楽天2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回は楽天の新戦力補強について取り上げていきます。

2017シーズンは出だしは好調だった楽天。

FAで岸投手を獲得するなど2013年以来の優勝を期待したファンも多いかと思いますが、ソフトバンクとの戦力の差が改めて実感したシーズンでもあったのではないでしょうか。

ただ、若手選手の台頭が何よりもの収穫ですね。

松井稼頭央選手という精神的な柱も2018シーズンからはいないので、2018年の補強も楽天にとってはかなり重要ポイントとなるでしょう。

そんなわけで、今回は2018シーズンの楽天の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

ご覧ください!

※随時追記していきます。

スポンサーリンク

楽天の2017を振り返って必要な補強ポイントは?

2017年シーズンは序盤から打線が好調で茂木選手、ペゲーロ選手などがチームを引っ張り首位に立っていましたが、徐々に失速し最終的には3位に終わりました。

先発投手は則本が引っ張る形でしたが、二桁勝利を上げた投手は則本以外は美馬のみで、FA移籍でやってきた岸は二桁に到達できず。

高卒ルーキーである藤平のような新しい戦力も台頭してきたものの全体的には先発投手の駒不足は否めない状態でしたね。

松井という絶対的守護神を持ち、それにつなぐリリーフ陣もフル回転の活躍をし、チーム防御率は2位と健闘しましたがソフトバンクの牙城を崩すところまではいきませんでした。

梨田監督は戦力をくまなく使ってゲームを作ることに長けた監督ですが、打線はその特徴を生かし選手をうまく使いきってはいましたが個の能力でソフトバンク西武に及ばなかった面はあるでしょうね。

リリーフ陣の頭数は多く、補強の最優先は先発投手ということになるでしょう。

CHECK!楽天2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

新外国人補強

2018年の新外国人補強はこちら!

オコエ・ディクソン

新外国人外野手としてディクソン選手を補強

2017シーズンに3Aで24本塁打を放ってる右の大砲候補です。

しかもプロ入り後は7年連続で2桁本塁打をマークしており、2017年9月にメジャーデビューもしています。

楽天はディクソン選手を含めて7人の外国人選手となるので外国人枠の問題でウィーラー選手、ペゲーロ選手、アマダー選手がいるので出場機会に恵まれないかもしれませんね。
走力はなく、守備面でも期待できないのでどこまで打撃でアピールできるかがポイントとなるでしょう

渡辺直人(西武を戦力外)

西武を戦力外になった渡辺直人選手が古巣復帰

過去には異例の金銭トレードから2度のトレードを経験してる苦労人

渡辺選手が当時の楽天時代のいいイメージがあるのが獲得の一番の要因なんでしょう。

2年連続パ・リーグ守備率1位の実績がありますし、全ての内野をこなせるのも魅力的なので、守備要員としても大きな戦力になってくれそうですね。

山下斐紹(ソフトバンクからトレード)

ソフトバンクからトレードで山下斐紹選手を獲得

山下選手の持ち味は打撃なので、守備面での向上が現状必要となりそうですが、嶋選手や細川選手といったお手本があるので今回のトレードをきっかけに捕手争いに名乗りを上げてほしいところ

入団当初はドラフト1位で肩も強いので出場のチャンスは大いにあるのかなと。

登録名も”斐紹”から”斐紹”に戻して新天地で飛躍を飾ってほしいですね。

FA補強

FA補強があれば追記していきます。

スポンサーリンク

楽天のドラフト新人選手

楽天イーグルスが2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの10名です!

ドラフト1位・近藤弘樹

近藤弘樹・楽天

生まれ:1995年6月27日
出身:広島県広島市
身長:187cm
体重:92kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:岡山商科大学

清宮幸太郎、村上宗隆と高卒2人を競合で外した末、大卒右腕を指名した楽天。

187センチの高身長から投げ下ろす150キロ超の速球が魅力でカーブやツーシーム、チェンジアップなども操る投手です。

甲子園出場経験もなく無名選手でしたが、大学3年次には日本代表候補でもありました。

地元、広島OBの黒田博樹に憧れているということから、球の勢いよりもキレで勝負するタイプで1年目からローテーション入りが期待されます。

楽天のローテーションは則本、岸、美馬以外はほぼ空白で安樂や藤平などの若手選手に割って入る存在になってほしいですね。

CHECK!近藤弘樹(岡山商科大)のドラフト進路や評価は?球速と球種に出身中学高校も 

ドラフト2位・岩見雅紀

岩見雅紀・楽天

生まれ:1994年7月10日
出身:滋賀県大津市
身長:187cm
体重:110kg
投打:右右
ポジション:外野手
最終経歴:慶應義塾大学

慶應のエルドレッドやバレンティンなど、ついた異名はすべて外国人というパワフルな打撃が持ち味の選手です。

なんといっても魅力は飛距離。ツボにハマれば神宮球場の左翼最上段まで飛ばします。

東京六大学リーグで年間新記録となる12本塁打を放った飛ばし屋は柔軟さも兼ね備えていて、逆方向に放り込む力もあります。

楽天は岡島や聖澤、島内など外野手のレギュラー争いは厳しい状況ですが、パワーを武器に1軍へアピールを続けたいですね。

CHECK!岩見雅紀(慶大)のドラフト進路や評価は?ハーフ?出身中学や守備についても 

ドラフト3位・山崎剛

山崎剛・楽天

生まれ:1995年12月29日
出身:福岡県福岡市
身長:172cm
体重:72kg
投打:右左
ポジション:内野手
最終経歴:国学院大学

巧打好守の小型二塁手。

日章学園時代、甲子園出場はなかったものの巧打には定評があり、大学でも1年次から首位打者を獲得しています。自慢のミート力でリーグ通算打率は.344と高い能力を感じさせます。

