プロ野球契約更改・年俸予想2019・楽天

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた東北楽天ゴールデンイーグルスの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみました。

2017年は前半戦首位ターンからの3位。
CSでも首位ソフトバンクを追い詰めるなど破壊力抜群の打線が見ものでした。

しかし、2018年は開幕直後から沈み、エース則本がなかなか勝てず、前年二桁勝利の美馬は肘の手術に踏み切り離脱、
頼みの打線も前年大爆発のペゲーロ、茂木を始めとし大ブレーキ。

2017の無念を晴らすどころか、3年ぶりの最下位となってしまいましたね。

梨田監督は早々に辞任。

松坂世代の平石洋介監督がどのように戦力を見極めていくのか?

岸孝之投手、則本昂大投手、ウィーラー選手は複数年契約のため除外してあります。

2018シーズン途中に就任した石井一久GMによってチームにどんなメス入れが行われるのか?

見どころですね!

スポンサーリンク

松井裕樹

2018年の年俸:1億4000万円
2019年の年俸:約3千万円減の提示を保留中

キレのあるストレートと、スライダー、チェンジアップで三振の山を築く若き守護神、松井裕樹。

2017年は一時離脱もあったもののリーグ2位の33セーブをマークするなど抑えとしての信頼を勝ち取りました。

2018年は自身初のタイトル、最多セーブをかけ臨みましたが、シーズン序盤から不安定な投球が続きましたね。

リリーフ投手ながら6月までで6敗を喫し、ストッパーの座をハーマンに譲り渡します。

しかし、シーズン終盤にはルーキーイヤー以来4年ぶりの先発マウンドに立つと5回7奪三振、6回14奪三振とドクターKぶりを発揮するなど2019以降先発再転向の可能性を伺わせる内容を披露しました。

ただ、全体的にはピリッとしないシーズンだったので最高でも現状維持、悪くても2000万程度減となりますかね。

美馬学

2018年の年俸:8000万円
2019年の年俸:6500万円(1500万円減)

抜群のコントロールで打者を切り取る小柄な先発右腕、美馬学。

2017年は自身初の二桁勝利を挙げるなど充実のシーズンでしたが、2018年は苦しみましたね。

開幕から先発ローテーションながら、初勝利は6月中旬の交流戦でした。

防御率も4点台後半と安定せず、8月中旬に右肘の手術に踏み切りました。

2勝6敗と前年と打って変わって成績を落としましたね。

当然、年俸はダウンしますが4500万から6000万で推移するでしょうか?

銀次

2018年の年俸:1億円
2019年の年俸:???

巧みなバットさばきが売りのヒットメーカー銀次。

2017年は全試合に出場し、一塁手のベストナインに選ばれました。
得点圏打率.369と勝負強さも光り1億円プレイヤーとなりました。

自身初の打撃タイトルが欲しい2018年ですが開幕からやや出遅れ気味で2割5分台で推移していましたね。

それでも出塁率は3割を優に上回り、得点圏打率も前年より落ちたものの.347と勝負強さを発揮しました。

最下位ということもあり、大幅アップは望めませんが現状維持がいい線ですかね。

茂木栄五郎

2018年の年俸:6400万円
2019年の年俸:5100万円(1300万円減)

柔らかなリストから長打を量産する茂木栄五郎。

2017年は怪我の影響を受けながらもリーグ3位の打率.296をマークし、本塁打も17と自慢の打撃を披露。

2018年はフル出場を目標に臨みましたが、開幕から大ブレーキ。

終わってみれば3年目でワーストの成績となってしまいました。

年俸はダウンで、4800万から5500万と予想します!

オコエ瑠偉

2018年の年俸:1400万円
2019年の年俸:1200万(200万円減)

豪快な一振りでチームに流れを呼び込む若手外野手のオコエ瑠偉。

2017年は打率.300をマークするなどシーズン終盤にスタメン起用が増えましたが、2018年は開幕からブレーキ。

打撃が復調してきた5月下旬には怪我もあって離脱と悔しいシーズンだったでしょう。

身体も筋骨隆々となり大分迫力が出てきました。

ムラさえなくなればレギュラー固定したいでしょうか、とにかく真摯な姿勢で取り組むしかないですね。

年俸は200万減の1200万と予想!

