プロ野球契約更改・年俸予想2019・ソフトバンク

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた福岡ソフトバンクホークスの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみましょう。

2018シーズンのソフトバンクは主力の怪我が相次いだため、連覇どころか一時勝率が5割を切るなど前年日本一のチームとは程遠い苦戦を強いられました。

それでも層の厚さでも日本一。

主力の不在をカバーするニューフェイスの存在もあったため、多くの若手が年俸アップが予想できるのでは?

また、サファテ投手、バンデンハーク投手、モイネロ投手、柳田悠岐選手、内川聖一選手、松田宣浩選手、デスパイネ選手、明石健志選手、川島慶三選手は複数年契約のため除外しています。

新たに1億円プレイヤーは現れるのでしょうか?

注目です!

スポンサーリンク

森唯斗

2018年の年俸:1億3000万円
2019年の年俸:???

入団1年目から4年連続で50試合以上登板の鉄腕リリーバー森唯斗。

2018年も勝利の方程式の一角としてシーズンに臨みましたが、序盤で守護神サファテが離脱するとクローザーを任されるようになります。

当初は9回という雰囲気に飲み込まれ、自滅したり打ち込まれることもあり不安定な成績でしたが徐々に本来の安定感を取り戻し、5年連続の50試合以上登板も達成するなどチームに欠かせない存在となりましたね。

先発投手が苦しみ、リリーフに負担がかかったこともあり大幅アップも望めるのでは?

最低でも3000万増、あわよくば2億円台も狙えるでしょう。

賛否両論ありますが、1年間一軍で投げ続けたことは評価に値しますから。

千賀滉大

2018年の年俸:1億2500万円
2019年の年俸:???

2017年はWBCベストナインに始まり、勝率トップで自身初のタイトルも獲得した千賀滉大。

2018年は序盤から故障などもあり先発ローテーションに定着できないなど不安要素もありましたが、8月に月間MVPに選ばれるなどチームにとって大事な時期で頼もしい活躍を見せました。

ただ、首位西武戦でKOされるなど物足りなさもあり、規定投球回をクリア出来ませんでした。

しかしながら3年連続の二桁勝利を果たすなど結果は残せているだけに最低でも現状維持、わずかにアップする可能性もありますね。

今宮健太

2018年の年俸:2億2000万円
2019年の年俸:???

5年連続でゴールデングラブに輝くなど好守で魅せる不動の遊撃手、今宮健太。

2018シーズンも2番ショートは揺るがないものかと思いましたが、6月に肘の故障で離脱すると、その後復帰したものの大事な終盤戦に再び怪我します。

それでも3年連続の二桁本塁打を放つなど、要所でバットでも存在感を発揮しました。

ただ、出場数はレギュラー定着後最少になると思われ、良くて現状維持。

数千万円の減俸が予想されますね。

1億円8000万〜2億あたりが妥当では?

甲斐拓也

2018年の年俸:4000万円
2019年の年俸:???

強肩自慢の育成出身捕手で2017年にブレイクした甲斐拓也。

2018年も正捕手として活躍し、ベストナインに選ばれた前年を上回る出場数で安打数、打点、本塁打ともにキャリアハイの成績となりました。

2018シーズンもベストナイン、ゴールデングラブ受賞の可能性が高いですから年俸も大きくアップするでしょう。

投手陣の故障が多い中、女房役として多くの投手をリードしたことも評価できますよね。

ただ、先発陣をうまく引っ張れなかったという見方もあるのでは…?

1.5倍の6000万〜倍額の8000万辺りになると予想できます。

甲斐拓也(ソフトバンク)の彼女や結婚の噂は?強肩で年俸や高校時代も

上林誠知

2018年の年俸:3500万円
2019年の年俸:???

強肩をいかした守備とパンチ力ある打撃でレギュラーに定着した上林誠知。

開幕からスタメンに名を連ねると、ブレイクした2017シーズン以上の活躍を残し本塁打は20本を超えるなど要所での一発も印象的でしたね。

好不調の波が激しく、1番から9番まで様々な打順で起用されるなど激動のシーズンでしたが、それでも1年間レギュラーを死守したこともあり、年俸は6000万〜倍額の7000万まで跳ね上がる可能性が高いです。

2019シーズンは安定して打率.280位残せる選手になりたいですね…。

上林誠知の彼女や嫁は?韓国のハーフ?弟や鈴木誠也との仲についても 

東浜巨

2018年の年俸:9000万円
2019年の年俸:???

