西武トレード2018予想

プロ野球トレード予想2018!

ということで、今回は2018シーズン西武からトレードされそうな選手を予想していきます。

2017シーズンの西武といえば炎獅子ユニフォームでの快進撃。

夏場の大型連勝で一気に貯金を作りシーズン2位でした。

戦力としてはエース岸孝之が楽天に移籍し、投手陣に不安が残りましたが8年目の菊池雄星がついに覚醒。

16勝を挙げ防御率1.97の成績で二冠に輝きました。

そのほか若手の日本代表にも選出された多和田真三郎や山川穂高、そしてルーキーの源田壮亮など若手が台頭しチームを支えました。

ただ、オフには勝ち頭の野上亮磨、守護神牧田和久が移籍。再び投手陣の立て直しが必要になるでしょう。

そんなわけで2018年シーズンの埼玉西武ライオンズでトレードが予想される選手をまとめてみました。

ご覧ください!

スポンサーリンク

坂田遼

思い切りのいいスイングが持ち味の外野手。

その強打から「左のおかわり」として期待されています。

2年目に8本塁打を放ちブレイクしますが、その後は目立った成績は残せておらず9年間のプロ生活で放った本塁打は21本止まりです。

ただ、2017年は11試合出場ながら打率.438と起用に応え左の代打としてアピールに成功しました。

しかしながらチームの外野手は2017年にブレイクした外崎修汰、不動のセンター秋山翔吾、レギュラー奪取を誓うベテラン栗山巧など名だたる選手が多く定位置取りは難しいでしょう。

さらに代打の枠も松井稼頭央や木村文紀など強打者がおり、少ないチャンスで結果を残さなければなりません。

ライオンズにとっても左の強打者は不可欠ではあるため、トレードの対象とならないように結果を残していきたいですね。

熊代聖人

内外野どこでも守れるユーティリティプレイヤーの熊代選手。

1年目から一軍に定着すると、2012,2013と2年連続で100試合以上に出場しました。

しかし、打撃面では結果を残せておらず出場機会が激減。

2017年はプロ入り後初めて一軍出場がありませんでした。

ライオンズで内外野守れるユーティリティといえば金子侑司選出ですね。

スピードもありますし、打力もある程度は計算できる上にスイッチヒッターですから。

同じユーティリティで考えるとやはり打力で劣る熊代選手は厳しいのでは?

とはいえ、2018年はキャンプからしっかりアピールしオープン戦にも出場していますから今季に懸ける強い想いを見せて欲しいですね。

永江恭平

堅実な守備が魅力の内野手、永江選手。

高卒1年目から一軍で遊撃手として起用されるなどレギュラー候補として期待されていました。

しかし、打力不足でレギュラー定着とはならずに金子侑司や渡辺直人などとの併用が続きましたね。

そんな中、彗星のごとく現れたのが2016年ドラフト3位の源田壮亮。

2017年、遊撃手としてフル出場を果たし文句なしの新人王。レギュラーの地位を確立しました。

さらにはベテラン松井稼頭央がライオンズに復帰。

経験豊富でどこでも守れることから、永江選手にとっては危機でしょう。

ただ、永江選手の守備力はライオンズにとって欠かせないものでしょうし、若い内野手が欲しい球団も多いでしょう。

2018年は打撃面でも結果を残し生き残りへ繋ぎたいですね。

岡本洋介

入団1年目から先発や中継ぎとして活躍している技巧派右腕の岡本投手。

これまでは敗戦処理やロングリリーフ、ローテーションの谷間での先発を任されてきましたが目立った成績が残せていません。

しかし、2017年は先発で2年ぶりに勝利を飾ると自身最多の6連勝とライオンズの夏場の躍進に貢献しました。

2018年のライオンズの先発陣はエースの菊池雄星が柱となりますが、菊池以外で勝利が計算できるのはウルフ、高木勇人のみで多和田真三郎、高橋光成、カスティーヨとまだまだ経験不足な投手が多いです。

当然、岡本投手には先発投手としての役割が求められるでしょう。

しかし、結果がついてこないともなればライオンズに不足している左投手とのトレード要員になる可能性もありますね…

追記:阪神の榎田投手とトレード成立

福倉健太郎

150キロ近い速球と100キロ台のスローカーブの緩急が持ち味の中継ぎ右腕。

2017年は18イニングで被本塁打5とコントロールの甘さが露呈されました。

5年目となる2018年は当然プロ初勝利が欲しいところだと思いますが、決め球の制球力をしっかり磨いて行きたいところですね。

まだまだ実績不十分ということもありますが、やはりライオンズが欲しているのは左投手なのでトレード要員とも考えられます。

それを避けるためにも2018年はリリーフ陣の戦力になりたいでしょう。

他球団のトレード予想2018

>>広島トレード予想2018!<<

>>阪神トレード予想2018!<<

>>横浜DeNAトレード予想2018!<<

>>巨人トレード予想2018!<<

>>中日トレード予想2018!<<

>>ヤクルトトレード予想2018!<<

>>ソフトバンクトレード予想2018!<<

>>楽天トレード予想2018!<<

>>オリックストレード予想2018!<<

>>日本ハムトレード予想2018!<<
 

>>ロッテトレード予想2018!<<

まとめ

以上、2018の西武ライオンズのトレード予想をしてみました。

ライオンズに必要なのはやはり投手。
特に先発は枚数が足りておらず左も不足していますね。

今回名前を挙げたトレード予想選手はあくまでも主観ですが、
しっかりと一軍で結果を残せるように期待したいですよね。

2008年以来のリーグ優勝、日本一に向けて戦力をどう動かしていくのかも目が離せませんね。