プロ野球契約更改・年俸予想2019・西武

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた埼玉西武ライオンズの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみましょう。

2018シーズンの西武は開幕から快進撃が続きましたね。

山川穂高や森友哉など期待のスラッガーが活躍し、レギュラー陣も安定した活躍を見せるなど打線は圧倒的な強さを誇りました。

殆どの主力が現状維持あるいはアップとなるはずです!

一方で投手陣は防御率リーグワーストの数字となってしまい、主力投手陣も納得の大幅アップは無いのでしょうか?

それでも多和田真三郎や野田昇吾らは当然アップとなるでしょうね。

また、メヒア選手、秋山翔吾選手は複数年契約のため除外しています。

10年ぶり8度目のリーグ優勝を果たしたライオンズ、どこまで年俸が高騰するのでしょうか?

スポンサーリンク

山川穂高

2018年の年俸:3240万円
2019年の年俸:???

2018ライオンズの打の主役、山川穂高。

おかわり二世と呼ばれていた山川選手ですが、すっかり西武の4番打者として成長しました。

本塁打数は大台の40を超え、カブレラ以来の50本台到達も視野に入れています。

また、打点も120を越えるなど4番打者として勝負強さを遺憾なく発揮しましたね。

特にソフトバンクとの首位攻防戦においては圧倒的な存在感で勝利を呼び込んできました。

10年ぶりリーグ優勝の立役者として、当然年俸は大幅アップで1億台はおろか5倍以上増の1億8000万から2億も狙えるのでは?

多和田真三郎

2018年の年俸:2600万円
2019年の年俸:???

大きく曲がるスライダーが持ち味の2015年ドラフト1位右腕の多和田真三郎。

山川選手が打のMVPならリーグトップの勝利数を挙げている多和田投手は投のMVPでしょう。

これまでもシーズン終盤においては完封を飾るなど存在感を示していましたが、2018シーズンは開幕からローテーションに定着し勝ち星を積み重ねてきました。

QS率は約5割、防御率も3点台後半と決して満足のいく投球では無かったでしょうが、チーム防御率リーグワーストと苦しむ投手陣の中で栄光の18番を背負い投げ続けたことは評価されるべきでしょう。

7500万から9000万辺りが妥当でしょうか?

最多勝などタイトルを獲得すれば1億台もあり得ますね!

多和田真三郎(西武)の嫁や兄弟は?年俸と球種に中学高校時代も 

浅村栄斗

2018年の年俸:2億1000万円
2019年の年俸:???

若返ったチームをキャプテンとして引っ張る浅村栄斗。

2017年は2年連続のパ・リーグベストナインに選ばれるも、打率.291、19本塁打、99打点と目標の3割30本100打点を達成できず、自ら単年契約を志願し強い想いで2018シーズンに臨みました。

開幕から絶好調の打線の中で、不動の3番打者として積極的なスイングで打点を稼ぎ、自身初の30本塁打、そして打点も目標を大きく越える120と圧巻の成績。

打率も3割を越えるでしょうから、自身の目標そしてリーグ優勝を達成したことですから、3億円台の大幅アップに加え、おそらく複数年契約を結ぶでしょうね。

浅村栄斗はFAで阪神?移籍先は?神代有子との関係や彼女と結婚の噂も 

源田壮亮

2018年の年俸:4100万円
2019年の年俸:???

堅実な守備とスピードを生かした攻撃が持ち味の2017新人王、源田壮亮。

2年目の2018シーズンも不動の2番遊撃手として開幕から安定した活躍を見せましたね。

7月には新人からのフルイニング出場新記録を樹立。

球界のミスターこと長嶋茂雄氏の記録を塗り替え、球史に名を刻みました。

また、成績でも前年を上回る活躍を見せていますね。

ロッテの中村奨吾、日本ハムの西川遥輝と同い年選手との三つ巴となった盗塁王争いも最後まで目が離せませんね。

年俸は間違いなくアップ。

すっかりチームの顔ともなってきたことですし、3年目での1億円台到達も期待できそうです!