2017年に最多勝を獲得し新エースとして頭角を現した2012年ドラフト1位右腕の東浜巨。

2018シーズンも勝ち頭として期待されましたが、毎試合のように大事な場面で本塁打を浴び、1勝5敗という散々な成績のまま5月下旬に故障で離脱。

その後8月に復帰し勝ち星を積み重ねるも、2017のような頼もしさもなく、長いイニング見守るのが心配だったファンも多いのでは?

当然減俸となるでしょう。

減額ラインとしては20パーセント減の7200万円辺りでしょうか?

限度額の25パーセント減という厳しい査定となる可能性もあり得ますが…。

東浜巨の彼女や結婚の噂は?覚醒で年俸も調査!兄弟や高校時代についても 

武田翔太

2018年の年俸:9000万円
2019年の年俸:???

2017年は右肩の故障もあって、13試合の登板に留まり25パーセントの大幅減を味わった武田翔太。

背番号を18に変更して強い想いで臨んだ2018シーズンでしたが、制球が安定せずに大きく負け越しました。

3完封と存在感を発揮したものの、中盤に打ち込まれる場面が多く入団後ワーストの防御率4点台と散々な結果に終わりました。

リリーフ起用や、プロ初セーブを挙げるなど手探りで調子を取り戻そうとしましたがかつてのような投球は見せられず、前年同様に大幅減俸が見込まれます。

限度額の25パーセント減の6750万もしくはそれ以上の減額も覚悟すべきでしょうか。

石川柊太

2018年の年俸:3000万円
2019年の年俸:???

大きく曲がるカーブを武器に2017年ブレイクした育成出身右腕の石川柊太。

2018年は開幕リリーフスタートも先発陣の故障が相次いだことからローテーションの座を掴むと、
前半戦だけで8勝するなどチームの勝ち頭となります。

後半戦は再びリリーフ起用が増えましたが、ロングリリーフもこなせるとあって勝ち星を積み重ねることができ、自身初の二桁勝利を挙げるなど結果を残しましたね。

前年は6倍と跳ね上がりましたが、2018オフの契約更改でもうまくいけば倍増、最低でも2000万増の5000万は見込めるのでは?

石川柊太の彼女や結婚の噂は?パワーカーブが評判で球種や年俸推移についても 

中村晃

2018年の年俸:1億6000万円
2019年の年俸:???

ホークスが誇る安打製造機の中村晃。

2018シーズンもリードオフマンからポイントゲッターまで様々な役割が期待されましたが、シーズン序盤に怪我で登録抹消。

それでも巧みなバットコントロールは健在で5月まで打率3割以上をキープしていましたが、交流戦で打率を落とし3割を切ってしまいました。

ただ、自身初の二桁本塁打を放つなど、かつて超高校級スラッガーだった長打力を発揮し大事な場面で存在感を発揮しましたね。

フル出場は果たせませんでしたが、コツコツと結果を残しているので最低限は現状維持。

出来高払いによって数百万から数千万アップも望めるのでは?

またしても交渉を北村弁護士に依頼するのか?

その辺りも注目ですね。

スポンサーリンク

福田秀平

2018年の年俸:2800万円
2019年の年俸:???

意外性ある一打とファインプレーで魅せる鷹の韋駄天・福田秀平。

2017年は守備固めや代走を中心に常に一軍に帯同し、自身最多の104試合に出場しましたが、怪我人が多い2018年は代役として活躍。

出場試合数こそ大きく増えてはいないものの、一発が欲しい場面で長打を放つなど一定以上の活躍は見せていますね。

当然、大きなアップは望めないでしょうが、3500万〜4000万くらいには増えるのではないでしょうか?

牧原大成

2018年の年俸:1200万円
2019年の年俸:???

