プロ野球補強ポイント2019・楽天

プロ野球補強ポイント2019!

ということで今回は2019年に向けた楽天イーグルスの補強ポイントを考察していきます。

2017年は前半戦首位ターンと強さを見せた楽天。

茂木、ペゲーロの超攻撃的1・2番コンビを筆頭に打線が好調でしたね。

最終的にはシーズン3位で終わりましたが、CSファイナルステージでは王者ソフトバンクをギリギリまで追い詰めました。

キャンプイン前の1月に亡くなった星野仙一氏のためにもチーム一丸となって再び優勝に向かっていましたが、2018年は開幕から打撃が低調。

エースの則本昂大や前年11章の美馬学らが勝てないなど苦しみ序盤から最下位に沈みました。

梨田昌孝監督はシーズン途中で退任し、石洋介監督代行の采配で後半戦勢いを取り戻しましたが結局最下位に終わりましたね。

そこで、2019シーズンに向けてどんな補強が必要となるか?

ポジション別に考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【投手】

2018年の主力投手
先発
・岸孝之
・則本昂大
・辛島航
・藤平尚真
・古川侑利

先発兼中継ぎ
・松井裕樹

中継ぎ
・青山浩二
・高梨雄平
・宋豪家

抑え
・ハーマン

まずは楽天の投手陣!

勝ち星は積み重ねられなかったものの、チーム防御率はリーグ3位と奮闘しました。

先発の中心は最優秀防御率のタイトルを獲得した岸孝之。

開幕からローテーションを守り抜き4年ぶり、移籍後初の二桁11勝を挙げました。

防御率は2.72と高い安定感で岸投手らしい粘りの投球が披露できたかと思います。

一方、苦しんだのがエースの則本昂大。

前半から勝ち星が先行せず、6月は0勝4敗と大ブレーキ。

しかし、終盤は安定感を取り戻し入団から6年連続での二桁勝利を果たしました。

ドクターKぶりは健在で5年連続の最多奪三振のタイトルを獲得し、2019年には記録に並ぶでしょうか?

また、2017年の躍進を支えた美馬学は2勝止まり。

将来のエース藤平尚真も4勝と不本意に終わりました。

そして抑えの松井裕樹は安定感を欠き、終盤に先発に再転向すると思い切りのいい投球を披露し2019年はローテーションに加わるのではないでしょうか?

そうすると抑えとうしゅが必要となってきますね!

ハーマンを抑えに回すならセットアッパーとなるでしょうが、8,9回を任せられる投手を補強したいですね。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【捕手】

2018年の主力捕手
・嶋基宏
・山下斐紹

捕手では正捕手の嶋基宏が2017に引き続き打撃不振に終わりました。

そして、2018開幕まえにトレードでソフトバンクから移籍の山下斐紹。

同い年の甲斐拓也の台頭もあって出場機会に飢えていた打撃が売りの捕手は7月下旬にプロ初本塁打となるサヨナラ弾を放つなど印象づけましたね。

ただ、将来を見据えて高卒の捕手や大卒でも実績がある捕手を獲得したいのではないでしょうか?

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【一塁手】

2018年の主力一塁手
・銀次
・今江敏晃

一塁手は巧打の銀次とベテランの今江敏晃らが守りました。

銀次はチーム2位の打率.276をマークしました。

打率ランキングでは14位とまずまずでしたが、勝負強さは健在で得点圏打率はリーグ4位の.344を残しました。

今江敏晃はメインは三塁手ながら軽快な守備も見せるなどベテランらしい活躍を見せましたね。

次世代の選手も欲しいですが、補強は急務ではないでしょう。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【二塁手】

2018年の主力二塁手
・藤田一也
・銀次

楽天の二塁手といえば鉄壁のディフェンスを誇るベテランの藤田一也でしょう。

2018年は銀次が二塁手に挑戦しましたが、結局は守備が安定していて打撃でもベテランらしい勝負強さで藤田選手が二塁手に定着しましたね。

ただ、藤田選手は2019年には37歳となり、体の負担も考えても出場機会は減ってくるのでは?

若手だと山崎剛や西巻賢二もいますから、しっかり育てていきたいですよね。

捕手同様、若手をしっかり取っておきたいところです。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【三塁手】

2018年の主力三塁手
・ウィーラー
・今江敏晃
・内田靖人

楽天の三塁手部門では愛されキャラの助っ人ウィーラーを中心にベテランの今江敏晃や若手の内田靖人がプレー。

来日4年目の助っ人は2018年、前年から本塁打数が半減するなど成績を大きく落としました。

それでも守備率は前年より向上しディフェンス面での成長も見られましたね。

契約期間が切れる2019年は再びベストナインを獲得する活躍を見せられるか?

