プロ野球ドラフト2018・オリックス

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年オリックスのドラフト候補となる選手を予想していきます。

昨年4位とBクラスに終わったオリックス。

2000年から見てみると17年間でAクラスは、2回のみで最下位に沈んだシーズンが7回と低迷を続けていますね。大型補強などで戦力強化を計ったりもしていますがいまいち上手くいってないシーズンもありました。

そんなオリックスですが、ドラフトの印象としては即戦力社会人や大学生を多めにとる印象がありますね。なので今年は高卒も多めにとって育成につなげたいところ。

というわけで、2018のオリックスドラフト上位予想選手をピックアップしていきたいと思います。どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

山本隆広(関大)

リーグ史上2人目の完全試合を達成した最速150キロ右腕。

スライダーとチェンジアップが持ち球で、まだ少し粗々しさも残る伸びしろたっぷりの投手ですね。ストレートで押すピッチングが主体であり小柄ながら力強い選手です。

今年の3月下旬に肘を剥離骨折したのが気になるところですが、阪急OBの山口高志氏に指導を受けメキメキと成長してきた山本選手をオリックスはスカウト会議で上位候補に挙げているのだとか。

怪我から復帰し、万全の態勢でプロに臨めるといいですね。

藤原恭太(大阪桐蔭)

複数球団から指名が予想される三拍子が高レベルでそろった選手。

今年から4番も任されるようになり、スピードだけでなくパワーとチャンスでのバッティングも期待されるようになりました。春の選抜では2017年には打率2割ちょっとと振るいませんでしたが、今年の選抜では3割中盤と大幅に打率を伸ばし成長した姿を見せてくれました。

オリックスの外野陣には、ロメロ、T岡田選手などのホームランバッターや駿太選手のような足の速い選手もいます。藤原選手はどちらも持ち合わせた選手なので第4の外野手もしくはロメロ選手がDHに回る選手起用になるかもしれませんね。

1位でないと取れない選手ですので上位候補確実です。

根尾昴(大阪桐蔭)

内野外野投手もこなす三刀流。

多数球団が上位指名を公言している選手ですね。打ってはホームラン20本以上、投げては最速148キロと見ていてわくわくする選手なのは間違いないです。中学時代はアルペンスキーで優勝した過去も持っているのだとか。

谷口スカウトは、全部がトップレベルと評価しています。二塁手をやらせて安達選手と二遊間を組むのもいいかもしれません。

指名があるなら1位予想です。

太田椋(天理)

1年夏からレギュラーを務めている天理高校の核となる選手。

181センチと身長もあり、守備も定評のある選手で長打力もある3番打者タイプですね。

ドラフト候補としてオリックスもリストアップしていることを公表していますので指名が予想されています。長村球団本部長も注目しているようですので今後のスカウト陣の動きにも注目したいですね。

2016年から2年連続で高卒遊撃手を取っていますので、近年の補強ポイントなのかもしれません。

小園海斗(報徳学園)


三拍子そろったプロ注目の1番打者。

高校通算ホームラン20本以上放っているパンチ力も魅力的ですが、何といってもその守備力は今でもプロに通用するレベルなのだとか。50メートルも5.8秒とプロでも俊足の部類ですね。

中川アマチュアスカウトグループ長もプロには行っても守備は通用すると評価していますね。二遊間の将来的な固定はチーム上昇のカギですので高卒の補強は重要です。

将来性も含めて上位での指名が予想されますね。

森田駿哉(法大)

癖の少ない投球フォームから最速148キロを投げる左腕。

2種類のスライダーにチェンジアップ、カーブを持ち球とし、特にスライダーは、高校時代甲子園で28個中22個の三振をスライダーで奪ったほどのキレを持っています。

中川アマチュアスカウトグループ長は、高校時代に志望届を出していれば上位指名だったと評価しており4年越しのプロ上位指名があるか楽しみな選手でもありますね。

昨年はドラフトで左の田嶋投手を指名し、左投手を補強したい思惑が見えましたので今年も左の即戦力候補森田選手を上位指名してくるかもしれません。

スポンサーリンク

松本航(日体大)

最速150キロ5種類の変化球を操る器用な選手。

コーナーへのコントロールも良く、プロ入り後即戦力として活躍できる能力を持っている投手ですね。高校時代もプロに注目されていましたが、プロ志望届は出さず進学を選んだようです。

谷口スカウトは、プロのキャンプを見てきた後だけど見劣りしないと評価しておりプロでも通用する評価を受けていますね。

もちろん能力と実績は1位候補です。

上茶谷大河(東洋大)

伸びのあるストレートにキレのあるスライダーが武器。

高校時代には甲子園の出場経験は無く、実績は少ないですが大学進学後に大きく成長し今では最速151キロを計測するまでになりました。すべての球種で空振りを取れるなど持ち球すべてが高レベルですね。

古屋編成部副部長は、ストライク先行の投球と精神力を評価しています。

実績がもう少しつけば上位候補間違いなしの選手ですね。

万波中正(横浜高校)

190センチ90キロのパワーが魅力の選手。

目標は155キロホームラン40本と今流行りの二刀流目線の目標を立てている万波選手。横浜スタジアムでの電光掲示板直撃のホームランは衝撃的でしたね。

中川アマチュアスカウトグループ長は、まだまだ粗削りですが磨けば光る選手と評価しており将来性を考えた上での指名になりそうです。

身体能力の高さはピカイチですので、将来を考えたら指名しておくべき選手でしょう。

CHECK!万波中正(横浜高校)の母や父の仕事は?ドラフトや中学時代に彼女についても 

東妻勇輔(日体大)

最速153キロ小さな巨人。

2種類のスライダーと、スプリットにカーブを持ち球とし力強いストレートも武器にマウンド度胸抜群の投球をします。空振りも取れる投手ですので中継ぎ抑えでも使える投手ですね。

谷口スカウトからプロに劣らない球の球威があると評価されていますので、指名の可能性は高いですね。

抑えの平野選手がメジャーに行ってしまいましたので、増井選手をFAで獲得しましたが30中盤と少し年齢が気になるところ。将来的な世代交代に備えた指名になるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は2018年オリックスからドラフト指名されそうな選手を取り上げてみました。

オリックスは若手選手たちはそろってきています。

大補強で有名なオリックスですが、ドラフトで取った選手の育成にも力を入れて欲しいですね。

これからの動向にも期待しましょう。