西武スタメン予想2019

西武ライオンズスタメン予想2019!

今回は2019年の西武ライオンズの開幕スタメンオーダーを予想してみました。

2018シーズンは開幕から圧倒的な強さを見せた西武。

チーム打率12球団トップの強力打線が機能し、10年ぶりのリーグ優勝に輝きました。

ただ、CSではリーグ2位のソフトバンクに敗れ日本一への挑戦権を手にすることが出来ませんでした。

打倒ホークス!2019年に向けて早くも辻監督はリベンジに燃えます。

しかし、オフにはエースの菊池雄星がメジャー挑戦。捕手の炭谷銀仁朗、2018打点王のスラッガー浅村栄斗が揃ってFA権を行使するなど主力の流出もあり戦力が変わると予想されます。

そんなわけで、2019年の西武ライオンズのスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

西武ライオンズスタメン予想2019

2018年のライオンズ躍進の立役者はなんといっても4番の山川穂高。

全試合で4番として出場し、47本塁打でパ・リーグ本塁打王、リーグ2位の124打点と圧巻の活躍を見せました。

さらに経験豊富な秋山翔吾や浅村栄斗もしっかり成績を残し、源田壮亮や外崎修汰ら若手も安定した結果を残しました。

また、5年目の森友哉が捕手として経験を積み日米野球の日本代表にも選ばれるなど存在感を示しましたね。

浅村、炭谷の穴をどう埋めるのか注目です。

というわけで2019シーズン、西武の開幕スタメンオーダーはこのように予想しました!

  • 1番:外崎修汰(三)
  • 2番:源田壮亮(遊)
  • 3番:秋山翔吾(中)
  • 4番:山川穂高(一)
  • 5番:新外国人(右)
  • 6番:森友哉(捕)
  • 7番:中村剛也(指)
  • 8番:金子一輝(二)
  • 9番:金子侑司(左)

浅村栄斗、炭谷銀仁朗両選手がFA移籍したことを想定し組みました。

もし浅村選手残留となれば、2018年と同じオーダーになるのでは?

ポイントは秋山翔吾を1番から3番に持っていったところです。

不動の3番となった浅村の穴を埋めるにはハイアベレージを残せて、長打力もある秋山選手が適任かと判断しました。

そして1番には思い切りの良い外崎修汰。

2年連続で20盗塁をマークするなどスピードもあり、勝負強さもあります。

2番の源田は不動でしょう。

そして4番は2019年も山川穂高!

開幕から調子に乗っていきたいですね。

そして浅村選手の穴埋めとして重要なのが、強打の新戦力です。

人的補償で実績のある選手を取れれば理想ですが、やはり新外国人が必要でしょう!

そんな中、噂知れるのが台湾・ラミゴの王柏融選手です。

台湾の大王とも呼ばれる2017年三冠王の外野手の獲得となれば5番右翼手として起用したいでしょう。

そして炭谷が抜けるとなると、森選手は捕手として責任感を持ってプレーしつつも、中軸として結果を残さないとなりません。

期待しましょう!

浅村が守っていた二塁手は金子一輝に期待。

2018年にデビュー戦で本塁打を放った期待の若手がレギュラー定着に燃えます。

注目していきましょう!

開幕投手と先発ローテを予想

 
2018年のライオンズは投手陣が苦しみました。
チーム防御率はパ・リーグワーストの4.24ですから。

自身初の最多勝を獲得するなど、1年間ローテーションを守った多和田真三郎も防御率3.81と安定感を欠き、大量失点する場面も目立ちましたね。

そして、2018年開幕投手のエース菊池雄星はポスティングシステムを使ってメジャーリーグに挑戦することとなり、投手陣の立て直しが必要となるでしょう。

2018年の成績からすると、2019年の開幕投手は多和田真三郎の可能性が高いでしょう!

補強もあるかと思いますが、現状では他に相応しい選手がいないかと…

そして先発ローテーションは以下の通りと予想します!

  • 1番手:多和田真三郎
  • 2番手:カスティーヨ
  • 3番手:今井達也
  • 4番手:榎田大樹
  • 5番手:ニール
  • 6番手:松本航

カード初戦となる1,4番目には2018年に二桁勝利を挙げた2人を予想します。

また2018年新加入で7勝を挙げるも、後半は肘の手術で棒に振ったカスティーヨ。

まだ契約は決まっていませんが、2019年も動く速球で打者を翻弄することでしょう!

2018年に一軍デビューし、5勝を挙げた今井達也はさらなる飛躍に期待!

プロ入り後最少の2勝に終わった髙橋光成は、名誉挽回するためにも結果を残したいところ!

齊藤大将、相内誠、郭俊麟などにも期待したいですが、新外国人助っ人やFAの人的補償などにも注目です。

新戦力の1人、191センチの長身右腕のニールはメジャー経験もありローテーション候補として期待されます。

そして、6番手にはドラフト1位の松本航を予想!

1年目からローテーションに定着するでしょうか?

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

それでは2019年にブレイクしそうな選手を予想します!

ここ数年のライオンズ。

山川穂高、外崎修汰、多和田真三郎といった若手選手の突然のブレイクで強いチームを生み出しました。

その3選手に共通することといえば、出身大学!

3人とも富士大学出身で、2018年ドラフトでも新たに富士大の選手が西武から指名されました。

ということで、2019年ブレイクを期待したいのがドラフト7位ルーキーの佐藤龍世

三拍子揃った強打の内野手で、富士大では4番三塁手として活躍していました。

遠投100メートル、50メートル6秒3と身体能力の高い選手です。

また、平昌五輪のスピードスケート女子パシュートで金メダルを獲った佐藤綾乃さんの従兄弟ということでも話題となりました。

西武の三塁手は中村剛也や、外野手と兼任の外崎修汰がいますが、自慢の打撃で結果を残して一軍定着を目指したいですね!

期待しましょう!!

西武ライオンズ予想2019のまとめ

今回は西武ライオンズの2019年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

パ・リーグ連覇、そして日本一への再挑戦に燃える2019年ですが、菊池雄星、炭谷銀仁朗、浅村栄斗と主力を失う恐れもあり、戦力が大きく変わるでしょう。

特に投手陣は改革が必要で、若手の奮起にも期待したいです。

そして、富士大4人目の獅子選手もブレイクしてくれたら嬉しいですね!

注目していきましょう。