ソフトバンクホークス2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回はソフトバンクホークスの新戦力補強について取り上げていきます。

2017シーズンは気づけば2位と13.5ゲーム差をつけてのぶっちぎりの優勝ということで、攻守ともに層の厚さを感じさせたシーズンでしたね。

スタメンの大半が生え抜き選手で固められてるというのもホークスの特徴で大型補強をしたとしても2018シーズンもスタメンオーダーに大きな変化もないように思えます。

そこにチームの底上げとなる新戦力が加入するとまだまだ黄金期は続きそうですね。

そんなわけで、今回は2018シーズンの阪神の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

ご覧ください!

※随時追記していきます。

スポンサーリンク

ソフトバンクの2017を振り返って必要な補強ポイントは?

94勝という圧倒的な強さで勝ち進みパリーグを制したソフトバンク。

投手陣、野手陣ともに今すぐ補強を必要としているポイントはなさそうな印象です。

ケガをした時のバックアップという意味ではどの球団も戦力を整えておく必要はあるのですがソフトバンクは層の厚さという面でも他球団と比べて遥かに上。

必要とされる補強については、黄金期を継続していくための将来に向けての主軸選手ということになりそうです。

先発投手は2017年にブレイクを果たした東浜投手、千賀投手に続く先発の柱を育成できるかどうかですが、田中正義投手、高橋など候補となる投手はいるものの、この部分は手を緩めずドラフトなどで補強を続けるべきでしょうね。

また内川、松田、長谷川等野手の中心選手は30代の選手が多くなってきていますので、柳田選手や中村選手が20代のうちに次の中心選手を育てたいところです。

2016年は長打力という部分で李の抜けた穴を埋めることができず。

日本ハムに逆転優勝を許しており2017年はデスパイネを補強してその穴を埋めることに成功しましたが、デスパイネも確実性という部分では全幅の信頼を置けるまでには至っていないため、中日のゲレーロを狙っているとの噂があるように右の長距離砲をさらに補強する可能性は十分ですね。

CHECK!ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

新外国人補強

決まり次第追記していきます。

FA補強

FA補強があれば追記しておきます。

スポンサーリンク

ソフトバンクのドラフト新人選手

ソフトバンクホークスが2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの11名です!

ドラフト1位・吉住晴斗

吉住晴斗・ソフトバンクホークス

生まれ:2000年3月12日
出身:山形県鶴岡市
身長:185cm
体重:85kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:鶴岡東高校

山形県初の高卒ドラフト1位が誕生しました。

競合に強いと思われていたホークスでしたが、清宮幸太郎選手安田尚憲選手馬場皐輔投手と3人連続で外れてしまいます。

そんな中、予想外の外れ1位に浮上した吉住投手は恵まれ体格からMAX149キロの速球を投げ下ろす本格右腕。

カーブ、スライダー、チェンジアップを操り2年の夏には甲子園の登板もありました。

狙って三振を取れるキレもあると評価されていて将来の先発陣を担う存在となってほしいです。

これでホークスは2011年から7年連続で投手の1位指名となりましたね。

同じく高卒ドラ1右腕で2017年に1軍デビューした高橋純平投手や松本裕樹投手のようにまずは若さを出してファームで経験を積んでから夏場の苦しい時期にチームを活気づける存在になってほしいですね。

選手会長の長谷川勇也選手の存在も大きいでしょう。

ドラフト2位・高橋礼

高橋礼・ソフトバンクホークス

生まれ:1995年11月2日
出身:千葉県松戸市
身長:187cm
体重:80kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:専修大学

長身からアンダーハンドで投じる変則右腕の高橋礼投手。

専大松戸高校時代は甲子園出場もなく、その名を轟かせたのは大学2年次の日本代表での投球でした。平均球速は130キロ台ながら柔軟なフォームから繰り出される直球に打者は翻弄され、変化球も切れ味抜群です。

ホークスでは先発の一角を担うというよりもライオンズの牧田投手のようにリリーフで活躍してほしいですね。

2017のリリーフ陣でいうと森唯斗、岩嵜翔、サファテと豪腕揃いですから、そこに緩急を使って流れを崩さないような形で1年目からアピールしてほしいですね。

ちなみに専修大学、これまた長谷川選手の後輩です!

CHECK!高橋礼(専大)のドラフト進路や評価は?中学高校時代に球速と球種も 

ドラフト3位・増田珠

増田珠・ソフトバンクホークス
生まれ:1999年5月21日
出身:長崎県長崎市
身長:180cm
体重:83kg
投打:右右
ポジション:外野手
最終経歴:横浜高校

長崎シニア時代にはU-15、そして横浜高校時代にはU-18で日本代表入りし、走攻守すべてでポテンシャルの高さを見せた増田選手は地元・九州のホークスから指名を受けました。

2017年夏の甲子園は注目選手として挑んだものの、初戦敗退。U18でも目立った成績は残せずにいましたが、将来の右の大砲として期待されています。

楽天の藤平投手は横浜高校の1学年上で共に甲子園でプレー。

増田選手も憧れという存在で1軍での対戦が楽しみです。

また元気でムードメーカー的な増田選手は「熱い選手になりたい」と早くも熱男こそ松田選手の後継者として注目されていますね。

CHECK!増田珠(横浜)のドラフト進路はロッテ?出身中学は?彼女や父と母についても 

ドラフト4位・椎野新

椎野新・ソフトバンクホークス
生まれ:1995年10月10日
出身:新潟県胎内市
身長:194cm
体重:85kg
投打:右右
ポジション:投手
最終経歴:国士舘大学

