プロ野球契約更改・年俸予想2019・オリックス

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けたオリックスバファローズの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみましょう。

オリックスは3年連続Bクラスからの巻き返しを図ろうと、2017オフに日本ハムから増井浩俊がFA加入。

さらにはアルバースやローチなどの助っ人投手を補強。

ドラフトでも田嶋大樹や福田周平など即戦力を獲得しました。

2018年はエースの金子千尋や西勇輝など主力の不調も重なり4年連続Bクラス。

しかし、吉田正尚や宗佑磨などの若手の活躍もありましたからなんとか4位で持ちこたえましたね。

彼らの年俸がどう変動するか注目したいです。

増井浩俊投手、ロメロ選手、T-岡田選手、ディクソン投手、アルバース投手は複数年契約のため除外してあります。

若手が育っているオリックス、金銭的にも豊富な球団ですからアップ率も見ものですね!

スポンサーリンク

吉田正尚

2018年の年俸:3100万円
2019年の年俸:???

豪快なスイングで軽々スタンドに放り込む若きスラッガー吉田正尚。

入団から2年続けて腰の痛みに悩まされ60試合程度の出場にとどまりましたが、それでも二桁本塁打を放つなど非凡な長打力を披露してきました。

しかし、2018年は腰も含めて万全な状態で臨み開幕直後は2,3番を任されました。

7月下旬からは4番に固定され最終戦まで4番に座ります。

打率.321、26本塁打、86打点はすべてチームトップ、そしてチーム唯一の全試合出場などチームの顔として成長しました。

なんと言っても魅力は飛距離、2019年は30本以上打ち、飛ばし屋の柳田悠岐と競り合いたいですね!

年数も考えると7000万あたりが有力でしょうか。

西勇輝

2018年の年俸:1億2000万円
2019年の年俸:???

コントロールとテンポの良さが売りの若き勝ち頭、西勇輝。

2014年から3年連続二桁勝利も、2017年は5勝6敗に終わりました。

甘い球をことごとく打ち込まれ自慢の強気な投球が披露できませんでしたね。

2018年は自身初の開幕投手を任されるなど、巻き返しを誓うシーズンでしたが5月終了時点で2勝6敗と波に乗れません。

それでも先発ローテーションを守り続けチームトップの10勝をマークし、防御率もチームトップと西投手らしさは見せました。

ただ、完投が1試合もなく課題も残るシーズンでしたね。

それらを踏まえての現状維持、アップしても2〜3000万でしょう。

山岡泰輔

2018年の年俸:4300万円
2019年の年俸:???

かつてダルビッシュも絶賛した縦に大きく曲がるスライダーが武器の山岡泰輔。

ルーキーイヤーの2017年は即戦力ルーキーの前評判通り先発ローテーションの座を掴みチーム2位の8勝をマークし防御率も3.74とまずまずの滑り出しを見せました。

さらなる飛躍が期待される2018年は負けが先行すると、4月下旬の楽天戦の勝利以降、その後3カ月以上12試合の先発マウンドで勝ちがつかずに8月にはプロ入り後初のリリーフ登板を経験します。

すると吹っ切れたか、8月以降で5勝2敗、9月には完封をマークするなど、なんとか1年間戦い抜きました。

7勝12敗と負け越しましたが、増額の6000万あたりが妥当でしょうか。

山岡泰輔の嫁は中学の同級生!球種や評価に中学高校時代も! 

宗佑磨

2018年の年俸:650万円
2019年の年俸:???

高い身体能力が光る期待の若手、宗佑磨。

出場機会を増やそうと外野手に挑戦し臨んだ2018年はオープン戦で4本塁打を放つなど存在感を発揮。

すると1番中堅手で開幕スタメン出場するなど、4年目にしてようやくレギュラー定着を伺わせました。

柔らかなリストから左右に力強い打球を放つ一方で、好不調の波も激しく、まだ荒削りな部分も伺えます。

さらに不調で二軍調整中に骨折をするなど不運にも見舞われましたが、当然自身最高の成績を残すこととなりました。

今後は自慢の脚力をより活かすために確実性も磨きをかけたいですね。

年俸は4,5倍アップの2500〜2800万辺りですかね!

