甲斐拓也・ソフトバンク

2016年日本ハムに最大10ゲーム差以上をひっくり返らせるという大逆転優勝を許し、2017シーズンは覇権奪回を目指す福岡ソフトバンクホークス。

分厚い選手層や積極的な補強で常に戦力は上積みされていますね。

しかし、育成選手の育て方もうまい!今回はそんなホークス育成選手出身の星の一人

甲斐拓也選手

についてまとめてみました。

気になる彼女や結婚の噂、また球界随一といわれる強肩!また年俸や評価、そして高校時代についても触れていきます

スポンサーリンク

甲斐拓也の彼女は?結婚してる?

育成契約の星として注目されている甲斐選手。これからさらなる活躍に人生の伴侶は必要です。

まだ若手とはいえ、プロ野球選手はしっかり者の奥さんを早く嫁さんにしなさいなんていわれたりもします。今実際に彼女はいるのでしょうか。

調べてみましたが、彼女の情報はでてきませんでした。

プロ野球選手にもなれば、ましてや人気球団のホークスの一員ともなれば、モテることは間違いないですよね。

だから実際には素敵な彼女がいるのかもしれませんが。

甲斐選手は選手層の厚いホークスで一軍生き残りをかけて必死に戦っているところです。2017シーズンからは特に、やっとベンチ入りメンバーに固定されるようになってきました。

ホークスの「正妻」の座はつかみかけていても、甲斐選手の女房役は未だ未定といったところでしょうか。

将来どんなパートナーを見つけるのか、気になるところですね!

強肩で評判!年俸や評価は?

甲斐選手の最大の評価ポイントはその強肩にあります。

2塁への送球スピードは1秒73。

大体2秒フラットか、2秒を少し切るとキャッチャーとして強肩といわれますから、甲斐選手の送球がいかに驚異的かわかりますよね。

同じ育成枠出身で2017WBCでも大活躍した同じチームの千賀投手が、甲斐選手とキャッチボールをしていて、「俺よりも速い(笑)」なんていうコメントをだしているほど。

盗塁を指すには投手のクイックモーションの技術や牽制の駆け引きなども重要要素といわれています。

それでも全ての投手がそういったテクニックに秀でているとは言えないので、それをカバーする強肩の持ち主のキャッチャーというのは高い評価を受けますよね。

まして 、最近はスモールベースボール全盛で、使用するボールも飛びにくい統一球を使用していますから、長打を多く望めない、単打で得たランナーを一つでも次の塁に進むことのできる盗塁という作戦は、日本のプロ野球においては非常に重要な作戦の一つです。

それを阻止する可能性の高い強肩の捕手はこれからますます、必要とされるので、その条件を満たしている甲斐選手は近年なかなか定まらないホークスの正捕手の座に最も高い可能性を秘めている選手と言えますね。

ただし、リード面においてはまだまだ勉強中というところ。

ベテランの高谷捕手や鶴岡捕手にはまだ一歩リードを許しているといったところでしょうか。

彼らに勝つにはリード面での向上を期待したいところですね。

これには今年からコーチに就任した広島の名捕手、達川光夫ヘッドコーチの力によるところが大きいですね。

勝つ2017シーズンの5月2日、プロ第1号となる逆転の満塁ホームランを甲斐選手が放った際には、達川コーチは眼を赤らめて喜びを語ったとか。

成長を喜び眼をかけている選手なんですね。

打撃面でも確かな進化を見せる甲斐選手ですが、その年俸は2017年現在900万。

追記:2018年⇒年俸4000万円

プロ野球選手の平均年俸が大体、3,000万から4,000万といわれますから、甲斐選手の年俸は、特にまだまだ低い方ではないでしょうか。

しかし、そこは12球団一の年俸総額を2017シーズンもキープしているソフトバンクホークス。

今年は試合出場もどんどん増えていきそうな傾向にありますので、今オフには大幅アップも狙えるのではないでしょうか!年俸でも一流選手の仲間入り!を果たして欲しいですね。

高校時代について

甲斐選手はどんな高校時代を過ごしていたのでしょうか。

出身は大分県の楊志館高校です。

2007年には甲子園でベスト8に入っていて、野球部も強いみたいです。

それまでは内野手だった甲斐選手ですが、高校で捕手に転向します。

自らの意思?監督の推薦?どちらなのかはわからないのですが、どちらにしても、育成とはいえプロ入りを果たせたわけですから、甲斐選手にとって最適なポジションであったことは間違いありませんね。

甲斐選手の代では、残念ながら甲子園出場を果たすことはできなかったようですが、それを阻んだのが、現在のチームメートである今宮健太選手の明豊高校!

2年夏の準々決勝で対戦し、敗れているようです。

高校時代に戦った選手が現在はプロとして同じユニフォーム着ているなんて、何か因縁めいたものがありますね。

甲子園には縁のなかった甲斐選手、そしてドラフト時も決して評価の高くない、育成枠での指名。

そういった雑草魂をバネに25歳の2017シーズン、やっと蕾が開いたかな…といったところでしょうか。秋には優勝チームの胴上げ捕手として、大輪の花を咲かせて欲しいですね。

まとめ

ホークスファンの間では苗字の「甲斐」よりも「拓也」の方がおなじみ。応援団は未だに「拓也!」と叫んでいますね。

それもそのはず、甲斐選手の登録名は2016年まで、「拓也」でした。

しかし、2016シーズンまではプロ入り通算15試合の出場「終わってしまっていたことから、2017シーズンより、心機一転「甲斐」に戻しています。

その効果もあり、5月中盤時点すでに、20試合以上でマスクを被っています!打率も規定打席には届かないながら、3割に近い数字を残しています。

このままいけば、ファン投票は難しいでしょうが、監督推薦でのオールスター出場!なんていうこともあり得るかもしれませんね!

今後の拓也選手に期待大です!