ホークス指名予想2019

ホークスドラフト指名予想2019!

今回は2019年ソフトバンクホークスのドラフト候補となる選手を予想していきます。

2018シーズンは故障者が相次いだホークス。

守護神のサファテ投手や岩嵜翔投手など多くの主力が離脱しましたが、ルーキーの大竹耕太郎投手や新加入のミランダ投手など新戦力の活躍が光りシーズン2位ながらも

2年連続の日本一を達成しました。

しかし、主力野手が長いことレギュラーに定着していて、代わりとなれる若手野手が浮上してこないという課題もありますね。

2018年ドラフトでは7人を指名し、育成ドラフトでも4人を獲得しました。

大学ナンバーワン右腕の甲斐野投手や社会人あがりの即戦力投手を獲得したほか、

高校通算68本塁打を放っている野村選手など将来性ある野手も獲得しました。

2019年も層の厚さは12球団随一と言えるでしょう。

そんなわけで今回はソフトバンクの2019ドラフト候補について注目していきます。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ソフトバンクホークスドラフト指名予想2019【補強ポイント】

まずは、ソフトバンクホークスの補強ポイントについて考察していきましょう。

投手出身の工藤監督は2019年が契約最終年となりますが、しっかりと投手王国を築き上げたと思います。

盤石のリリーフ陣は岩嵜投手、嘉弥真投手、森投手、加治屋投手、サファテ投手、高橋礼投手、モイネロ投手と勢揃いです。

一方で先発投手はここ数年安定した活躍を見せているのは千賀投手のみでしょうか。

好不調の波が激しい武田投手、一発病の東浜投手の2人が期待に応えない限り枚数は足りてないですね。

バンデンハーク投手、和田投手、中田投手らベテランも勝負どころでは鍵を握りますが、先発投手は補強ポイントの一つと言えます。

続いて野手ですが、甲斐選手、栗原選手、九鬼選手と若手が揃う捕手は補強不要。

牧原選手、高田選手、今宮選手、西田選手、川島選手と層が厚い二遊間も補強は急務では無さそうです。

ホークスのラインナップを見たときに浮いてくるのが、長いことレギュラーに定着している松田選手と内川選手。長打力のある内野手も補強しておきたいですね!

外野手は柳田選手や中村選手以外にも上林選手、釜本選手、真砂選手ら若手も揃っていますからこちらも優先度は低いでしょう。

というわけで、2019年ソフトバンクホークスのドラフトの補強ポイントとしては「先発投手」「打てる内野手」が軸となるでしょう!

ソフトバンクホークスドラフト予想2019【上位指名されそうな候補選手】

それでは、上記の補強ポイントを元にソフトバンクホークスの2019年ドラフトで上位指名されそうな選手を予想していきましょう!

佐々木朗希(大船渡)

189センチ81キロの恵まれた体格から最速157キロの直球を投げ込む本格派右腕の佐々木投手。

永井スカウト部長は「見続けていかなければいけない3人」と3人の高校生投手を挙げていますが、160キロも期待できる将来性ある佐々木投手が1位指名候補の本命と言えるでしょうか。

やはり、佐々木投手の魅力は将来性。

ホークスは2011年の武田投手から8年連続で投手を1位指名しています。

そのうち4人は高卒と将来性を見込んで1位指名は十分あり得ます。

戦力にも余裕がある方ですからね。

将来のエースとなってほしいという期待と160キロを見たいという夢を見れる投手だと思いますから、指名の可能性は高いでしょう。

佐々木朗希(大船渡)の父親や兄弟は?中学時代とスカウトの評価も 

奥川恭伸(星稜)

最速150キロの本格派右腕で、2019年の選抜でも優勝候補とされる星稜高校のエース、奥川投手。

2年時には唯一下級生でU18日本代表に選出されたとあって、永井スカウト部長は「来年にかけてもっと伸びる」と期待を寄せています。

佐々木投手と違い、マウンド経験豊富な奥川投手。

中学3年の時には全国制覇も経験していて、物怖じせず強気で真っすぐを投げ込むタイプです。

完成度は非常に高いことから、大事に育てながらも即戦力となることでしょう!

いずれにせよ、2019年の高校野球を盛り上げてくれる存在でしょうから注目していきたいです。

及川雅貴(横浜)

最速153キロを誇る世代ナンバーワン左腕の及川投手。

1年春から横浜高校で先発マウンドを経験するなど本格派左腕として実績もあり、
自慢のストレートのほかスライダーやチェンジアップなど完成度が高い投手です。

永井スカウト部長は2年夏のマウンドを見て、
「大型左腕であれだけのボールを操れる。今すぐにでも撮りたい」と大絶賛。
福山スカウトも「潜在能力が素晴らしい。夏まで楽しみ」と期待を寄せています。

当然、各球団上位候補として名前を挙げていますが、
ホークスは先発左腕が不足しているため春と夏の投球内容次第では1位指名の可能性が高いでしょう。

もちろん、入団した暁には即戦力として
1年目から先発ローテーション入りが期待されますね。

及川雅貴(横浜高校)の出身中学や兄弟は?ドラフト評価や球種についても 

井上広輝(日大三)

最速150キロの直球が自慢の長身右腕、井上投手。

180センチ80キロと恵まれた体格の持ち主で、日大三高では1年夏からベンチ入りしデビューを飾っています。

阪神の西投手のような流れるようなフォームから150キロのストレート、縦横2種類のスライダー、チェンジアップなどの緩急のコンビネーションで打者を手玉にとります。

当然、多くの球団からリストアップされているでしょうが、上記の3投手は競合が予想されるため外れ1位としてマークしているでしょう。

ホークスのスカウトの視察情報はありませんが、当然上位候補として押さえていきたい将来性のある投手です。

有馬諒(近江)

インサイドワークが光る近江正捕手、有馬選手。

注目されるきっかけとなったのは2年夏の甲子園。

2年生バッテリーで8強入りを果たしました。

準々決勝で金足農業にサヨナラツーランスクイズを決められて破られ、本塁上で大の字になって悔しがる姿は印象的でした。

捕手としては遠投100メートルの強肩で2年夏の甲子園では二塁送球タイム1.87を記録しました。

ホークスの捕手といえば甲斐キャノンこと甲斐拓也選手がいますし、その下にも栗原選手、九鬼選手などがいますがそういった若手を競わせるという意味でも将来性を感じれる選手でしょう。

スカウトコメント情報等はありませんが、捕手育成の環境の良さを考えると外れ1位もしくは2位以降の上位指名も予想できます。

ホークスが2019に補強した選手

ホークス補強2019のまとめ【新外国人・FA・ドラフト新人選手】 

ソフトバンクホークスドラフト指名予想2019のまとめ

8年連続で投手を1位指名していますが、やはり2019年も投手の1位指名が濃厚でしょう。

和田毅投手や杉内俊哉投手、斉藤和巳投手のようなエースと呼ばれる存在が確立できていないため、
長く活躍できる選手を獲得したいですよね。

ただ、ブレイク寸前の若手投手も沢山いますから、
それらをかいくぐって1年目からデビューできる即戦力候補の指名が予想されるでしょう。

注目していきたいですね!