プロ野球ドラフト2018・西武

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は西武の2018年ドラフト候補となる選手を予想していきます。

2018年こそはソフトバンクを倒してリーグ優勝を狙いたい西武。

主力選手が若手中心となってきてるので黄金期がまた始まってきそうな気配がありますね。

そんな西武のドラフト2018の上位指名候補について紹介して行きますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

菅野秀哉(法政大)

菅野秀哉・法政大
引用元:https://live-sports.yahoo.co.jp/

2017年秋に5勝を挙げた最速150キロ右腕。

スライダー、フォーク、チェンジアップ、ストレートとの球速差が大きい100キロ台のカーブが持ち球です。完投できる力もあり先発として活躍できるスタミナがあります。

西武は投手を補強ポイントとしており、1位候補としてこの菅野選手を挙げていますね。複数球団にもマークされていますので、西武も上位で指名する可能性が高いといえるでしょう。

清水昇(国学院大学)

清水昇・国学院大学
引用元:https://www.nikkansports.com/

高校時代は帝京高校で活躍した選手。

最速150キロのストレートとスライダー、ツーシーム、フォーク、カーブを持ち球とし、特にツーシームはDeNAベイスターズ山崎康選手直伝のボールだそうです。

野上選手が移籍したいま、先発の一角としての活躍が期待されます。

投手補強を掲げる西武が、1位候補として挙げている選手の1人で上位指名が予想される選手ですね。

根尾昴(大阪桐蔭)

2018年高校野球界のスター選手。

打ってもよし投げてもよし守ってもよしと、大きな可能性を持ち合わせている選手ですね。投手としても野手としてもレベルが高いのでどちらを中心にプロでやっていくのか非常に迷うところですね。

西武野手陣は若手が多いので根尾選手の加入によりさらに競争が激化しそうです。

渡辺シニアディレクターは広角に打てると評価しており上位での指名が予想されています。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

東妻勇輔(中央学院大)

智弁和歌山高校出身の最速153キロ投手。

ストレートとスプリットは空振りの取れるボールであり、3年秋には明星大相手にノーヒットノーランを達成するなど投手としてのレベルの高さを感じさせます。

中継ぎでの登板機会もあり、先発中継ぎどちらもこなせる選手。

渡辺シニアディレクターからも注目されており、上位指名が期待されていますね。

万波中正(横浜高校)


コンゴ人の父親を持つ、名門横浜高校の主軸打者。

190センチ90キロと恵まれた体格を持ち、ホームランを量産していますね。浜スタの電光掲示板に弾丸ライナーでぶつけた推定飛距離135メートルのホームランは脅威的でした。投げても147キロを計測するなど身体能力の高さが伺えます。

1年生の頃から渡辺シニアディレクターには目をつけられており、1年時でもドラフトにかかると評価していました。上位での指名が期待されますね。

CHECK!万波中正(横浜高校)の母や父の仕事は?ドラフトや中学時代に彼女についても 

上茶谷大河(東洋大)

伸びのある最速151キロのストレートが武器の選手。

甲子園出場の実績はありませんが、制球力もあり大学で伸びた選手の1人ですね。楽天二軍との練習試合で、自己最速の151キロを計測しプロからの注目をさらに集めるようになりました。

渡辺シニアディレクターは、上位候補、変化球が多彩だと評価しており上位指名が確実視されていますね。

梅津晃大(東洋大)


最速153キロ187センチの高身長投手。

大学進学後の体重増加により球速が大幅にアップし、ストレートは150キロを超え持ち球のフォークも140キロ台を出すなど高レベルの投手に進化しました。

投手不足感のある西武ですので、即戦力となる梅津選手は欲しいところです。

渡辺シニアディレクターはドラフト上位選手と評価しており指名が期待されていますね。

梅津晃大(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と仙台育英時代も 

スポンサーリンク

甲斐野央(東洋大)

2018年4月下旬に158キロをマークし更に注目を集めている選手。

最速144キロの高速スプリットは、プロでも通用するレベルであり大魔神佐々木二世になれる逸材と言われていますね。

絶対的抑えのいない西武ですから、すぐにでも守護神として活躍できるかもしれません。

西武以外にも視察している球団がありますので1位競合する可能性大です。

CHECK!甲斐野央(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と球速と球種も 

鈴木翔天(富士大)

最速149キロ、キレのいいスライダーが武器の選手。

3年次には、八戸工戦で15奪三振の完全試合を達成しています。防御率は1点台と抜群の安定感を誇っており、多数プロ球団から注目を集めている選手でもありますね。

チェンジアップも覚え、投球の幅が広がった鈴木選手ですが上位で競合する可能性があります。

CHECK!甲斐野央(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と球速と球種も 

高橋優貴(八戸学院)


最速152キロ奪三振率の高い東北のドクターK。

3年までの36試合で三振217個、奪三振率11.03と素晴らしい数字を残しています。キレのいいスライダーとフォークが武器であり、伸びのあるストレートも三振が取れるボールですね。

西武は若手左投手不足気味ですから、菊池雄星選手に続く左腕の獲得に高橋選手を上位で指名してくるかもしれません。

CHECK!高橋優貴(八戸学院大)のドラフト進路先は?各球団の評価もチェック 

まとめ

ここまで2018年ドラフトで西武から上位指名されそうな選手をピックアップしてみました。

野上選手が移籍し、牧田選手もメジャーへ飛び、菊池雄星選手が今後メジャー挑戦する可能性が高いので投手の立て直しが必要になってくる西武。

2018年のドラフトは投手中心になってくるでしょう。

これからの動向にも期待したいですね。