プロ野球ドラフト2018・ソフトバンク

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年ソフトバンクホークスのドラフト候補となる選手を予想していきます。

昨年前半は出遅れた感がありましたが、終わってみればぶっちぎりのリーグ優勝に加え、日本一にも輝いたソフトバンク。
投手野手共に、計算のできる選手が揃い選手層の厚さは12球団随一だと思います。

しかし、その一方でレギュラー陣の高齢化も進んできていますね。将来に向けて強いソフトバンクを保つには、若手の補強育成が不可欠です。

そんなわけで今回はソフトバンクの2018ドラフト候補について注目していきます。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

根尾昴(大阪桐蔭)


二刀流大谷翔平を超える三刀流、2018ドラフトの目玉。

投手野手どちらもこなせて、将来的な可能性が大きな選手ですね。最速148キロ、スライダーカーブチェンジアップを操る器用さと広角に長打を打てるパワーも持ち合わせています。

ソフトバンクは1位候補としてリストアップしているようで、永井智浩編成育成部長兼スカウト室長は、どのポジションでも魅力的と評価していますね。

レギュラー陣はほぼ確定されているソフトバンクですが、高年齢化してきていますので次世代の野手として獲得可能性があります。

上位指名は間違いないでしょう。

小園海斗(報徳学園)

センス溢れる超高校級遊撃手。

高い打撃技術で、1年春から1番打者を務めていました。50メートル5.8秒の俊足に加え、高校通算ホームラン30本近く放っているパワーは驚異的ですね。グラブさばきにも定評があり、プロでも通用する力があります。

将来的には、二塁手に挑戦して今宮選手と二遊間を組むのも面白いですね。

小園選手もドラフト1位候補でリストアップされているようなので期待値は大きいです。

太田椋(天理)


強豪天理高校で1年からレギュラーを張る選手。

中学時代からプロに注目されており、U15代表として国際試合も経験しているそうです。高校通算ホームラン18本のパワーと安定した送球と動きの良い守備は定評があります。

右の強打者ということで、松田選手や内川選手から学ぶことができて成長につながるかもしれませんね。

ドラフト1位候補としてリストアップされているそうなので、上位指名の可能性が高い選手ですね。

富山凌雅(トヨタ自動車)


最速147キロ左腕。

スライダー、カーブ、チェンジアップが持ち球で特にツーシームは右打者の外角で沈むような軌道を描く厄介なボールです。内角を強気に攻めるコントロールもある選手ですね。14人家族の三男であり甲子園でも注目された過去があります。

山崎スカウトは、視察した試合でドラフト候補と言える投球を見せてくれたと評価しており上位での指名が期待されていますね。

頓宮裕真(亜大)

182センチ98キロと恵まれた体格の選手。

高校通算ホームランは24本とパンチ力のあるバッターで、大学でも6本のホームランを放っていますね。長打の打てるパンチ力のある捕手と言えば、ホークスOBの城島選手ですができればそこを目指してやって欲しいです。

強肩であり捕手としてのメンタルも評価されており、宮田スカウトは大学NO1打者と評価するなど打てる捕手としての評価が高いです。

ソフトバンクには甲斐選手がいますが頓宮選手の加入は甲斐選手にとっては良いプレッシャーになるのではないでしょうか。

期待も込めての上位指名予想ですね。

東妻勇輔(日体大)

小柄ながら力強い投球が持ち味。

最速153キロの速球を武器に、2種類のスライダーとスプリットとカーブを操ります。特にスライダーは、プロのスカウトから評価されておりプロ相手にも臆することのない投球も見せてくれています。

宮田スカウトチーフ補佐は、スプリットで奥行きが使える選手でありドラフト候補であると評価されており指名が期待されます。

中継ぎは少し不足気味なので1年目から活躍のチャンスがありますね。

高橋優貴(八戸学院)


奪三振率11.03を誇る八戸のドクターK。

左投げで最速152キロというスピードを出す選手はなかなかいないので、即戦力として活躍できる可能性が高いですね。スライダーフォークチェンジアップを使いこなし伸びのあるストレートで相手バッターを三振にとる姿は、将来性を感じさせてくれます。

作山チーフスカウトは、ボールの質は左腕の中でもトップクラスと評価しています。左投手で先発が少ないソフトバンクですから指名してくる可能性はあり

スポンサーリンク

甲斐野央(東洋大)


最速157キロは圧巻。

快速球に加え130キロ台のフォークに100キロ台のカーブはストレートとのっ球速差が約50キロ近くと半端ない緩急です。ツーシームやスライダーもあり即戦力として活躍できる能力を持っています。

ソフトバンクには守護神サファテがいますが、将来的な守護神候補として考えてもいいかもしれません。もちろん先発でも十分通用します。

ここ最近は1位で投手を取っていますので、今回は甲斐野選手が1位かもしれません。

CHECK!甲斐野央(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と球速と球種も 

梅津晃大(東洋大)

東洋大学進学後体重を10キロ以上増やし、球速も10キロ以上伸びた選手。

常時145キロから150キロ前後のストレートとスライダー、140前後のフォークそのほかカーブも操る投手です。ストレート主体の投球スタイルで、懐をついて外のスライダーで翻弄したりしますね。

宮田スカウトは、ボールがうなっているし未完成だが上位候補と評価されていて1位での指名が期待されています。

藤原恭大(大阪桐蔭)

走攻守揃った超高校生級外野手。

ミート力もある上に、足も速く、さらにはパワーもある阪神糸井選手のような身体能力の高い選手ですね。50メートル5.7秒は圧巻の数値であり、トリプルスリーも達成できるような能力の持ち主です。

フロントからも、足が速いうえにバットが振れる選手と評価しており注目されていますね。今年から4番も任され進化が止まらない高校生です。

外野のレギュラー争いは大変そうですが、未来のソフトバンクの中心選手となりえる選手だと思いますので上位で予想します。

まとめ

いかがでしたか。高齢化の波が迫っているソフトバンク。今後も常勝軍団でいるには、長期的な育成と野手の若返りにあります。そー言ったところから今年のドラフトもとても重要なのでこれからも注目してみてください。