守ってもミスが少なく、隙あらば盗塁も敢行できる脚力も備えた選手です。

楽天には守備職人の藤田選手がいますが、世代交代も必要になるため、開幕1軍もありそうですね。

しっかりアピールを続け開幕スタメンを勝ち取りたいですね。

CHECK!山崎剛(国学院大)のドラフト進路や評価は?守備は?出身中学と高校時代も

ドラフト4位・渡辺佑樹

渡辺佑樹・楽天

生まれ:1995年11月8日
出身:山梨県富士吉田市
身長:182cm
体重:82kg
投打:左左
ポジション:投手
経歴:横浜商科大学

しなやかなフォームから140キロ台の直球をコーナーに投げ分ける軟投派の左腕。

これまで、大舞台での経験はありませんが大学3年次には神奈川大学リーグでベストナインに選ばれるなど着実に成長しています。

山梨県出身の渡辺投手。巨人の松本哲也が引退したため、プロ野球界唯一の山梨県出身選手となりました。

スタミナもあり、先発でもロングリリーフでも活躍が期待できそうですね。

ドラフト5位・田中耀飛

田中耀飛・楽天

生まれ:1996年3月5日
出身:大阪府大阪市
身長:181cm
体重:98kg
投打:右右
ポジション:外野手
最終経歴:兵庫ブルーサンダーズ

豪快なスイングが持ち味の右の大砲。

高校時代は甲子園出場もなく、通算18本塁打と無名選手でした。

しかし、元阪神の井川慶が所属していることで知られた独立リーグ・兵庫ブルーサンダースで強打が開花。

2017シーズンは打率.422、15本塁打と大暴れし、スカウトの目に留まりました。

岩見選手との和製大砲コンビとして成長してほしいですが、試合に出続けるためには守備にも磨きをかけないといけませんね。

ドラフト6位・西巻賢二

西巻賢二・楽天

生まれ:1999年4月22日
出身:福島県会津若松市
身長:168cm
体重:68kg
投打:右右
ポジション:内野手
最終経歴:仙台育英高校

地元・仙台育英の小柄な遊撃手。

守備は一級品で、強肩と球際の強さが持ち味です。

また、打撃でも広角に打ち分けるしなやかさを持っていて、3年夏の甲子園では主将として8強進出に貢献。

また、U-18侍ジャパンでは二塁手として出場し抜群の守備としぶとい打撃を見せました。

2学年上にはロッテの平沢大河やオリックスの佐藤世那といった甲子園準Vメンバーがプロ入りしていて、フレッシュオールスターなどでの共演も楽しみですね。

まずはファームで実績を積んでから将来のパリーグを背負う内野手になってほしいです。

ドラフト7位・寺岡寛治

寺岡寛治・楽天

生まれ:1992年12月3日
出身:福岡県粕屋町
身長:180cm
体重:85kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:石川ミリオンスターズ

最速155キロの速球と鋭く曲がるスライダーが持ち味の本格派右腕。

大学時代に怪我をして野手転向をしたものの社外人で投手に再転向。独立リーグ石川ではセットアッパーとして活躍しました。

闘志を全面に押し出した投げっぷりが持ち味で、福山投手とのダブルセットアッパーとしての起用も実現できそうな即戦力です。

育成ドラフト1位・井手亮太郎

井手亮太郎・楽天

生まれ:1996年3月20日
出身:福岡県古賀市
身長:184cm
体重:76kg
投打:右左
ポジション:投手
最終経歴:九州産業大学

高校時代はアンダースローでしたが、大学ではサイドスロー。

140キロ台中盤の球威で打者を圧倒します。

しかし、制球や投球リズムなど不安定な部分が多く、荒れ玉が武器と称すにはまだ早いレベルです。

サイドスローの本格派は貴重ですから、まずは先発中継ぎこだわらずに、安定感のあるフォームで制球を磨き支配下を目指したいですね。

育成ドラフト2位・松本京志郎

松本京志郎・楽天

生まれ:1999年9月21日
出身:福島県
身長:172cm
体重:72kg
投打:右左
ポジション:内野手
最終経歴:光南高校

小柄ながらパンチの効いた打撃が持ち味の内野手。

高校通算31本塁打の長打力がプロのスカウトの目に留まりました。

しかし、実績は不十分ですし、まだまだ体も出来上がってません。
プロの世界でしっかりと体を鍛え、地元ファンのためにも支配下登録を目指しアピールを続けたいところ。

育成ドラフト3位・中村和希

中村 和希・楽天

生まれ:1995年10月26日
出身:大阪府
身長:173cm
体重:75kg
投打:左左
ポジション:外野手
最終経歴:天理大学

ミート力の秀でた打撃センスが光る外野手。

大学時代はDHでの出場が多く、守備能力は未知数ながら、シャープな打撃は支配下に値するレベルだと思います。

ドラフト5位の田中選手は幼馴染ということで、1日でも早く支配下され、同時に一軍デビューを果たしたいでしょうか。西武の森友哉とは大阪桐蔭の同級生。

早く彼にも追いつきたいですね。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで、2018年の楽天の補強選手についてとりあげてみました。

ドラフト補強でいうと1位を2回外したにも関わらず即戦力右腕の近藤弘樹投手、即戦力大砲の岩見雅紀選手の獲得は楽天にとって大きな選手ですね。

茂木選手と島内選手が楽天の生え抜き選手初となる2桁本塁打を達成しましたが、岩見選手も十分その素質があるので、楽天もそろそろ外国人の力を借りずに打線の強化を図れる時代が徐々に近づいています。

とはいえ、楽天がリーグ優勝するにはまだまだ補強が必要になりますので、2018シーズンの優勝は今回の補強選手の活躍が多きなポイントになってくるかもしれませんね。