西武2018・補強

プロ野球2018!

ということで、西武の新戦力補強について取り上げていきます。

2017シーズンの西武はソフトバンクに13.5ゲーム差をつけられましたが、貯金18は立派な成績ですね。

打線や走力については西武の方が上なので、2018年に向けての優勝も夢じゃない戦力が整っているといえるでしょう。

やはり投手陣が鍵となってくるのかなと。

そんなわけで、今回は2018シーズンの西武の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

それではご覧ください!

※随時追記していきます

スポンサーリンク

西武2017を振り返って必要な補強ポイントは?

2016年まで3年連続Bクラスに終わっていた西武は黄金時代の名二塁手辻監督の下でチーム改革を断行。

見事2位へ躍進をしましたね。

特に打線はチーム本塁打こそソフトバンクに次ぐリーグ2位ですが、チーム打率や出塁率は強力ソフトバンクを上回りその破壊力を見せつけました。

一方投手成績はチーム防御率がソフトバンク、楽天に次ぐ3位と、ここ数年課題とされてきた部分に変わらず課題を残している形で終わっています。

2017年オフはブルペン陣の中心であった牧田投手のFA行使からメジャー移籍が決まりましたし、補強の中心は投手になるものと思われます。

先発投手は菊池雄星投手がかつて怪物といわれたほどのポテンシャルをようやく開花させ16勝を挙げた以外はなんとかやりくりをして救援陣をつぎ込んでゲームを取っていくという試合展開に持ち込まざるを得なかった印象が強いですね。

リリーフ陣は抑えの増田投手、セットアッパーのシュリッターや牧田投手、その他にも武隈投手、野田投手など結果を残した投手が多かったため、一番の補強ポイントはやはり先発投手で、牧田投手のメジャー移籍が決まったことでリリーバーも補強対象といえそうです。

CHECK!西武2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

新外国人補強

2018シーズンの西武の新外国人補強はこちら。

ファビオ・カスティーヨ

西武の新外国人投手にドミニカ共和国出身のカスティーヨ投手を獲得

185センチ、106キロの大型右腕で最速が158キロで常時155キロも計測しているんだとか。
しかもコントロールも良いということで、ドミニカ人特有の独特な投げ方のようなので相手打者は最初の方はタイミング取りにくいかもしれません。

年俸が約1億260万円ということで配置的には野上亮磨投手の穴埋めとして先発としての期待がかかります。

西武のウィークポイントを補強できたのは大きいですね

先発としての長いイニングを投げた実績がないのが心配なところ。

ニール・ワグナー

西武の中継ぎ候補としてワグナー投手を補強

身長183センチ、97キロで最速が159キロということでカスティーヨ投手と同様にパワー型の印象があります。

実績的にはメジャーと3Aの行き来で2014年に右肘の手術をしており、徐々に復活の兆しがあるということで期待されているようですね。

メジャー時代は松井秀喜さんとソフトバンクの川崎宗則選手とプレーしたこともあるんだとか。

肘の状態が不安視されますが、33歳のベテランで牽制やクイックなどもレベルが高く、頭が柔軟な印象がありますのでぜひとも勝ちパターンで起用したいところですね。

FA補強

FA補強があれば追記していきます。

高木勇人(野上亮磨の人的補償)

野上亮磨投手がFAで巨人に移籍して、西武側は人的補償として高木勇人投手を獲得

3年間巨人に在籍した高木勇人投手。

活躍したのは9勝10敗のルーキーイヤーのみではありますが、現在28歳でまだまだ伸びしろがありますし、結果的に西武が得する可能性も大いにあります。

巨人以上に先発登板できる可能性は高いはずですし、怪我から復帰して2018シーズン見事に復活することを期待したいですね。

松井稼頭央(楽天を戦力外)

2003年以来15年ぶりの西武復帰

コーチ兼任ということでプロ野球人生最後の球団として古巣を選んだわけですが、楽天でも愛された選手なので、プロ野球人生で2球団から支持を貰える選手はそういません。

選手としての評価もされており、西武のような将来有望な若手が多いチームにとっては距離感の近いベテランはいんな意味での支えにもなります。

メジャー経験も豊富なベテランがリーグ優勝に大きな戦力となってくれるでしょう

榎田大樹(トレード)

岡本洋介投手との交換トレードで西武に加入

不足していた左の先発を補強したかったのでしょう。

榎田投手は阪神時代ルーキーイヤーはが1番ボールがキレていましたが、手術以降は結果に苦しんでいます。

とはいえ、本来先発向きだったにも関わらずチーム事情から中継ぎに回って見事実績を挙げてますし、細かい制球力を武器に先発でも中継ぎでも使える貴重な左腕として阪神でも常に復活を期待されていた投手。

中継ぎ陣が強力な阪神では登板機会はなかなか出てこないので、今回のトレードは先発として使われる可能性も高いですし本人にとってもチャンスといえるでしょう。

岡本洋介投手は2017年に過去最高成績をおさめているだけに残念に感じたファンも多いでしょうけど、榎田投手の実績を考えたら総合的にみたら五分五分のメリットはあるのかなと印象があります。

スポンサーリンク

西武ライオンズのドラフト新人選手

西武ライオンズの2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの8名です!