源田壮亮(西武)の守備が凄い!彼女や嫁はいる?高校時代についても!

森友哉

2018年の年俸:4000万円
2019年の年俸:???

フルスイングが魅力の若き大砲、森友哉。

2017年は怪我もあって38試合出場にとどまりましたが、2018年は開幕一軍の座を掴むと主にポイントゲッターの6番打者として活躍。

ここ最近減りつつあった捕手としての出場においても、多和田真三郎とバッテリーを組むなど期待通りの活躍を見せたのでは?

当然アップ査定でしょうし、7000万あたりが予想されますね。

野田昇吾

2018年の年俸:1700万円
2019年の年俸:???

小柄ながらキレのあるスライダーを軸に打者を打ち取るリリーフ左腕の野田昇吾。

3年目の2018年は開幕から一軍入りすると、5月まで防御率0点台と安定した成績を残しましたが徐々に痛打される場面が目立つように。

牧田和久やシュリッターが退団しリリーフ陣も手薄となっている中、苦しいマウンドが続きながらも平井克典に次ぐチーム2位の登板でプルペンを支えました。

同郷で高校の先輩でもある杉内俊哉がユニフォームを脱ぎましたが、その背中を追い続ける小柄な投手の今後に注目したいですね。

年俸は3から4倍増が見込まれます。

炭谷銀仁朗

2018年の年俸:1億1000万円
2019年の年俸:???

30歳を超え13年目を迎えた捕手の炭谷銀仁朗。

2018年は開幕から打撃が好調。

5月まで一時打率4割を越えるほどの活躍で絶好調の打線の中で勢いに乗っていましたね。

しかし、その後は調子を大きく落とし森選手にスタメンマスクを奪われることも多くなりました。

結局、打率は2割4分台とそこそこの数字を残したものの、出場数は8年ぶりに100試合を切る◯試合と大きく減少しました。

自身も2008年に優勝を経験していますが、その時の喜びとは打って変わって悔しさの残るシーズンだったでしょう。

当然年俸はダウンでしょうし、1億円台は割ることになるはずです…。

スポンサーリンク

栗山巧

2018年の年俸:1億3000万円
2019年の年俸:???

ライオンズ一筋17年目のベテラン外野手、栗山巧。

2017シーズン同様、勝負所での代打などで存在感を発揮しました。

外崎修汰の離脱時にはスタメンとして出場し、ベテランらしい巧みな打撃でチームの勢いを止めることは許しませんでしたね。

レギュラーだった2008年とは違った形でリーグ優勝に貢献しましたが、成績を見ると年俸はややダウン、最高の形でも現状維持ではないでしょうか?

外野手も生え抜きが育っていますし、若いキャプテンシー溢れる選手も増えてますから、先は長くない選手でしょうね…。

外崎修汰

2018年の年俸:2700万円
2019年の年俸:???

2017年にブレイクした外野手の外崎修汰。

2018年は開幕から絶好調で主に6番打者としてクリーンアップが残した走者を返す役割を果たしていました。

シーズン終盤に怪我で離脱したもののブレイクした前年以上の成績を残し本塁打数を大きく増えるなど長打力も発揮しましたね。

優勝の瞬間を味わえなかった分、ポストシーズンで大暴れの予感ですね。

当然年俸はアップ、怪我で離脱したことを踏まえても7000万くらいは計算できるでしょうか。

平井克典

2018年の年俸:1600万円
2019年の年俸:???

サイドからキレのあるスライダーを投げ込むリリーフ右腕の平井克典。

2017年はルーキーながら42試合にリリーフ登板し、防御率2.40と安定した活躍を見せました。

2年目の2018年はチームトップの◯試合に登板。

防御率リーグワーストのチームで一定以上の活躍を見せました。

ホールド数もチームトップと勝利の方程式の一角を担いましたが、投手陣全体が散々だったのであまり参考になりませんね。

それでもルーキーから2年続けて結果を残していることは評価されるでしょうし、4000万台辺りが妥当でしょうか?

