、戦力外の可能性は極めて低いですが、トレード要員にならないように結果を残したいですね。

スポンサーリンク

吉田侑樹

2015年入団
2019年現在の年齢:25歳

ダイナミックなフォームから投げ込む長身右腕の吉田侑樹投手。

2年目の2017年にデビューしましたが、2018年は1試合の登板にとどまりました。

2019シーズンは二軍でまずまずの成績を残しているだけに、一軍でさらに活躍できるように経験を積んでいきたいですね。

上原投手と同様、今後トレード要員となる可能性がありますから、定着を目指したいところ。

松本剛

2011年入団
2019年現在の年齢:26歳

内外野どこでも守れるユーティリティプレイヤーの松本選手。

2017年に115試合に出場し、打率.274をマークするなど積極的な打撃でブレイクしました。

しかし、2018年は打撃不振で出場機会が激減しました。

2019シーズンも外野手に王選手が加わり、定位置争いがさらに厳しくなったことから日本ハムに不足している先発投手補強のためのトレード要員となる可能性も浮上してきました。

年数的にもそろそろ勝負のシーズンとなりますから、食らいつきたいですね。

宮台康平

2017年入団
2019年現在の年齢:24歳

緩急を駆使したクレバーな投球が自慢の左腕、宮台投手。

東大出身ということで、ドラフトでも話題となりましたが1年目から故障に苦しむなど、ここまで一軍登板はありません。

二軍でもまずまずな成績を残してはいますが、東大出身ということで、戦力外となっても進路は様々な選択肢があるでしょうし、決断は早い方が良いのでは?

早すぎるかとは思いますが、2,3年やって結果を残せなければクビと考えてもいいでしょう。

高濱祐仁

2014年入団
2019年現在の年齢:23歳

思い切りの良い打撃が魅力の内野手、高濱選手。

5年目を迎えますが、通算安打は2017年に放った2本のみと一軍に定着できません。

2019シーズンもここまで二軍で目立った成績を残せておらず、一軍昇格も遠いでしょう。

内野手には横尾選手、渡邉選手、石井選手、杉谷選手と一軍で活躍しているライバルが多いですから、相当なインパクトを与えない限り戦力外となる可能性が高いですね。

森本龍弥

2012年入団
2019年現在の年齢:25歳

思い切りの良いスイングが光る大型内野手の森本選手。

体重100キロを超える巨漢スラッガーは2018シーズン前に膝の手術で出遅れると、オフに育成契約となります。

課題のミート力に苦戦していることから、早期の支配下昇格も見込めず、内野手は戦力が充実しているため戦力外となっても不思議ではないです。

白村明弘

2007年入団
2019年現在の年齢:29歳

恵まれた身体能力を誇る白村選手。

2018シーズンまでは投手としてプレーし、2015年には50試合登板するなどフォークが持ち味のリリーフ投手として活躍していました。

しかし、ここ数年成績が振るわないこともあって身体能力をいかして外野手に転向しました。

ただ、二軍でも成績が伸びず一軍にはほど遠い存在となっていることから戦力外は免れないのではないでしょうか?

田中賢介

1999年入団
2019年現在の年齢:38歳

粘り強い打撃が武器のベテラン内野手、田中賢介選手。

6度のベストナインに輝き、メジャーでもプレーした二塁手ですが、ここ数年は出場機会も減り2019シーズン限りでの現役引退を表明しています。

それでも、スタメン出場するなど一軍に帯同に続け結果を残しています。

引退を惜しむファンも多いですが、チームを日本一に導くべく最後の輝きを放ちたいですね。

引退後は高校を出てすぐにお世話になった日本ハムで、指導者として長くチームに貢献できる若手を育て上げることでしょう。

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【日本ハム以外の球団】

【セ・リーグ】

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【巨人編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【横浜DeNA編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【広島カープ編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【阪神編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【中日編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【ヤクルト編】 

【パ・リーグ】

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【ソフトバンク編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【西武編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【楽天編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【ロッテ編】 

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【オリックス編】 

まとめ

というわけで、日本ハムファイターズの戦力外候補・引退予想2019-2020をお伝えしました。

ここ数年は大谷投手や増井投手、大野選手、レアード選手など主力の流出が続きながらも清宮選手や金子投手、王柏融などの新戦力の活躍もあって上位をキープしています。

しかし、2019シーズンは上沢投手の離脱など予期せぬアクシデントもあって中継ぎの堀投手が、1イニングのみの先発登板をするなど先発投手の不足と課題が浮き彫りになっていますから、配置転換やトレード、戦力外など大幅な構造改革に踏み切ることでしょう。

長期政権となった栗山日本ハム。

オフの大改革に注目ですね!