西武スタメン予想2020

西武スタメン予想2020!

今回は2020シーズンの西武ライオンズのスタメンオーダーから開幕投手と先発ローテを予想してみました。

パ・リーグ2連覇中の西武。

2019年も強力打線が印象的でしたね。

しかしながら、2年連続クライマックスシリーズでソフトバンクに敗れるなど悔しい思いをしています。

さらに、毎年のように主力がFAなどで流出していて、秋山翔吾選手のメジャー挑戦で2020年も戦力がダウンするでしょう。

それでは、2020年のスタメンオーダーを予想していきます!

スポンサーリンク

【2020年版】西武スタメンオーダー予想

  • 1番:源田宗亮(遊)
  • 2番:外崎修汰(二)
  • 3番:森友哉(捕)
  • 4番:山川穂高(一)
  • 5番:栗山巧(左)
  • 6番:中村剛也(三)
  • 7番:メヒア(指)
  • 8番:木村文紀(右)
  • 9番:金子侑司(中)

不動のセンター秋山選手が抜けましたが、それ以外は2019年と変わりませんから、秋山選手の穴をカバーし合うオーダーになるかと思います。

俊足の源田選手を1番に置き、小技も一発もある外崎選手を2番に置き2019年も大活躍だった森選手、山川選手に繋ぐ形は崩しません。

やはり、山川選手を4番に置き残ったランナーを勝負強い中村選手が還すというのが理想ではないでしょうか?

鍵となるのは5番打者。

辻監督であれば山川選手と中村選手を繋がるような組み方はせず粘り強い打撃が光るベテランの栗山選手を5番でスタメン起用する可能性も高まりますね!

下位打線は変わらずですが、メヒア選手は2020年こそ復活を印象付けたいところです。

金子侑司選手は秋山選手が守り続けたセンターのポジションを、持ち前のスピードで勝ち取るでしょう。

【2020年版】西武の開幕投手はニール!開幕ローテも予想

ソフトバンクの2020年の開幕投手はニール投手と予想します。

ニール投手は来日1年目の2019年に外国人投手最多に並ぶ11連勝を飾るなど活躍し、チーム最多の12勝を挙げました。

卓越したコントロールの持ち主で、大崩れしませんから郭泰源以来25年ぶりの外国人の開幕投手となるのでは?

西武の2020年開幕ローテはこちら

  • ①ニール
  • ②高橋光成
  • ③松本航
  • ④多和田真三郎
  • ⑤今井達也
  • ⑥宮川哲 or 松坂大輔 or 新外国人

2019年のソフトバンクの主な先発投手の成績

  • ニール:12勝1敗/防御率2.87
  • 高橋光:10勝6敗/防御率4.51
  • 今井:7勝9敗/防御率4.32
  • 松本航:7勝4敗/防御率4.54

高橋光投手のブレイクと助っ人のニール投手2人が結果を残した他、ドラフト1位の松本航投手ら若手が奮闘しましたね。

一方で、2018年最多勝の多和田投手は1勝に終わりました。

2019年の原動力は打力はもちろん、投手ではリリーフ陣の踏ん張りが挙げられますね。

2年目に大ブレイクし、侍ジャパンにも選ばれたアンダースローの高橋礼投手は2020年も先発ローテーションを支えてくれることでしょう。

若手を積極的に起用する辻監督ですから、2019年に結果を残した若手投手はもちろん2019年ドラフト1位の宮川投手も1年目からローテーション争いに加わるものと思われます。

また、14年ぶりに古巣に復帰した松坂大輔投手も慣れ親しんだマウンドでもう一花咲かせることを期待しましょう!

確定ポジションとポジション争い

2020年の西武で確定されたポジションはこちら

  • キャッチャー:森
  • ファースト:山川
  • セカンド:外崎
  • サード:中村
  • ショート:源田

強力打線を牽引している内野手陣は2020年もレギュラーは確実でしょう!

若手内野手の山野辺選手や佐藤選手、山田選手がどれだけ戦力になれるかも注目ですね。

2020年ポジション争いになりそうなのがこちら

  • レフト:栗山と金子侑
  • センター:金子侑と福田秀平(FAで獲得の場合)
  • ライト:木村と愛斗

ソフトバンクからFA宣言した福田秀平選手の獲得がポジション争いに大きく関わってくるでしょう。

福田選手が入った場合はセンターに固定したいところですが、ホークス時代もレギュラーだったわけではないので2019年外野手のレギュラーだった金子選手、木村選手に加えベテランの栗山選手、若手の愛斗選手らとポジション争いが激しくなるでしょう。

いずれにしても、秋山選手という大きな柱が抜けましたからチームの中心となれる選手が必要ですね。

まとめ

まとめると2020シーズンのソフトバンクのスタメンオーダーは

  • 1番:源田宗亮(遊)
  • 2番:外崎修汰(二)
  • 3番:森友哉(捕)
  • 4番:山川穂高(一)
  • 5番:栗山巧(左)
  • 6番:中村剛也(三)
  • 7番:メヒア(指)
  • 8番:木村文紀(右)
  • 9番:金子侑司(中)

で、開幕投手はニール投手と予想。

ドラフトでは課題の残る先発投手をしっかり獲得。

当然、即戦力として期待できます。

また、松坂投手の復帰もチームの勢いを後押しすることでしょう。

秋山選手が抜けても、森選手、外崎選手、山川選手、中村選手の4人で2019年120本塁打以上を放っていますから強力打線は変わらずでしょう。

3年連続のパ・リーグ優勝、そして三度目の正直で日本シリーズへ駒を進めたいですね!