日本ハムスタメン予想2019

日本ハム予想2019!

今回は2019年の日本ハムの開幕スタメンオーダーを予想してみました。

二刀流の大谷翔平のメジャー挑戦、守護神増井浩俊と正捕手大野奨太のFAなど、主力が流出し2018シーズン開幕前は最下位とも予想されていた日本ハム。

しかし、主将となった中田翔の奮起、上沢直之の成長、西川遥輝、近藤健介ら主力の活躍もあってパ・リーグ3位につけました。

ドラフトでは金足農業の吉田輝星を1位指名するなど、さらに注目度も上がりそうですね!

そんなわけで、2019年の日本ハムファイターズのスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

日本ハムファイターズスタメン予想2019

2018年の日本ハムは2年連続のパ・リーグ盗塁王に輝いた西川遥輝が1番打者に座り、打線を牽引しました。

そして核となる3番には球界屈指の好打者、近藤健介選手。

4番には勝負強さの光る中田翔選手がそれぞれ役割を果たし勝利を呼び込みました。

また、期待のルーキー清宮幸太郎選手の活躍や松本剛、淺間大基といった伏兵の活躍も2019年の躍進を予感させました。

清水優心選手が正捕手として成長したのも大きいでしょう。

というわけで日本ハムの2019シーズンの開幕スタメンオーダーはこのように予想しました!

  • 1番:西川遥輝(中)
  • 2番:大田泰示(左)
  • 3番:近藤健介(三)
  • 4番:中田翔(一)
  • 5番:王柏融(右)
  • 6番:清宮幸太郎(指)
  • 7番:渡邉諒(二)
  • 8番:清水優心(捕)
  • 9番:中島卓也(遊)

4番の中田翔選手が残留しましたが、飛ばし屋の助っ人で寿司ポーズで親しまれたレアードが自由契約となりました。

しかし、それ以上にすごい助っ人を獲得しましたね。

台湾のラミゴから入団決定した王柏融選手。

2016年から2年連続でシーズン打率4割以上をマークした「4割男」です。

中田翔→王柏融→清宮幸太郎、の3選手が機能したらものすごい破壊力になりますね。

積極性ある1,2番でチャンスを演出し、3番には日本の「4割男」近藤健介。
同学年の王柏融と最強クリーンアップで共闘するために2014年以来の三塁手挑戦が濃厚です。

球界の番長と台湾の大王との超強力クリーンアップは若いながらも最強の予感しかしないですね!

そしてそこに清宮幸太郎が続けば1〜6番まで気を抜けない打者が揃いますね。

下位打線は粘りが持ち味です。

複数ポジションをこなせる横尾俊建選手などもいますし、野手陣は他球団と比較しても充実していますね。

開幕投手と先発ローテを予想

2018年の日本ハム投手陣は大谷、増井の不在を引きずるかと思いましたが、
チーム防御率はパ・リーグ2位の成績を残すなど安定していました。

2018年の開幕投手を務めた新加入のロドリゲスでしたが、
前半戦は大半を二軍で過ごすなど苦しみました。

エースの有原航平も勝ち星が先行せず、
エース大谷の穴の大きさを痛感したのでは?

しかしそんな中、突如として結果を残したのが7年目の上沢直之。
自身初の二桁となる11勝を挙げ防御率もリーグ3位の成績を残すなど1年間先発ローテーションを守り抜きました。

そんな上沢投手こそ、2019年の開幕投手に相応しいと思います。

ただ、2019年の注目は金子千尋投手。
オリックスを自由契約となり電撃入団した通算120勝右腕がどれほどの活躍を見せてくれるのか注目が集まります。

そして先発ローテーションは以下の通りと予想します!

  • 1番手:上沢直之
  • 2番手:金子千尋
  • 3番手:加藤貴之
  • 4番手:有原航平
  • 5番手:堀瑞輝
  • 6番手:高梨裕稔

2018年の活躍、そしてオフの日米野球での好投も光った上沢直之投手が自身初の開幕投手を狙います。
背番号(15)勝てば優勝できると目標を15勝とし、チーム内での競争に意欲を示しています。

2番手には金子千尋。
開幕カードがオリックス戦ということもあり、栗山監督の計らいで開幕投手というサプライズもあるかもしれませんね。

ただ、ここ数年思うような成績が残せてませんから開幕投手でエース級にぶつけるよりは、まずは移籍後初勝利が鍵となるでしょう。

先発投手は2018年10勝のマルティネス投手の抜けた穴が大きいですが、加藤貴之投手、堀瑞輝投手ら左腕に期待したいですね。

特に堀投手は2018年は先発中継ぎ両輪での起用が予想されますが、カブスから158キロ右腕ハンコックが入団することなどリリーフは層が厚くなることで先発に専念できるでしょう。

長いイニングを投げられるように投球術を磨いていきたいですね。

金子千尋投手の加入は大きいですが、やはり経験豊富な先発が少ないという面では他球団より劣るのではないでしょうか?

有原投手や上沢投手の出来に左右されるシーズンとなりそうです。

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

それでは2019年にブレイクしそうな選手を予想します!

スタメン予想でも書きましたが、清宮幸太郎には2019年も注目したいです!

1年目は高卒新人記録となるデビューから7戦連続安打をマークしました。

さらには7本塁打を放つなど待機の片鱗を見せつけましたが、打率2割、180打席で60三振とプロのレベルの高さを痛感したはずです。

それでも高校時代111本塁打を積み重ねてきたスラッガーですし、飛ばす力は一級品ですから。

早稲田実業のOBの王貞治氏は清宮選手と同じく1年目に7本塁打を放つと、2年目にはレギュラーに定着し打率.270、17本塁打の成績でした。

それ以上の成績を残せたら最高ですね。

また、渡邉諒、横尾俊建を二塁手と予想しましたが、ほかにも、太田賢吾や平沼翔太など内野の複数のポジションを守れる若手が多いですから、激しい定位置争いとなるでしょう。

そして、投手でブレイクを期待したいのが、金足フィーバーの立役者となった2018年ドラフト1位の吉田輝星にも期待したいです。

高校時代の疲労の蓄積が心配されますが、恵まれた体格と馬力の持ち主ですから、1年目から活躍してくれるでしょう。

楽しみな選手がたくさんいますね!

日本ハムファイターズ予想2019のまとめ

今回は日本ハムファイターズの2019年の開幕スタメンオーダー、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

2018年と同じメンバーで2019シーズンにも臨めることから、Aクラスはもちろん3年ぶりのリーグ優勝を目指したいですよね。

また、近藤健介選手の4割再挑戦。清宮幸太郎選手の活躍や、ドラフト1位右腕の吉田輝星投手にも注目が集まるはずです。

早くも2019春季キャンプが楽しみですね!