ドラフト1位・斎藤大将

斎藤大将・西武
生まれ:1995年6月3日
出身:東京都江戸川区
身長:179cm
体重:72kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:投手
最終経歴:明治大学

外れ1位とはなりましたが、侍ジャパン大学代表でもともと注目度の高かった投手。

左サイドハンドから繰り出す、最速146キロのストレートと右打者のインコース、左打者には逃げていく鋭いスライダーが大きな武器。また、チェンジアップにカットボールも4年生の夏に磨き上げ、さらにピッチングの幅が広がっています。

オリックスと競合し外してしまった田嶋大樹投手と同じ左投手。2017年オフにメジャー移籍が濃厚なエースの菊池雄星投手に穴を埋めるサウスポーとして獲得したのではないでしょうか。

西武ライオンズは若い投手も育っていますが、楽天に移籍した岸投手、そして、菊池投手と中堅どころが次々にチームを離れていますからね。早い段階での1軍デビューが期待されます!

ドラフト2位・西川愛也

西川愛也・西武

生まれ:1999年6月10日
出身:大阪府堺市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
最終経歴:花咲徳栄高校

2017年夏の全国制覇に大きく貢献した、地元埼玉・花咲徳栄高校から獲得した高校野球屈指のヒットメーカー。

でも実はドラフト指名されるかどうか?は疑問視されていました。

それは2年生の春に大胸筋断裂という大けがをしてしまっているからです。甲子園でも西川選手が守るレフトに打球が飛ぶと内野手は、10Mまで近づいて中継プレーを行っていました。

全国制覇を成し遂げた夏の大会でも27打数9安打、10打点と抜群の成績を残していましたが、やはり投げられないプレーヤーを獲得するのはリスクが大きすぎますよね。

でもドラフトで、しかも2位指名ということは西武は怪我が治っている、もしくは治る見込みが高いと予測しているはずです。

ポジションは外野手。西武のセンターには中心打者の秋山選手、レフトには盗塁王獲得経験のある西川選手、ライトには2017年シーズンに二桁本塁打を達成した外崎選手がいますので、レギュラー獲得の道は厳しそうですが、辻監督は、調子の上がらなかったおかわり君こと中村剛選手を4番、またレギュラーから外して上位に浮上した経緯もありますからね。

現レギュラー3人も、調子が下がってしまえば…、辻監督の英断の対象になるかもしれないですね。

CHECK!西川愛也(花咲徳栄)のドラフト進路は?イケメンと評判!彼女や母に出身中学も 

ドラフト3位・伊藤翔

伊藤翔・西武

生まれ:1999年2月10日
出身:千葉県匝瑳市
身長:175cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
最終経歴:徳島インディゴソックス

高校卒業と同時に早期のNPB入りを目指すため、独立リーグ入りを決断した伊藤投手。

高校卒業後、独立リーグ入り、そして1年目にドラフト会議で指名されたのは初めての例ということで、これからのプロ入りを目指す選手の新しい道を作った伊藤投手。

スリークウォーターから繰り出す152キロのストレート。変化球はスライダーにフォーク、ツーシームを持ち球にしています。

徳島インディゴソックス加入1年目にチャンピョンシップには2戦に登板。1戦目で2安打1失点、4戦では3安打完封と、ルーキーながらエース級として活躍しチームを年間総合優勝に導きました。

独立リーグ入りでは華々しい活躍を達成したとはいえ、まだ10代の投手。じっくりと2軍で力をつけて、2~3年後の1軍デビューを目指してほしいですね。

ドラフト4位・平良海馬

平良海馬・西武

生まれ:1999年11月15日
出身:沖縄県石垣市
身長:173cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手
最終経歴:八重山商工高校

173cmと決して大きな身長ではありませんが、2017年高校の春の大会で最速152キロをマークした「琉球の剛腕」とも評された投手をドラフト4位で指名。

豪快なピッチングだけでなく、フィールディングもプロのスカウトから高い評価を得ています。

県大会ベスト8が最高で甲子園出場はありませんが、打撃でも120mと越えるホームラン、またベンチプレスは110キロと、高い身体能力をもってプロの世界に殴りこみ。

沖縄県出身の西武の選手といえば、2017年大ブレイクを果たした、山川穂高選手がいますね。打の山川選手、党の平良選手、コンビで沖縄旋風を巻き起こせば、ライオンズの念願の優勝も近付きそうですね!

