プロ野球補強ポイント2019・ソフトバンク

プロ野球補強ポイント2019!

ということで今回は2019年に向けたソフトバンクホークスの補強ポイントを考察していきます。

パ・リーグの常勝軍団のソフトバンク。

圧倒的な強さで日本一に輝いた2017年から戦力はほとんど変わらずに2018年も独走と開幕前から言われていましたね。

しかし、シーズン中はサファテ、岩嵜翔、内川聖一など主力が怪我に見舞われると、ここぞとばかりに新戦力が活躍。

苦しい戦いが続きながらもシーズン2位と踏ん張りを見せました。

そこで、2019シーズンに向けてどんな補強が必要となるか?

ポジション別に考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【投手】

2018年の主力投手

先発
・千賀滉大
・バンデンハーク
・ミランダ
・東浜巨

先発兼中継ぎ
・石川柊太
・武田翔太
・大竹耕太郎

中継ぎ
・加治屋蓮
・モイネロ
・嘉弥真新也

抑え
・森唯斗

2018年のソフトバンクで最も苦しんだのは投手陣。

リーグナンバーワンの呼び声高い投手陣もセットアッパーの岩嵜翔、絶対的守護神サファテがいずれも故障で離脱しました。

最も飛躍したのは守護神に抜擢された森唯斗と8回の男・加治屋蓮。

森は気迫あふれる投球でセーブ王のタイトルを受賞、加治屋は前年の岩嵜翔に並ぶ72試合に登板するなど存在感を示しました。

さらに先発でもバンデンハークや東浜巨の不調も大きかったですが、ロングリリーフもできる石川柊太、途中加入のミランダ、育成出身ルーキー大竹耕太郎の活躍もあって踏ん張りました。

とにかく層が厚い!

そう印象づけた投手陣ですから、まだまだ若い選手もいることですし補強は急務ではないでしょう。

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【捕手】

2018年の主力捕手
・甲斐拓也
・高谷裕亮

続いては捕手。

2017年にブレイクした甲斐拓也が正捕手として133試合に出場しました。

2018年も盗塁阻止率はナンバーワンと強肩ぶりは健在。

まだ20代中盤ですから暫くは安泰でしょう。

サブキャッチャーとしてはベテランの高谷裕亮が要所で存在感を示しましたが、2019年は37歳で開幕を迎えることもあり後継者を育てていきたいところ。

そういう意味では2018シーズン中に日本ハムから加入した市川友也は頼もしい存在です。

若手も栗原陵矢や九鬼隆平が経験を積んでいますから捕手も補強を急ぐ必要ないですね。

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【一塁手】

2018年の主力一塁手
・内川聖一
・中村晃

2018年は不動の主軸内川聖一が死球や自打球、疲労などで何度も登録抹消されるなどシーズン通して活躍することが出来ませんでした。

その穴埋めをしたのが打撃職人の中村晃。

本来は外野手ですが、前年からも終盤には一塁守備につくことも多く実績はあります。

デスパイネやグラシアルなどが左翼手、指名打者となるため中村選手の存在は攻守にわたって貴重でしたね!

内川選手も年齢的にそろそろ厳しいので代わりとなる大型一塁手を補強するなど必要となってくるでしょう!

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【二塁手】

2018年の主力二塁手
・牧原大成
・明石健志
・川島慶三

2018年のソフトバンクの中で最も多くの選手が守ったポジションが二塁手ではないでしょうか?

開幕時は引退の本多雄一と川島慶三の併用でしたが、本多雄一が不調で二軍落ちするとマルチプレイヤーの明石健志や髙田知季と活躍します。

そして7月に一軍に合流した牧原大成が大当たり。

育成上がりの8年目内野手は課題だった打撃面でアピールに成功し、1番二塁手のレギュラーに定着。

9月に怪我で離脱するまで59試合に出場し、打率.317と貢献したほかプロ初本塁打を放つなど要所では長打もありましたね。

固定できないながらも豊富な戦力で戦い抜いた二塁手。

二遊間を守れる選手が多いことから補強は不要でしょうか。

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【三塁手】

2018年の主力三塁手
・松田宣浩

5年連続ゴールデングラブ受賞中のホークス不動のホットコーナー松田宣浩。

2018年は全143試合に三塁手としてスタメン出場。

交流戦までは打率2割前後と不振でしたね。

夏場に調子をあげたものの打率.248はレギュラー定着後ワーストの成績でした。

一発が期待できるからこそ外せないという気持ちもありますが、ここ10年間ずっとレギュラーですから、年齢的にもそろそろ難しいのでは?