俊足をいかした守備と走塁が売りのマルチプレイヤー牧原大成。

2018年は曽根海成(後に広島へトレード)や川瀬晃ら同じタイプの若手内野手が一軍を経験したため、一軍合流は7月となりました。

それでも積極的な打撃とファインプレー連発の守備で活躍し1番二塁手のレギュラーに定着しました。

出場数は当然ながら打撃成績はすべてにおいてキャリアハイの成績を残し、プロ初本塁打を含む3本塁打を放つなど意外性も見せつけました。

育成あがりとあって、年俸は高くありませんが、倍増はおろか、3〜4倍アップの可能性もありますね!

和田毅

2018年の年俸:4億円
2019年の年俸:???

メジャー復帰1年目の2016年に最多勝を獲得しているホークス左のエース和田毅。

2017年は手術の影響もあり4勝どまりで、3年契約最終年の2018シーズンも開幕前に故障し一軍復帰の目処が立っていません。

2018年は中日に移籍した松坂大輔が復活し話題となった一方で、BCリーグの村田修一、かつての同僚で巨人の杉内俊哉など多くの同世代がユニフォームを脱ぐ決意をしました。

和田投手自身も引退やコーチ兼任などが噂されていますが、もし現役続行となれば年俸は大きく下がるでしょう。

杉内投手も2015オフに5億円から5000万円までダウンしましたし、間違いなく1億円台は悪でしょう。

よくて8〜9000万円程度でしょうか?

長谷川勇也

2018年の年俸:2億万円
2019年の年俸:???

いぶし銀の活躍を見せる打撃職人の長谷川勇也。

2017年オフに右足首の手術をし、3年契約最終年の2018シーズンはリハビリスタートとなりました。

それでも故障者相次ぐ一軍から召集がかかると、6月に1年ぶりとなる安打を放ちます。

その後は勝負所での代打や指名打者でのスタメン出場でしっかり結果を残しベテランらしい活躍を見せ欠かせない存在となりました。

しかし、かつてのようにどんなコースでも捌ける安心感はなく2億円プレイヤーとしては物足りない存在です。

恐らく年俸はダウンでしょうが、1億円台はキープしておきたいところですね。

岩嵜翔

2018年の年俸:1億3000万円
2019年の年俸:???

リリーフ転向で才能を開花させた豪腕右腕の岩嵜翔。

2017年は72試合登板、46ホールドポイントでともに球団記録を樹立。

セットアッパーとして大活躍し年俸6200万から1億3000万まで大幅アップしました。

2018シーズンも開幕からセットアッパーとして期待されましたが、シーズン序盤に肘の故障で登録抹消され、その後一軍復帰とはなりませんでした。

手術を受け、後半戦には復帰する可能性もありましたが、あせらずじっくりリハビリして2019以降再び活躍して欲しいですよね。

当然ダウンとはなりますが、貴重なリリーバーですし3000万減の1億円辺りで1億円台を割ることはないかと思われます。

加治屋蓮

2018年の年俸:1000万円
2019年の年俸:???

長身から力強いボールを投げ込む2013ドラフト1位右腕の加治屋蓮。

まずはプロ1勝をと臨んだ2018シーズンにリリーフとしてブレイク。

プロ初勝利も挙げるなど勝利の方程式として活躍しました。

自身初のオールスター出場を果たすなど、一流の選手たちと肩を並べるようになってきましたね。

サファテ、岩嵜翔のリリーフ陣が離脱する中、決して彼らのような抜群な安定感はありませんてしたが、我慢強く投げ続けたことから年俸も大幅にアップするはずです。

ただ、あくまでもまた実働1年ですからね。

最高でも4000万辺りが妥当でしょう。

加治屋蓮の嫁や子供は?評価や年俸はどう?ハーフって噂に父と母についても 

まとめ

というわけで福岡ソフトバンクホークスの2019年年俸予想をまとめてみました。

2018年は故障、不調と散々で大幅ダウン覚悟の主力も多いのでは?と思われましたが、複数年契約している選手も多いことから大幅ダウンが予想されるのは複数年契約が満了する和田毅、長谷川勇也辺りでしょう。

一方で主力が離脱する中、新たに活躍する選手も多く、彼らの年俸大幅アップにも注目していきたいです!

最後まで目が離せませんね。