オリックスイケメンランキング2018

オリックスイケメンランキング2018!

ということで今回は2018年版のオリックスのイケメン選手をピックアップします!

2017年パリーグ4位のオリックス。

助っ人やベテランの印象が強いチームではありますが、意外にもパリーグ屈指のイケメン集団なんです。

それではオリックスのイケメン選手15人を厳選してみました!

ご覧ください!

スポンサーリンク

山崎福也

オリックスの貴重な左腕として先発中継ぎ両役割を担っている2014年ドラ1投手。

1年目から先発、中継ぎの両輪でアピールを続けるなど将来が楽しみな選手でもあります。

そんな山崎投手、イケメンというよりは笑顔が可愛い爽やか男子です。

25歳とは思えないベビーフェイスは多くの女性ファンを虜にしていることでしょう。

オリックスで1番モテる選手と言われているとか。

2018年は即戦力左腕の田嶋大樹投手が先発ローテーションに食い込んでくるでしょうが、山崎投手にもチャンスは回ってくるでしょう。

やはり先発で勝負して、7,8勝は挙げたいですね。

CHECK!山崎福也の彼女や結婚の噂は?父や兄弟も調査!年俸や高校時代についても 

山岡泰輔

2016年ドラフト1位右腕の山岡泰輔投手。

瀬戸内高校時代には広島県予選決勝で田口麗斗(巨人)と延長15回を投げ合い0-0で再試合。

再び投手戦となったゲームは1-0で山岡が投げ勝ちました。

ダルビッシュ投手が「凄い」と評価したスライダーが自慢の投手です。

そんなスタミナ満点の山岡投手は童顔のイケメン。

目鼻立ちがくっきりしている辺りが若き日の前田健太投手の様です。

見た目からも想像できる通り、人懐っこくヤンチャな性格も女性ファンを射止めていることでしょう。

ルーキーイヤーの2017年は前評判通り即戦力として先発ローテーションを守り、8勝11敗と負け越したものの、初完封もマークするなどスタミナも見せつけました。

2018年は二桁勝利をものにしたいですね。

2017年は実現しなかった田口投手との投げ合いにも注目したいですね。

CHECK!山岡泰輔の嫁は中学の同級生!球種や評価に中学高校時代も! 

増井浩俊

日本ハムからFAで移籍してきたクローザー。

キャリア8年で153HP110Sとリリーフとして活躍し続けたほか、2016年には先発として10勝を挙げるなどポテンシャルの高さが伺えます。

そんな増井投手、スマートなイメージですよね。

見た目もすらっとしていて、笑顔が素敵なイケメンです。

奥さんも可愛い方みたいですよ。

2017年オフにオリックスに加入した増井投手。

オリックスの守護神といえば平野佳寿ですが、海外FAでダイヤモンドバックスに移籍。

新・守護神としての活躍が期待されています。

もちろん目指すは自身初の抑えのタイトルでしょう。

金子千尋

常に結果を残し続ける変幻自在のエース。

2014年には16勝を挙げ防御率1.98で文句なしの沢村賞を獲得しました。

「27球完投」を理想に掲げる打たせて取るタイプですが状況によっては決め球のチェンジアップを武器に三振を奪います。

クールな印象が強い金子投手は意外とお茶目な選手だとか。

ヘアスタイルや手首まであるアンダーシャツなど独特なスタイルを貫いてますよね。

ただ、30代中盤でもその甘いマスクでファンを魅了しています。

2017年は12勝をマークしたものの痛い一般を浴びるシーンが多く精彩を欠きました。

Aクラス浮上に向けては貯金を6つ以上作りたいですね。

鈴木康平

即戦力先発投手として日立製作所からドラフト2位で入団した右腕。

最速151キロの真っ直ぐと投げっぷりの良さ、9回をしっかり投げ抜くスタミナが持ち味です。

同じチームに呼び方が一緒の鈴木昴平選手もいることから、登録名は「K-鈴木」となり話題になりました。

そんな鈴木康平投手、凛々しい表情が特徴のイケメン選手ですよね。

188センチと高身長でスタイルもよく、笑顔も素敵な選手です。

ドラフト1位左腕の田嶋大樹に注目が集まっていますが、個人的には期待とは田嶋投手以上と思っています。

持ち味の投げっぷりの良さと強気な投球でローテーションに定着し新人王を目指したいところ。

CHECK!鈴木康平(日立製作所)のドラフト進路や評価は?中学高校時代や球速と球種も 

山崎颯一郎

189センチの高身長から最速145キロの真っ直ぐを投げ込む右腕。2016年ドラフト6位で入団し、高卒1年目は1軍登板はありませんでした。

敦賀気比高校時代は北陸のダルビッシュと呼ばれるほどルックスもいい山崎颯一郎投手。

小顔でスタイルも良いですし、男らしい顔立ちですね。

広島の鈴木誠也選手に似ているような。

そんな山崎颯一郎投手、2017年は2軍で登板機会もあり2勝をマーク。素材の良さをアピールしました。

2018年もしっかり体をつくり、まずは1軍初登板そしてプロ初勝利を掴みたいところ。

青山大紀

2015年にドラフト4位でトヨタ自動車から入団した青山大紀投手。

入団から2年で1軍登板はわずか2試合と実績はありませんが、腕のしなったフォームから力強い速球を投げ込みます。

キリッとした表情がかなりのイケメンで、実績はないものの多くの女性ファンがいるとか。

まだ22歳で伸びしろ十分。

地元大阪の出身でもありますし、今後期待したいですね。

2018年こそプロで1勝挙げたいですね。

2017年精彩を欠いた先発陣に刺激を与える存在になってくれれば。

鈴木優

キレのあるストレートと変化の鋭いスプリットが持ち味の右腕。

しかしプロ入り3年で思うような結果を残せていませんね。

鈴木優投手はハーフのような顔立ちのイケメンです。

身長も181センチあり、すらっと伸びた手足はモデルのよう。

女性ファンも多いのでは?

