楽天補強2019

楽天補強2019!

今回は東北楽天イーグルスの2019年に向けて補強された新戦力をピックアップします。

2017年は打線の勢いがあり、前半戦首位ターンをするなど強い印象を残した楽天。

2018年もメンバーがほとんど変わらず当然Aクラスが予想されましたが
開幕から打線が低迷しダントツの最下位。

シーズン途中から平石洋介ヘッドコーチが監督代行となり、後半戦盛り返したものの結局最下位に終わりました。

ただ、2019年に向けて平石新監督が同世代の松坂世代メンバーをコーチに召集するなどAクラス復帰へ早くも指導しています。

そんなわけで、楽天の新外国人、FA、ドラフト新人選手をまとめてみました。

※外国人、FA補強については決まり次第追記していきます。

スポンサーリンク

楽天補強2019【新外国人】

新外国人が発表され次第追記します。

楽天補強2019【FA】

FA補強があれば追記します。

楽天補強2019【ドラフト新人選手】

楽天の2018年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの10名です。

即戦力の大卒外野手や大卒捕手のほか、将来性ある投手など8人を指名したほか、育成ではエース則本昂大の弟ら2人を指名し話題を集めましたね。

2018オフには異例17人の選手に戦力外通告をしましたが2019年に向けてどのように戦力を整えていくのか!?

それぞれチェックしていきましょう!

ドラフト1位:辰己涼介

楽天補強2019・辰己涼介

生まれ:1996年12月27日
出身:兵庫県神戸市
身長:180センチ
体重:72キロ
投打:右投左打
ポジション:外野手
最終経歴:立命館大学

身体能力が高く、世代ナンバーワンの左打者の呼び名高い辰己涼介。

ドラフト外れ1位ながら4球団競合の末、石井一久GMが引き当てた逸材は振り切るスイングで安打を量産するスラッガー。

高校時代は無名ながら、立命館大学で1年からレギュラーを掴むと、リーグ歴代2位の通算122安打を放ちました。

細身ながらパンチ力があり、ツボにハマれば軽々と柵越えを放ちます。

楽天の外野手は2018年に田中和基がブレイクし、島内宏明、オコエ瑠偉、ペゲーロ 、岡島豪郎と争いが激しくなっていますが1年目から定位置を掴みたいですね。

ドラフト2位:太田光

楽天補強2019・太田光

生まれ:1996年10月14日
出身:岡山県倉敷市
身長:177センチ
体重:75キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:大阪商業大学

インサイドワークとキャッチングが魅力の大卒捕手、太田光。

爆笑問題の太田光と同姓同名ということもあり、ドラフト指名直後から話題となっていますが、実力も一級品です。

大阪商業大学では1年春からマスクを被り、広島の岡田明丈らともバッテリーを組むなど正捕手として6度のリーグVに貢献しています。

打っても逆方向に鋭い打球を放つなど可能性を秘めた選手です。

打撃面で不安のある嶋基宏と併用でチャンスを狙いたいですね!

ドラフト3位:引地秀一郎

楽天補強2019・引地秀一郎

生まれ:2000年6月3日
出身:岡山県岡山市
身長:188センチ
体重:84キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:倉敷商業高校

恵まれた体格から最速151キロの直球を投げ込む本格派右腕、引地秀一郎。

倉敷商業といえば2018年1月に亡くなった楽天の元監督、星野仙一氏の母校です。

1年夏から控え投手としてベンチ入りすると、甲子園出場は叶わなかったものの力強い速球がプロの目を魅きました。

150キロ近い球威あるストレートを強気で投げ込むスタイルで将来の先発ローテを担う存在になって欲しいですね!

ドラフト4位:弓削隼人

楽天補強2019・弓削隼人

生まれ:1994年4月6日
出身:栃木県佐野市
身長:192センチ
体重:98キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:SUBARU

恵まれた体格から最速147キロを投げ込むスリークォーター左腕の弓削隼人。

佐野日大高校、日本大学でも中心投手として活躍し、社会人のSUBARUでは1年目から公式戦に出場。

2年目の2018年の都市対抗野球ではリリーフで短いイニングながら堂々の救援を見せました。

長いリーチを生かしたキレのあるストレートとスライダーやフォーク、カーブを操ります。

先発でもリリーフでも経験値の高い左腕ですから、1年目から活躍が期待されますね。

ドラフト5位:佐藤智輝

楽天補強2019・佐藤智輝

生まれ:2000年6月5日
出身:山形県寒河江市
身長:184センチ
体重:82キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:山形中央高校

最速144キロの速球が魅力の将来性ある左腕、佐藤智輝。

日本ハムで活躍する石川直也に憧れ山形中央高校入りすると、1年夏からベンチ入りし3年春にエースとなります。

甲子園出場はなかったものの、夏の県大会には3球団が視察に訪れるなど注目されていました。

まだ線が細いのでプロでしっかり体を作って、将来的には先発投手として活躍して欲しいですね。

ドラフト6位:渡辺佳明

楽天補強2019・渡辺佳明

生まれ:1997年1月8日
出身:神奈川県横浜市
身長:179センチ
体重:74キロ
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:明治大学

逆方向へ力強い打球を弾き返すアベレージヒッターの渡辺佳明。

横浜の渡辺と聞けばピンとくる方もいるでしょうが、横浜高校前監督の渡辺元智氏の孫です!