しかし、松田選手を脅かすような存在がいないのも確かで若手は二遊間に集中していることから三塁手の後継者がいません。

今後、常勝軍団として生き残るためにも即戦力の三塁手の補強、そして若手の三塁手も獲得・育成しておきたいところですね。

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【遊撃手】

2018年の主力遊撃手
・今宮健太
・髙田知季
・西田哲朗

遊撃手でも5年連続ゴールデングラブ受賞中の今宮健太がレギュラーを揺るがぬものとしています。

2018年も1,2番遊撃手として開幕から活躍し、要所では長打力も発揮しました。

しかし、長年レギュラーの重責からか、6月中旬に右肘の違和感で登録抹消。

約1カ月後に戦線復帰し活躍を見せましたが大事な終盤戦に今度は左脚の怪我で離脱するなど悔しいシーズンでしたね。

しかし、その穴を埋める層の厚さが持ち味のソフトバンク。

3年目の内野手、川瀬晃が一軍デビューを飾ると楽天からトレード加入の西田哲朗や6年目の高田友季など複数の選手でカバーしました。

特に西田選手はパンチ力ある長打も魅力で内野手あらゆるポジションで出場機会を掴みました。

二塁手同様、複数のポジションをこなす選手が多いことから遊撃手部門も補強はいらないかと思います!

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【左翼手】

2018年の主力左翼手
・中村晃
・グラシアル

2018年のソフトバンクの左翼手は2人が主力として活躍しました。

打撃職人の中村晃と新加入助っ人のグラシアルです。

開幕スタメンを掴んだのは中村選手でしたが、内川聖一、デスパイネの不調があり一塁手に入ることも度々ありましたね。

そのデスパイネや内川の穴埋めとして活躍したのがグラシアル。

内野手登録ながら左翼手のポジションも難なくこなし、打率.292と打線を活気づけましたね。

また交流戦時には柳田悠岐が左翼手に回ったりベテランの長谷川勇也が守ることもありましたね。

ただ、中村選手は左翼手では無失策と堅い守りを見せたほか当然打撃でも中軸として活躍。

しばらくはレギュラー安泰ですし、補強を急ぐ必要はないでしょう。

しかし、将来を見据えて打力が売りの外野手を獲得しておきたいのでは?

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【中翼手】

2018年の主力中堅手
・柳田悠岐
・福田秀平

ソフトバンクのセンターといえば柳田悠岐。

打っては豪快なスイングで柵越えを連発し、守っても広い守備範囲と強肩が自慢の選手です。

2018年も不動の3番センターとして開幕から活躍していましたが、内川選手の離脱後は4番を任されるようになります。

交流戦時には右翼手の上林誠知がセンターに回り、柳田選手は左翼手や右翼手を守る時もありましたが不動のレギュラーとして打率.352を残し首位打者。

自身初の100打点も達成しました!

ただ、自打球などによる怪我にも見舞われスタメンを外れる時には俊足が売りの福田秀平が中堅手として出場。

要所で意外性ある一発を放つなど活躍を見せました。

ブレイクが期待される真砂勇介は怪我もあって一軍で結果を残せませんでしたが、潜在能力は柳田以上とも言われていることから中堅手も補強を急ぐ必要はないかと思います。

2019年ソフトバンクホークスの補強ポイント【右翼手】

2018年の主力右翼手
・上林誠知

2017年にブレイクした外野手、上林誠知が2018年もレギュラーとして活躍。

あらゆる打順を任され激動のシーズンだったとは思いますが、2年連続で補殺数リーグトップとレーザービームでチームを救いました。

打率.270と前年より向上し、本塁打も22本放つなど23歳の若さながらチームに欠かせない存在になりましたね。

調子の波がある選手ではありますが、大きな怪我でもしない限りしばらくレギュラーの座は揺るがないでしょう。

若いですし補強は急務ではなさそうです。

2019年のソフトバンクでもっとも補強すべきポイントは?

というわけで、2019年のソフトバンクの補強ポイントについて2018年のデータをもとにポジションごとに考察してみました。

ソフトバンクがもっとも補強すべきポイントは

・一塁手
・三塁手
・外国人野手

だと思われます。

あれだけの怪我人を出しながらも上手く立て直した投手陣の層の厚さは12球団ナンバーワンでしょうか?

またセンターラインの捕手、二遊間、中堅手に関しても整っていて、特に二遊間は争いが激しくなってますね。

ただ、一塁手と三塁手については内川聖一、松田宣浩の年齢を考えるとそろそろ世代交代すべきかと思います。

しかし、高卒選手をじっくり育てている時間もありませんしトレードで獲得した西田選手のように脂の乗った原石を補強したいところです。

また、左翼手と一塁手どちらも無難にこなせる中村晃の存在も大きく、中軸も担っていることから
外国人野手の補強に関しても積極的に行えるのではないでしょうか?

とにかく、ソフトバンクは戦力層が厚くドラフトでは高卒選手を積極的に指名していることから将来への心配も少ないでしょう。

課題は世代交代のタイミング!といったところですね。