島内宏明

2018年の年俸:5500万円
2019年の年俸:7800万円(2300万増)

コンパクトに振り抜く打撃が自慢の外野手、島内宏明。

2017年は初の全試合出場を果たすなどセンターのレギュラーに定着しました。

しかし、2018年は4月下旬に怪我で1カ月程離脱と前半は成績が伸び悩みました。

それでも復帰後再びレギュラーとなり、打率も持ち直してチームトップの打率をマークし、リーグ10傑にもランクインしました。

2019こそ初の打率3割に期待を込めます!

年俸は6500万から7000万が妥当でしょう。

島内宏明の嫁の画像や子供は?年俸や守備の評価もチェック!愛車は何? 

藤平尚真

2018年の年俸:1800万円
2019年の年俸:1800万円(現状維持)

威力ある直球で打者に強気で向かっていく若き先発右腕、藤平尚真。

高卒新人の2017年は8試合に先発し防御率2点台と大器の片鱗を見せました。

2018年は開幕ローテーションに加わるなど期待を覗かせたものの、勝ち癖のついていないチームにも見放され5月中旬に登録抹消。

それでも8月に再び一軍マウンドへ戻り9月にはプロ初完投と成長ぶりも見せました。

制球さえ安定すれば大化けするに違いないのですが…。

年俸は微増の2000万から2200万と予想します。

辛島航

2018年の年俸:2900万円
2019年の年俸:5000万円(800万円増)

多彩な変化球を駆使した緩急が持ち味の技巧派左腕、辛島航。

2017年は防御率4点台ながらも自己最多タイの8勝をマークしました。

ローテーション定着と二桁勝利を目指す2018年は開幕から安定した投球を見せるも勝ち星に恵まれませんでした。

それでも辛抱強く1年間先発マウンドに上がったことは一定以上の評価はするべきでしょう。

チーム事情もあり4勝9敗と成績を落としたものの3500万から4000万までアップするの可能性がありますね。

岡島豪郎

2018年の年俸:4400万円
2019年の年俸:3450万円(950万減)

巧みなバットコントロールと俊足をいかした守備が魅力の外野手、岡島豪郎。

新選手会長に就任し、責任感も増した2018年は球団史上最多5度目のサヨナラ打を放つなど、勝負強さを発揮しましたが、打率は2割に満たないほどブレーキでした。

それ以上に、本拠地で大きく負け越したことが選手会長として大きくのしかかっていたのでしょう。

選手会長だけでなく、背番号4、第三の捕手など様々な役割を期待された岡島選手ですがさすがに厳しかったでしょうか。

ただ、チーム事情を鑑みると大きな減額とはならなそうですね。

スポンサーリンク

藤田一也

2018年の年俸:1億1000万円
2019年の年俸:年俸6600万円(4400万円減)

華麗なフィールディングと勝負強い打撃が光るベテラン内野手藤田一也。

2年契約が切れる2018シーズンは再び規定打席に到達し存在感を示したいところでしたが、キャンプイン前に怪我をするなど開幕一軍が危うい状況でした。

それでもなんとか開幕時にはベンチ入りし、代打などで勝負強さを見せます。

しかし、後半戦で再び故障しその間に昇格したルーキー西巻賢二や山崎剛が結果を残したこともあり、すっかり影を潜めました。

年俸は当然ダウン、8000万クラスでしょうか!

藤田一也の嫁や子供は?守備は劣化してる?年俸や愛車についても!

田中和基

2018年の年俸:1300万円
2019年の年俸:4千万円(2700万円増)

高い身体能力が自慢の両打ち外野手の田中和基。

ルーキーイヤーの2017年は初スタメンで決勝ホームランを放つなど持ち味を発揮、脚でも活躍が伺えます。

梨田前監督がトリプルスリーを狙えると高評価を寄せていた選手は2年目で規定打席に到達するなど、1番センターのレギュラーに定着しました。

さらにチームトップの18本塁打、21盗塁と2019年のトリプルスリー挑戦を期待できる内容でしたね。

約3倍増の4500万が想定ラインですか、さらに増える可能性も…!