ドラフト5位・與座海人

與座海人・西武

生まれ:1995年9月15日
出身:沖縄県浦添市
身長:173cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
最終経歴:岐阜経済大学

ドラフト4位の平良に続く、もう一人の沖縄県出身のプレーヤー。
今ではめずらしくなったアンダースロー投手。

同じ下手投げ投手といえば、西武には牧田投手がいますね。同タイプの実績のある大先輩がいるということは與座投手にとっては心強いのではないでしょうか。

コントロールが良いところや、フィールディングにも定評があるなど、牧田投手との類似点が多い與座投手。同チームに二人のサイドハンドがいるのは非常に珍しいので、「アンダースローリレー」が西武ドームで今後、見られるかもしれませんね!

ドラフト6位・綱島龍生

綱島龍生・西武

生まれ:2000年1月21日
出身:新潟県糸魚川市
身長:173cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:遊撃手
最終経歴:糸魚川白嶺高

50Mは6秒00、遠投も110m。決して恵まれた体格ではありませんが、俊足強肩のショートストップ。そして打撃もパンチ力があり、甲子園経験はありませんが、まさに高素材といった選手。

西武ライオンズのショートには2017年ブレイクした源田選手がレギュラーの座をがっちりキープ。綱島選手は2~3年はじっくりと身体をつくり、下地が整ってから、源田選手に挑戦といったところでしょうか。

少し守備が厳しくなってきたおかわり君こと中村選手が指名打者に入れば、守備の負担を減らすためにキャプテンの浅村選手がサード、というコンバートが行われれば、綱島選手がセカンド・・・、というチームとしての動きも見せれるかもしれませんね。

育成ドラフト1位・高木渉

高木渉・西武

生まれ:1999年12月6日
出身:福岡県朝倉市
身長:180cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手
最終経歴:真颯館高校

甲子園経験こそありませんが、プロの複数球団から注目を浴びていた高木選手。育成での西武入団となりました。

高校では投手兼外野手として活躍。最後の甲子園予選では、打率.167と低迷しましたが、プロのスカウトが見守る試合では推定125mのホームランを放つなどアピール。

西武ライオンズは右打者では、中村選手、浅村選手、山川選手、またはメヒア選手とスラッガータイプが揃っていますが、左のアーチストタイプの打者が少ないですからね。自慢の長打力を発揮すれば、支配下選手登録も見えるかもしれませんね。

育成ドラフト2位・齊藤誠人

齊藤誠人・西武

生まれ:1995年8月7日
出身:北海道札幌市
身長:180cm
体重:86kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:捕手
最終経歴:北海道教育大岩見沢

北の大地北海道から指名された齊藤選手。プロのスカウトからは「インサイドワーク」が注目された頭脳派捕手のようです。

北海道の国立大学からは初のドラフト指名選手となり、その点でも注目されています。

大学4年館はⅡ部リーグでプレーしていましたが、悲願のプロ入りを果たしました。

同じ右投げ左打ちの捕手には森選手、そして、レギュラー捕手には炭谷選手、岡田選手がおり、高い壁にはなります。

しかし、ソフトバンクの甲斐捕手は同じ育成出身として今年ブレイクを果たしていますので、斎藤選手にとっても大きな希望になるはずです。まずは早期の支配下登録を目指してほしいですね。

松井稼頭央が復帰

楽天を退団になった松井稼頭央選手が15年ぶりに西武に復活が決まりましたね。

西武には成長著しい若手が多いのでさらに松井選手が加入することで良いお手本ができるのは西武にとっては大きな戦力となるのではないでしょうか?

おそらく代打要員での出番となると思いますが、背番号7が空いてるということで、球団側も松井選手のために用意してるとのことなのでやっぱり松井は7番が似合う男ですね。

ベンチにいるだけで戦力となる選手なので、いろんな意味での活躍に期待したいです!

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

以上、ここまで2018年に向けての西武の新戦力についてまとめてみました。

ドラフトに関しては1位指名を外したとはいえ、即戦力左腕の齋藤大将投手で補強できたのは大きかったかなと思われます。

バランスのよい指名になった2017年の西武のドラフト、辻監督の指揮で2位に躍進と確実に結果が出ていますので、悲願のV奪還の切り札となる存在に、早く成長してほしいですね。

脅威打線から投手陣を補強することで、ソフトバンクに匹敵するだけの戦力となるので、2008年以来の優勝も現実的なので期待できるのではないでしょうか?

今回補強された選手の飛躍に期待しています。