中村剛也

2018年の年俸:2億8000万円
2019年の年俸:???

6度のホームラン王に輝くなど右の長距離砲としてライオンズを長年支えるベテランスラッガー中村剛也。

2017年は打率.217と不振に終わり前年の4億1000万から2億8000万まで年俸がダウンしました。

再び大砲として目を覚ましたい2018年でしたが開幕直後は怪我もあってなかなか成績が伸びませんでした。

それでも得意の夏場に調子を取り戻し8月には12本塁打を放ち月間MVPを獲得するなど、存在感を発揮しました。

ホークスとの首位攻防戦でも勝負強さが出るなどチームに欠かせない存在でしたね。

当然年俸は再びアップでしょうが、年齢的にも複数年契約ではなく単年の2億5000万から2億8000万が相場でしょう。

木村文紀

2018年の年俸:1860万円
2019年の年俸:???

身体能力の高さが売りの外野手木村文紀。

2017年は打撃不振も代走や守備で存在感を発揮し、自身最高の105試合に出場しました。

2018年はレギュラーの座こそ掴めないものの、打撃では少ないチャンスでしっかりと結果を残しました。

しかし、持ち前の長打力を発揮できていない辺りは本人も満足いってないのでは?

よくも悪くも現状維持、もしくは微増の2000万程度でしょう!

榎田大樹

2018年の年俸:2700万円
2019年の年俸:???

阪神でリリーフや先発として活躍したものの伸び悩んでいた左腕の榎田大樹。

2018シーズン開幕直後に岡本洋介とのトレードで西武に加入すると安定しない投手陣の中で存在感を発揮し自身初の二桁勝利をマークするなどブレイクしました。

当然年俸はアップが見込めますし、2019年は貴重な先発左腕としてローテーションの中心として期待されるでしょう!

倍増の5400万が妥当ですね。

高橋光成

2018年の年俸:2150万円
2019年の年俸:???

高身長からストレートと鋭いフォークを投げ下ろす2014ドラフト1位の高橋光成。

4年目の2018年は勝負の年として意気込みましたが、開幕から肩の故障に苦しみ結果を残すことが出来ず終わってみればプロ入り後ワーストの成績となりました。

当然、年俸はダウンとなるでしょう。

ただ、菊池雄星のメジャー挑戦が噂されるなか次期エースとしての期待も乗せていきたいところ。

菊池雄星

2018年の年俸:2億4000万円
2019年の年俸:???

2017年沢村賞の日本人最速左腕、菊池雄星。

2018年は開幕から痛打される場面が多かったものの
打線の援護にも恵まれ高い勝率を誇るエースらしい活躍を見せました。

入団以来勝てていなかったソフトバンクに対して
シーズン終盤でようやく勝利できたこともポストシーズンを戦う中で大きな自信に繋がることでしょう。

その菊池投手、2018オフにメジャー挑戦が噂されていますよね。

もし、球団として残留の条件を出すのであれば4億3年契約などの大型契約を提示するのでは?

涌井秀章、岸孝之、野上亮磨、牧田和久と毎年好投手を流出しているだけに、リーグワースト防御率だったチームにとって菊池雄星は不可欠な存在ですからね。

菊池雄星のメジャー行き条件や評価は?二段モーションは大丈夫?

まとめ

というわけで埼玉西武ライオンズの2019年年俸予想をまとめてみました。

2018年は10年ぶりのリーグ優勝を決めただけあって多くの選手が年俸アップが見込まれます。

特に圧倒的な強さを見せた野手陣は新たに億に突入する選手もいることでしょう。

一方の投手陣は苦渋を飲んだ選手も多いでしょうし、渋い契約更改となる方も多いのでは?

鍵を握るのは菊池雄星。

これ以上生え抜きのエースを失いたくない西武がどんな交渉をするのか注目していきたいです!