高梨雄平

2018年の年俸:3000万円
2019年の年俸:5500万円(2500万円増)

出どころが見づらい独特のフォームが特徴の変則リリーフ左腕、高梨雄平。

ルーキーイヤーの2017は46試合に登板し、防御率1.03と抜群の安定感を見せました。

ワンポイントだけでなく、勝ちパターン継投として14ホールドも挙げましたね。

2年目のジンクスを打破したい2018年も開幕からフル回転。

チームトップの69試合にリリーフ登板し、防御率も2.44と安定した投球でブルペンを支えましたね。

1.5倍から2倍アップも期待できるのでは?

青山浩二

2018年の年俸:2000万円
2019年の年俸:???

キレのあるスライダーが武器のベテランリリーバー青山浩二。

2年連続で減俸を味わっている苦労人は2018年こそはと再起を違いました。

開幕時こそ二軍でしたが、4月下旬に合流するとベテランらしい大崩れしない投球で信頼を勝ち取り最終的にはチームトップの25ホールドを挙げるなどリリーフエースとして活躍しました。

楽天の投手最年長として、まだまだ存在感を発揮していきたいですね。

年俸は前年からの巻き返しで3倍の6000万と予想します。

今江敏晃

2018年の年俸:2億円
2019年の年俸:???

積極な打撃が持ち味のベテラン内野手、今江敏晃。

楽天移籍後2年間はいずれも怪我に苦しみ、シーズン通して万全のパフォーマンスが出来ていません。

なんとか一軍定着と単年契約で臨んだ2018年は開幕スタメンこそ叶いませんでしたが、それでもベテランらしい勝負強い打撃で一塁手のレギュラーを掴み、移籍後最多の126試合に出場。

3年ぶりに規定打席をクリアし、チーム2位の打率をマークしました。

ただ、年齢的にも大幅アップは見込めないでしょうし、現状維持での単年契約となるでしょうか?

宋家豪

2018年の年:440万円
2019年の年俸:1500万円(1060万増)

堂々の体格から力強い速球を投げ込む台湾出身のリリーバー宋家豪。

2017年に支配下登録されると、CSで2勝を挙げるなどさらなる飛躍が期待された2018年は5月下旬に一軍に昇格すると、6月下旬に待望のプロ初勝利を挙げるなどリリーフとして39試合に登板。

防御率1.77と安定した成績を残し、5勝を呼び込みました。

すでに2019年も契約を結ぶことが決まっていて、お買い得リリーバーがどこまで年俸が上がるのか?

3000万くらいはあり得るでしょうかね!

まとめ

というわけで東北楽天ゴールデンイーグルスの2019年年俸予想をまとめてみました。

2017の原動力だった茂木、ペゲーロが開幕からブレーキ。

本塁打数を大きく減り、得点力がダウンしました。

2019年は退団のペゲーロの穴をどうやって埋めるのか?

1つ鍵となりそうですね。

また、投手陣に関しては安定した投球を見せた岸孝之に対し、エースの則本昂大は苦しい投球が続きました。
2人とも2019年で複数年契約が終わります。

ともにタイトル獲得へしのぎを削りたいところ。

そして、シーズン途中から監督代行をしていた平石洋介が松坂世代として最初の監督に就任します。

若きOB監督が選手たちをどのように起用していくのか見ものです。

また、同じくシーズン途中にGMに就任した石井一久氏は首脳陣を大きく動かすと噂されていますし、選手に関しても年俸や背番号、契約の有無など注目度の高い契約更改となりそうですね!

プロ野球契約更改・年俸予想2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【広島カープ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ヤクルト編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【巨人編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【横浜DeNA編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【中日編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【阪神編】 

パ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【西武編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ソフトバンク編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【日本ハム編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【オリックス編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ロッテ編】