横浜高校時代は5番一塁手として3年春の選抜に出場しました。

同級生には高濱祐仁、淺間大基と高卒で日本ハム入りした2人がいます。

明治大学では三塁手や遊撃手を守り、3年生から大学日本代表に選出されます。

バットコントロールが良く、遠投110メートル、50メートル6秒2と身体能力も高いですから1年目から内野手の定位置獲得を目指します。

ドラフト7位:小郷裕哉

楽天補強2019・小郷裕哉

生まれ:1996年8月3日
出身:岡山県倉敷市
身長:176センチ
体重:84キロ
投打:右投左打
ポジション:外野手
最終経歴:立正大学

俊足巧打でパンチ力も兼ね備える外野手、小郷裕哉。

関西高校時代は通算28本塁打の強打の二塁手として注目されていましたが、指名なく立正大学へ。

自ら志願し外野手に転向すると、3年から1番右翼手としてレギュラーに定着。

50メートル5秒8の俊足をいかして盗塁王を獲得したほか、一発も期待できることから再びプロから注目を集めました。

ドラフト1位の辰己涼介とタイプは似ていますが、どちらが早くデビューするでしょうか?

ドラフト8位:鈴木翔天

楽天補強2019・鈴木翔天

生まれ:1996年8月19日
出身:愛媛県宇和島市
身長:185センチ
体重:80キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:富士大学

堂々の体格から最速149キロの速球を投げ込む本格派左腕の鈴木翔天。

高校時代は無名ながら、富士大学で投手としての才能を開花させます。

怪我を乗り越えた3年秋に北東北大学リーグ初の完全試合を達成するなど注目を集めます。

制球力にムラがあるものの、球威ある速球にチェンジアップやスライダーと緩急を駆使し三振の山を築きます。

下位指名ながら一軍での活躍が期待される存在です。

育成ドラフト1位:清宮虎多朗

楽天補強2019・清宮虎多朗

生まれ:千葉県八千代市
出身:2000年5月26日
身長:190センチ
体重:85キロ
投打:右投左打
ポジション:投手
最終経歴:八千代松陰高校

190センチの長身から最速145キロの速球を繰り出す右腕、清宮虎多朗。

清宮幸太郎と名前が似ていますが、まったく関係はなく、読み方は「きよみや」ではなく「せいみや」です。

能力の高い長身右腕ということで、3年春には9球団が視察に訪れるなど注目度が高い投手でした。

まだ線が細く、制球力にも課題があることから、しっかり経験を積んで支配下登録を目指したいですね。

育成ドラフト2位:則本佳樹

楽天補強2019・則本佳樹

生まれ:滋賀県多賀町
出身:1994年5月14日
身長:174センチ
体重:76キロ
投打:右投左打
ポジション:投手
最終経歴:山岸ロジスターズ

兄・昂大を彷彿とさせるようなフォームから最速145キロを投げ込む右腕、則本佳樹。

楽天のエースで球界を代表するドクターK、則本昂大は4月年上の兄です。

北大津高校時代は2番手投手、近畿大学では肘の手術で実績がありません。

2016年に誕生した山岸運送の山岸ロジスターズに1期生として入部すると、打たせてとる投球でリリーフとして活躍し、その投球がプロスカウトの目に留まりました。

兄に負けないような気持ちの強さを持っていて、兄弟での投手リレー実現に向け、一日も早く支配下登録を目指します!

プロ野球補強2019【他球団】

【セ・リーグ】
広島カープ補強2019 
ヤクルト補強2019 
巨人補強2019 
横浜DeNA補強2019 
中日補強2019 
阪神補強2019 

【パ・リーグ】
西武補強2019  
ホークス補強2019 
日本ハム補強2019 
オリックス補強2019 
ロッテ補強2019 
 

まとめ

ここまで2019シーズンに向けての楽天イーグルスの補強についてまとめてみました。

2018シーズンは田中和基やオコエ瑠偉が活躍し、さらなるブレイクを予感させます。
投手でも松井裕樹が先発復帰など、楽しみな要素もありますね。

そんな中、ドラフトで目立ったのが左投げ投手の獲得。
4投手中3人が左腕という、大胆な指名をしましたね。
また、ドラフト1位の辰己涼介や、2位の太田光は即戦力としても楽しみな存在です。

2018年はドラフト下位指名のルーキー西巻賢二も活躍しましたから、
下位指名の選手にもチャンスはあるはずですから、
平石監督のもと、まずはAクラス復帰を目指したいですね!