2017年は1軍登板がなかった鈴木優投手。

勝負の4年目、しっかり2軍で結果を残してからプロ初勝利につなげたいですね。

伊藤光

若き司令塔として高いリーダーシップを発揮する伊藤選手。

2013年に若くして正捕手になると打率.285をマークすると2014年にはベントナインとゴールデングラブをダブル受賞しました。

そんな伊藤選手もイケメンです。

オリックスには若くてイケメンの選手が増えましたが、その火付け役と言ってもいいのでは?

鼻が高くハーフっぽい顔立ちで女性ファンも多いですから。

伊藤選手は2017年、若月選手との併用が続き思うような成績を残せませんでした。

ベテランや外国人投手との相性はいいだけあって、しっかり投手陣を支えていきたいですね。

スポンサーリンク

中島裕之

ライオンズ時代から積極的な打撃で活躍してきた中島選手。メジャーリーグを経て、地元兵庫のオリックスに入団。ベテランらしい広角に打ち分ける打撃が魅力です。

そんな中島選手はいわずと知れたイケメン選手ですね。

ライオンズ時代には片岡治大、岸孝之らと並んでイケメン軍団でもありましたから。

トレードマークのあご髭と襟足も年を重ねて変わってきましたね。大人の色気もある選手です。

日本復帰から3年、春先の不調が続き試合に出続けることが出来ていません。

ただ、やはり夏場には非常に強い選手ですし、2018年こそシーズン通して活躍したいですね。

福田周平

2017年ドラフト3位で入団した即戦力の内野手。

バットを短く持った高いミート力が魅力ですがパンチの効いた長打力も兼ね備えます。

そんな福田選手もイケメンです!

169センチと小柄ながらキリッとした表情が魅力的でぎこちない笑顔なんかも女性ファンにはたまらないのでは?

大学時代には日本代表のキャプテンを務めるなど責任感も強そうですし。

2018年はもちろん即戦力として期待されますが、安達了一や大城滉二、西野真弘など社会人卒の若手内野手がひしめく中、持ち味のシャープな打力を武器に定位置争いを抜け出したいですよね。
広陵高校時代のチームメイト、日本ハム有原航平との対戦も見どころですよ。

西野真弘

オリックスのスピードスター西野真弘選手。

167センチと小柄ながら、俊足を武器に2016年は二塁手として全試合に出場しました。

爽やかイケメンとしても人気で、女性ファンも多いです。

サル顔とでも言うべきでしょうか?

小柄で足速い選手というイメージにぴったりの見た目ですよね。

まだまだ守備や打撃に荒削りな部分が多く、レギュラー定着に向けては課題も多いと思います。

自慢の走力で定位置争いから抜け出し、2018年はさらに一皮向けたいところです。

岡崎大輔

高いバットコントロールが魅力の2016年ドラフト3位。
花咲徳栄高校時代には2年夏から3期連続で甲子園に出場するなど大舞台も経験しています。

岡崎投手は、体は細身ですが身長は182センチもあり小顔でスタイル抜群です。
そしてあどけなさの残る表情は多くの女性ファンのハートを掴んでいます。

2017シーズン終盤に1軍に合流し、プロ初安打も記録するなど将来の主軸候補として能力の高さを見せました。
2018年も1軍の戦力になれるようにしっかり体づくりをしていきたいですね。

駿太

俊足と強肩を駆使した高い守備力が魅力の外野手。

高校時代はそのプレースタイルから上州のイチローとも言われていましたが、プロ入り後打力で伸び悩みレギュラー定着とはなっていません。

駿太選手もイケメンですよねー。

顔が良い!というほどではないのですが手足が長くスタイルも良いし、なんといってもおしゃれですよね。

意外にも結婚してパパだったことも明らかになりました。

2018年こそ打力アップ。登録名も後藤に戻しレギュラー奪取を目指します。

彼が見せるレーザービームに注目です。

小田裕也

2014年のドラフト8位。大学と社会人を経験したオールドルーキーらしく31試合で打率.326とまずまずのデビューでした。

しかし、代打や守備固めでの出場が多くレギュラーに定着できません。

小田選手もジャニーズ系のイケメンですね。

20代後半とは思えない甘いマスクが魅力的です。

また私服もオシャレで、年齢に恥じない落ち着いた大人らしい選手です。

2018年は一軍定着を目指し、100試合以上出場したいですね。

外野手は強打者ぞろいですから、持ち味をしっかりアピールしたいところ。

投票・アンケート

2018年版のオリックスであなたがイケメンと思う選手に投票をどうぞ

Loading ... Loading ...

まとめ

以上、2018年版のオリックスのイケメン選手15人も紹介してきました。

いかがでしたか?個人的にはオリックス、地味なイメージだったのですがイケメン集団で驚きました。

これはパ・リーグ1と言っても過言ではないのでしょうか?

ただ、まだまだ実績のない選手が多いのでイケメンとして注目を集めるためにも今後益々の活躍を願うばかりです。