日本ハム2018・補強

プロ選手2018!

ということで、今回は日本ハムの新戦力補強について取り上げていきます。

2017シーズンは陽岱鋼選手の流出や大谷選手の故障、中田選手の極度の不振が重なり一気にシーズン5位まで落ちてしまった日本ハム。

そんな日本ハムはドラフトで見事に超高校級スラッガーの清宮選手を獲得し、2位でも即戦力と名高い西村投手を獲得非常に上手なドラフトをしました。

清宮選手獲得という最大の出来事があった日本ハムのシーズンオフですが、目を背けられないのは主力のFA流出と大谷選手のポスティングでの移籍や増井投手、宮西投手、中田選手といった主力がFA去就など色々と注目されています。

そんな日本ハムのどのような補強戦略でシーズンオフを乗り越えるのでしょうか。

そんなわけで、今回は2018シーズンの日本ハムの補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

それではご覧下さい!

スポンサーリンク

日本ハムの2017を振り返って必要な補強ポイントは?

2016年のあの奇跡の逆転優勝が嘘のようにシーズンが終わるまで調子を上げられなかった日本ハム。

もともと世代交代の早いチームではありますが、30代の選手が増え過渡期の様相を呈していますね。

それに加えて大谷選手はメジャーへ、FA権を持っている増井投手、宮西投手、中田選手、大野選手等大量離脱が懸念されており、いかに若手の台頭が速い日本ハムといえど苦しいシーズンオフになりそうな2017年。

補強ポイントはFA権を持つ選手の動向次第のところがありますが、増井、宮西が両方抜けるような事態になれば当然補強はリリーフ投手優先になってくるでしょう。

先発は大谷選手が抜けることでもちろん補強ポイントではあります。

田中が年々数字を落としていることもあり二遊間も補強ポイントと言えなくはないですが、やはり投手最優先にはなりそうですね。

二刀流大谷の穴は一人では埋められないため、投打複数の選手でカバーしていくしかありませんね。

CHECK!日本ハム2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも! 

新外国人補強

2018シーズンに向けての日本ハムの新外国人情報はこちら。

ブライアン・ロドリゲス

日本ハムはライアン・ロドリゲス投手を獲得。

この投手はドミニカ共和国出身の26歳でマイナーリーグで126試合の先発登板、通算150試合で39勝59敗、防御率4.43の成績を残しています。

メジャー経験はありませんが、身長が196センチということで角度あるボールに武器がシンカーでゴロを打たせる投球スタイルのようですね。

最速が148キロに球種がツーシーム、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップということで球速はそこそこあっても豪腕のイメージはあまりけど、コントロールは比較的良いのかなという印象です。

年齢的にも若いので先発としてフル回転してくれることを期待したいですね。

オズワルド・アルシア

大砲候補として、ベネズエラ出身のアルシア選手を補強

身長183センチ、体重102キロ左の大砲

ポジションは外野手で二刀流の大谷選手の穴埋めとしての期待がかかるわけですが、メジャー44本塁打ということで、レアード選手と共に長打を量産してほしいですね。

年俸は1億3000万円ですが、出来高合わせると2億2500万円のも年俸が支払われるということで期待度がどれだけ高いか伺えます。

DHが濃厚とされていますが、他の選手の起用法にも注目が高まりますね

マイケル・トンキン

日本ハムは新守護神候補としてトンキン投手を補強

身長はなんと201センチに体重が100キロの大型右腕

増井投手が抜けた穴埋めとしてリリーフ強化として必須補強だっただけに、トンキン投手への期待は大きいですね。

近年では2年で80試合登板を果たしてる実績は大きな評価基準ですし、最速155キロに平均球速も150キロ以上に奪三振率が高いということで、守護神候補の基準を満たしています。

増井投手の移籍は日本ハムにとってかなりの痛手なので、トンキン投手は最低でも50試合登板は果たしたいところですね。

FA補強

日本ハムのFA補強はこちら!

鶴岡慎也

ソフトバンクからFA行使していた、鶴岡慎也選手が5年ぶりに古巣復帰

甲斐選手の成長度を見ると今後ソフトバンクで鶴岡選手の出場機会は増えるのは険しいですからこの決断は本人にとっても日本ハムにとってもプラスかなと思います。

日本ハムの捕手事情も大野選手の去就もありますし、捕手はまだまだ安定してないのが印象的ですから。

鶴岡選手からすれば、一度FAで日本ハムを去ったわけなので複雑な心境もあると思いますが、再度日本ハムでポジション争いから勝ち残ってほしいですね。

年齢も36歳で捕手としてはまだまだやれますし、出場されできれば大きな戦力には間違いないでしょう。

實松一成(巨人戦力外→日本ハム育成コーチ兼捕手)

巨人を戦力外となった實松一成選手が12年ぶりの古巣に復帰

育成コーチ兼ということで、契約されたわけですが、同じく日本ハムに復帰した鶴岡選手とともに若手育成を重要視した補強といえるでしょう

それだけ大野奨太選手の放出はチームにとって痛手ですから。

当然實松選手もスタメンマスクを狙っていることでしょうし、捕手争いも激化されますね。

プロ通算510試合出場のベテランの存在がデータや若手の相談に大きなプラスとなりそうですね

スポンサーリンク

日本ハムのドラフト新人選手

日本ハムファイターズが2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの7名です!