また、内田靖人はオープン戦から存在感を示しましたが、ペナントレースでは各投手のコースを突く投球に苦戦しレギュラー定着とはなりませんでした。

それでも12本塁打を放つなど持ち前のパワーを発揮。

U-23日本代表の主将も務めた期待の若手が2019年の楽天を引っ張ります。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【遊撃手】

2018年の主力遊撃手
・茂木栄五郎
・三好匠
・西巻賢二

遊撃手は2017年に好成績を残した茂木栄五郎が中心でした。

しかし開幕から不調で打率.247と大きく成績を落としましたね。

そんな時に救世主となったのが地元・仙台育英出身の高卒ルーキー西巻賢二でした。

元々守備力はトップクラスの評価をされていた選手でしたが、一軍の舞台でもそのディフェンスを発揮すると、しぶとい打撃でも結果を残し25試合に出場するなど経験を積みました。

同じく定着を目指す三好匠も自己最多の70試合に出場しましたから、益々争いが激しくなるでしょう。

当然補強は要りません!

スポンサーリンク

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【左翼手】

2018年の主力左翼手
・島内宏明

左翼手はシュアな打撃が光る島内宏明がレギュラーに定着。

前年中堅手に定着し全試合に出場しましたが、2018年は田中和基の台頭もありポジションを明け渡しました。

それでも103試合に出場し、チームトップの打率.292をマークしました。

長打率、得点圏も前年より向上させチームの核として役割を果たしました。

他にはベテランの聖澤諒や岡島豪郎も控えていることから補強は不要でしょうか。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【中翼手】

2018年の主力中堅手
・田中和基
・オコエ瑠偉

2018年の楽天で最も躍進したのが中堅手の2人。

最も成長したのは2年目の田中和基。

三拍子揃ったスイッチヒッターは開幕一軍入りすると6月中旬からは1番中堅手に定着し、積極的な打撃で18本塁打を放つなどアピールに成功。

トリプルスリーも目指せるスケールの高さを感じさせましたね。

一方、期待されながらも苦しんだのがオコエ瑠偉。

前年打率.300をマークし、定位置獲得を目指し体を大きくして臨んだ2018年は打撃不振に怪我もあって二軍落ちを経験。

それでも終盤に復帰し、思い切りのいいスイングで好機を演出しました。

若き2人の選手がいますから、補強は急ぐ必要がありませんね。

2019年楽天イーグルスの補強ポイント【右翼手】

2018年の主力右翼手
・ペゲーロ
・岡島豪郎

楽天の右翼手を任された2人は2018年、まさに不振を極めました。

規格外の破壊力を持つペゲーロは開幕から快音響かず。

来日後ワーストの打率.233と低迷しました。

また、新選手会長となった岡島豪郎も打率.190と大ブレーキ。

広角に打ち分ける持ち味の巧打が発揮できませんでしたね。

しかし、本来の力を発揮できればチームに勢いをもたらしますし、2人が本調子となれば2019年の楽天外野手陣は激しい定位置争いが期待できます。

2019年の楽天でもっとも補強すべきポイントは?

というわけで、2019年の楽天の補強ポイントについて2018年のデータをもとにポジションごとに考察してみました。

楽天がもっとも補強すべきポイントは

・抑え投手
・捕手
・二塁手

だと思われます。

先発投手は岸、則本の2枚看板に加え美馬や辛島が結果を残さればしっかり戦える戦力ですし、松井裕樹も先輩転向で厚みが増します。

ただ、勝利の方程式を任せられる本格派のリリーフ投手が必要でしょう!

外国人でも良いし、ある程度実績ある投手を後ろに置きたいです。

また、捕手は若手でも戦力となれる選手が必要です。
嶋の打力を考えると打率.250くらい残せる打てる捕手が理想ですね。

そして、二塁手は藤田の負担を減らし後継者となれるような選手がいれば若い遊撃手もらしっかり伸びてくるでしょう。

どのポジションも若手が伸びてきている分、
30歳前後の経験豊富な選手が結果を残していきたいところ!

平石采配での巻き返しに注目しましょう!