福田周平

2018年の年俸:6000万円
2019年の年俸:???

走攻守三拍子揃った即戦力内野手の福田周平。

2017年ドラフト3位で入団すると、春季キャンプから存在感をアピール。

開幕まもなく一軍に合流すると、途中交代ながら結果を残すと俊足を生かし主に1,2番を任されるように。

定評のある内野守備でも二塁手を務めわずか4失策と安定感を見せましたね。

2019年は開幕スタメン、そして規定打席到達を目指します!

当然、年俸はアップするでしょうが、7000万あたりにとどまるのでは?

山本由伸

2018年の年俸:800万円
2019年の年俸:???

球威あるストレートとフォークが売りの有望株、山本由伸。

ルーキーイヤーの2017年は先発として5試合に登板し、プロ初勝利を挙げるなどさらなる飛躍が期待されました。

すると2018年は4月下旬に一軍に合流するとリリーフとして前半戦だけで35試合登板、防御率1.29と圧巻の投球を見せました。

その後、後半戦でやや調子を落とすと怪我もあって登録抹消。

ただ、セットアッパーとしてチームトップ、リーグ2位のホールドを記録するなどまさに飛躍の1年だったでしょう。

ファンからは酷使に心配の声もありますが、2019年も勝利の方程式として活躍してほしいですね。

年俸は5倍の4000万まで跳ね上がると予想!

若月健矢

2018年の年俸:2000万円
2019年の年俸:???

リードに定評がある若き扇の要、若月健矢。

3年目の2017年に100試合に出場するなど正捕手の座を引き寄せると、2018シーズン途中にライバルの伊藤光がDeNAへトレード移籍するなど責任感もぐっと増しました。

ベテランの山崎勝己にスタメンマスクを奪われる時もありましたが、大方は正捕手として出場し打撃面で前年以上の結果を残しましたね。

倍額アップも望めるでしょう!

若月健矢の彼女や結婚は? 若月佑美との関係って?年俸や中学と高校時代も 

後藤駿太

2018年の年俸:2900万円
2019年の年俸:???

強肩と俊足をいかした守備力が売りの外野手、駿太。

2017年は打撃面が向上し、レギュラー再奪取に燃える2018年は吉田正尚、ロメロ、宗佑磨で外野手が固まってしまったこともありレギュラー争いに加われません。

5年連続で100試合以上に出場するなど、代走や守備固めのスペシャリストとしても本領を発揮できず、出場はわずか33試合に終わりました。

当然年俸はダウン評価、2000万を割らないことを願うばかり…。

スポンサーリンク

中島宏之

2018年の年俸:3億5000万円
2019年の年俸:???

逆方向に鋭い打球を飛ばすベテラン内野手の中島宏之。

西武時代は5年連続で打率3割を残すなど、常に首位打者争いをしていたスラッガーはメジャー帰りに4年契約でオリックスへ。

そして、契約最終年となる2018年は久しぶりの打率3割をマークし契約延長へ繋げたいところ。

シーズン序盤こそは代打での出場でしたが、中盤には指名打者などでレギュラーを奪取しかけます。

しかし、怪我もあって1カ月以上離脱しました。

それでもベテランらしく得意の8,9月には月間打率3割以上をマークするなど、存在感を発揮し契約延長を決めました!

ただ、もういい歳ですし単年契約で年俸は1億5000万から1億8000万辺りが相場でしょうか?

黒木優太

2018年の年俸:3700万円
2019年の年俸:???

150キロ超の速球を軸にした強気な投球が自慢の黒木優太。

1年目の2017年はNPB新人史上最多の55試合に登板するなどリリーフとしてフル回転しました。

2年目のジンクスを打ち破りたい2018年ですが、1年目の疲労が消えぬまま、打ち込まれるシーンも目立ちましたね。

39試合に登板したものの、防御率4.50は勝利の方程式としては不安定でしょう。

ただ、年俸は悪くても数100万の減、交渉次第では現状維持となるでしょう。

万全な状態で再び勝利の方程式を担いたいですね。

安達了一

2018年の年俸:6400万円
2019年の年俸:???