ドラフト1位・清宮幸太郎

清宮幸太郎・日本ハム

生まれ:1999年5月25日
出身:東京都新宿区
身長:184cm
体重:100kg
投打:右左
ポジション:内野手
最終経歴:早稲田実業高校

いわずと知れた高校ナンバーワンスラッガーは木田GM補佐が引き当てました。

高校通算111本塁打を放った天才はメジャー挑戦や進学も視野に入れていましたが、プロへの道を決意を表明。

日本ハムはダルビッシュや大谷翔平などのスター選手を育成したとあって、清宮選手をどう育てていくのか注目です。

もちろん同世代との競争や対戦も気になりますが、清宮選手と一流選手の対決すべてから目を離せないでしょう。

とにかくキャンプインからデビュー戦まで、一挙手一投足に注目が集まるでしょうから腐らず辛抱強く第一線で活躍してほしいです。

CHECK!清宮幸太郎(日本ハム)の背番号と契約金は?ポジションはどうなる? 

ドラフト2位・西村天裕

西村天裕・日本ハム

生まれ:1993年5月6日
出身:和歌山県和歌山市
身長:176cm
体重:92kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:NTT東日本

マックス150キロ超の直球とスライダー、スプリットが武器の剛腕。

高校時代は無名も大学でその名を轟かせましたが、惜しくもドラフト直前で大怪我をし、社会人へ。

その後球速も戻り上位指名候補に再び返り咲くと日本ハムから2位指名。

2017年は安定感を欠いた日ハム先発陣の一角を担う即戦力として活躍が期待されますね。

CHECK!西村天裕(NTT東日本)のドラフト進路や評価は?球速や球種に中学高校時代も 

ドラフト3位・田中瑛斗

田中瑛斗・日本ハム

生まれ:1999年7月13日
出身:大分県中津市
身長:184cm
体重:70kg
投打:右左
ポジション:投手
最終経歴:柳ケ浦高校

184センチの高身長から投げ下ろす直球は最速149キロ。

九州出身ながら、ヤフオクドームで見たダルビッシュ投手に憧れを持つなど日本ハムに縁を感じていたといいます。

低めへの制球力と変化球の精度も高く、ローテーション入りも望まれますが、まずはしっかり体を作って日本ハムの投手陣を盛り上げる存在になってほしいです。

CHECK!田中瑛斗(柳ケ浦)のドラフト進路は?評価と球種も!出身中学や彼女ついても 

ドラフト4位・難波侑平

難波侑平・日本ハム

生まれ:1999年5月6日
出身:岡山県岡山市
身長:178cm
体重:76kg
投打:右左
ポジション:内野手
最終経歴:創志学園高校

4番エースとして投打に渡って活躍した選手。

2年春から3季連続で甲子園に出場するなど大舞台も経験しました。

打ってはどんなコースにも柔軟に対応でき、勝負強さもあります。また投げても150キロ近くの速球を投げるなと野球センスのある選手。

プロでは内野手として勝負しますが、50メートル5秒台の俊足の持ち主でもありプロでの活躍も期待できそうです。

創志学園の1学年先輩の巨人高田萌生投手との対戦も待たれますね。

CHECK!難波侑平(創志学園)のドラフトや評価は?父親や中学に嘘って何?球速と球種も 

ドラフト5位・北浦竜次

北浦竜次・日本ハム

生まれ:2000年1月12日
出身:栃木県那須塩原市
身長:184cm
体重:85kg
投打:左左
ポジション:投手
最終経歴:白鴎大足利高校

こちらも4番投手で野球センス抜群な選手です。

高校通算26本塁打。長身から投げ下ろすストレートは147キロと将来が楽しみな左腕です。腕の振りの良さには定評があり、スライダーも切れ味バツグン。

日本ハム待望の左の先発として楽しみな存在ですね。

すでに高卒左腕の堀投手はデビューしていますが北浦投手と堀投手のリレーも見てみたいですし、同じく高卒でホークス5位の田浦選手とどっちが先にデビューするかも注目です。

ドラフト6位・鈴木遼太郎

鈴木遼太郎・日本ハム

生まれ:1996年2月18日
出身:宮城県石巻市
身長:183cm
体重:82kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:東北学院大学

被災地に勇気を与える選手に成長していきたい150キロ右腕。

直球とフォークのキレは一級品で、スタミナもバツグンです。
東北学院大学時代には2学年先輩の本田圭佑の後を継ぎ3年春からエースを任されました。

震災の日は中学校の卒業式だったという鈴木投手。

1日でも早く1軍で活躍し、地元石巻に吉報を届けたいところです。

ドラフト7位・宮台康平

宮台康平・日本ハム

生まれ:1995年7月1日
出身:神奈川県横浜市
身長:178cm
体重:83kg
投打:左左
ポジション:投手
最終経歴:帝京大学

89年ぶりに東大に勝ち点をもたらした左腕

キレのある150キロの直球とスライダーやチェンジアップとカーブを駆使する、イメージ通りクレバーな投手。

高めに浮いた球を痛打されるシーンも多く、まだまだ課題はありますが、吉川光夫以来待望の左のエースとして成長が期待されます。

CHECK!宮台康平(東大)のドラフト進路は?彼女や父親も調査!高校や日本代表時代も 

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで2018シーズンに向けての日本ハムの補強についてまとめてきましたが、昨年の戦力からの上乗せは正直できてないので若手の覚醒がない限りは戦力的には厳しいシーズンとなってしまいそうです。

しかし、日ハムという球団の性質上二軍で沢山の若手に出場機会を与えているので複数の若手が一気に台頭してくる可能性もあり悲観的になる必要もないといったところでしょう。

浅間選手やファーム首位打者の高濱選手といった有望な野手や、有原投手の復活やファームでの最優秀防御率の吉田投手など上がり目はあります。

新外国人の活躍によってはAクラス入りしてもおかしくないですね!

2018シーズンも日本ハムから目が離せません!!