堅い守りが定評ある遊撃手の安達了一。

2017年は潰瘍性大腸炎を患った影響でたびたび戦線を離脱するなど、不本意なシーズンに終わりました。

万全を期した2018年は自慢の堅いディフェンスで正遊撃手の座を明け渡さず、打率は2割2分に満たず物足りなさは残るものの
1シーズン離脱することなく戦い抜きました。

大城滉二、福田周平、山足達也ら若手内野手がひしめく中、ポジションを守り抜いたことは自信にもつながったのでは?

大幅アップは見込めませんが、7000万台には乗せてくるでしょう。

吉田一将

2018年の年俸:3000万円
2019年の年俸:???

長身から落差のあるフォークを投げ込む2013ドラフト1位右腕の吉田一将。

2016年以降はリリーフ登板が増えましたが、2017シーズン終盤に先発に再転向。

プロ初完封もマークしました。

それでも2018年は再びリリーフへ。

前半戦は試合数の半分以上で登板するなど、酷使が心配されていましたが、徐々に疲れが見え始めると打ち込まれるシーンを目立ちましたね。

それでも、自身最多の58試合に登板しブルペンを支えたことは高く評価されるでしょうし、年俸は1.5倍から2倍が目安でしょうか。

近藤大亮

2018年の年俸:3500万円
2019年の年俸:???

伸びのあるストレートが自慢のタフネス右腕、近藤大亮。

2017年は55試合に登板し、チームトップタイの25ホールドを記録するなどブレイクしました。

2018年は山本由伸のブレイクや守護神増井浩俊の加入もあって、勝利の方程式に加わることはできませんでしたが、それでも登板を積み重ね、2年連続で50試合以上登板としました。

最低でも現状維持、最高なら5000万も狙えるか!?

澤田圭佑

2018年の年俸:950万円
2019年の年俸:???

堂々とした体格からブレーキの効いた変化球で打者を惑わす若手リリーフ右腕、澤田圭佑。

大阪桐蔭高校時代は藤浪晋太郎の影に隠れながらも制球力ある技巧派投手として春夏連覇に貢献しました。

2年目の2018年はシーズン初登板から15試合連続無失点、さらにはプロ初勝利もマークするなど好調に滑り出し、
勝ちパターンのリリーフ投手となりました。

しかし、怪我で1カ月以上離脱するな悔しい思いも味わいましたね。

それでも47試合登板で充実のシーズンとなったはずです。

年俸は3倍以上は固いでしょう!

金子千尋

2018年の年俸:5億円
2019年の年俸:???

多彩な変化球を操る技巧派右腕の金子千尋。

最高峰、5億円という年俸をもらっていながらも沢村賞の2014年以降は華麗なピッチングを披露できていませんね。

4年契約最終年の2018年ですが、シーズン初勝利は5月下旬、7試合目の先発マウンドでようやく掴みました。

それも防御率は4,5点台。

その後、復調したかと思えば背中の張りを訴え8月中旬に抹消。

以降、復帰どころか二軍戦にも登板していません。

FA再取得が睨まれていますが、峠を越えたベテラン投手に対しオリックスはとこまでの金額を提示するのでしょうか?

これまでと同じ年俸5億円では、勿体無さすぎるでしょうし放出するのも惜しいでしょうから注目ですね!

まとめ

というわけでオリックスバファローズの2019年年俸予想をまとめてみました。

前半戦だけで9勝を挙げたアルバースなど、今季こそは!と伺わせるような戦いぶりでAクラス入りを期待させましたが、後半失速し4年連続のBクラスとなってしまったオリックス。

しかし、福田周平、山足達也、宗佑磨、吉田正尚など今後益々楽しみな選手が増えたほか、投手陣でも澤田圭佑や山本由伸ら新星がブレイクし2019年の戦力がどうなっていくのか今から楽しみです!

また、FA再取得の可能性がある金子千尋に対してどんな動きを見せていくのかも注目です。