甲子園出場はないものの恵まれた長身から投げ下ろす姿から「越後のダルビッシュ」とも呼ばれる存在だった椎野投手。

国士舘大学では1年秋からデビューし、2年からエースとして活躍。

ムチのようなしなったリーチから最速147キロのキレのあるストレートに加え、スライダー、カーブ、ツーシーム、フォーク、チェンジアップと多彩な球種も操ります。

195センチという身長はホークスではバンデンハークの198センチに次いで2番目の高身長。

先発ローテーションとしても期待されますが、まずはファームでキャリアを積み不安定なフォームに磨きをかけてから1軍デビューを飾ってもらいたいですね。

ドラフト5位・田浦文丸

田浦文丸・ソフトバンクホークス

生まれ:1999年9月21日
出身:福岡県大野城市
身長:170cm
体重:75kg
投打:左左
ポジション:投手
最終経歴:秀岳館高校

甲子園では中村奨成選手にホームランを浴びるなど初戦敗退しましたが、U18で一気に評価を上げました。

最速143キロの直球と落差のあるチェンジアップで打者を翻弄し、日本から唯一ベストナインに選ばれました。

体こそ小さいものの思い切りの良さが自慢の左腕です。

秀岳館といえばホークスには1学年上の九鬼隆平捕手がいますから、2人のバッテリーが見たいですよね。

チームとしては左のリリーフ投手として長い回も任されるような投手になってほしいですし、篠原貴行投手のように先発でも中継ぎでも活躍出来るとも思えます。

CHECK!田浦文丸(秀岳館)のドラフト進路や評価は?弟や彼女を調査!球速と球種も 

育成ドラフト1位・尾形崇斗

尾形崇斗・ソフトバンクホークス

生まれ:1999年5月15日
出身:宮城県富谷市
身長:181cm
体重:90kg
投打:右左
ポジション:投手
最終経歴:学法石川高校

恵まれた体格から放たれるストレートは最速150キロの本格派右腕。

学法石川といえば駅伝で有名な高校ですので、こんな選手が隠れていたとは…といった印象ですかね。

まだまだ制球力など荒削りな部分が多いですが、強靭な下半身を持っているためファームで着実に力をつけてほしいです。

ホークスは石川柊太投手や千賀滉大投手のように育成から1軍で活躍する選手がたくさんいますので、チームの窮地を救う存在になってくれるのではないでしょうか?

育成ドラフト2位・周東佑京

周東佑京・ソフトバンクホークス

生まれ:1996年2月10日
出身:群馬県太田市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右左
ポジション:内野手
最終経歴:東農大北海道オホーツク

50メートル5秒7の俊足内野手です。

甲子園出場はないものの大学では1年次からレギュラーで、スピードに加え巧打も魅力な選手です。

タイプ的には福田秀平選手に近いでしょうか。

福田選手も元々は遊撃手として入団したため、脚をいかすためにユーティリティとして存在感をアピールするのも有りだと思います。

高校3年時には群馬県予選決勝でライオンズの高橋光成投手を擁する前橋育英に敗れた過去も。

プロの世界で高橋投手にリベンジを果たしてほしいですね。

育成ドラフト3位・砂川リチャード

砂川リチャード・ソフトバンクホークス

生まれ:1999年6月18日
出身:沖縄県北中城村
身長:188cm
体重:104kg
投打:右右
ポジション:内野手
最終経歴:沖縄尚学高校

アメリカ人の父親を持つ大型内野手。

高校通算25本塁打、甲子園出場もない無名選手ではあるものの、遠くに飛ばすパワーは魅力的です。

ただ、荒削りな部分も多く支配下登録に向けてはさらなるスキルアップが必要となります。

沖縄尚学といえば2017年覚醒し最多勝を獲得した東浜投手の後輩に当たりますので、

本人も入団を迷っているようですが、持っているものは素晴らしいし、磨けば面白い存在となりそうです。

育成ドラフト4位・大竹耕太郎

大竹耕太郎・ソフトバンクホークス

生まれ:1995年6月29日
出身:熊本県熊本市
身長:182cm
体重:72kg
投打:左左
ポジション:投手
最終経歴:早稲田大学

熊本県屈指の進学校、済々黌高校時代に2度甲子園の舞台を経験したクレバー左腕。

早稲田大学では1年次から登板するものの怪我も多く、目立った成績を残せませんでした。

直球は130キロ台も、コーナーに投げ分ける制球力が魅力の投手です。

地元の九州ということもあり、恵まれた育成環境でしっかりキャリアを積みヤフオクドームのマウンドに立つ姿を見たいですね。

育成ドラフト5位・日暮矢麻人

日暮矢麻人・ソフトバンクホークス

生まれ:1999年6月16日
出身:神奈川県秦野市
身長:180cm
体重:85kg
投打:左左
ポジション:外野手
最終経歴:立花学園高校

高校時代は最速141キロが魅力な投手だったものの、スカウトは打撃に注目。

3年時の神奈川県大会では2本塁打を放つなど長打力も兼ね備え、打球の速さ、飛距離とも高校トップクラスと言われています。

体格や風貌がなんとなく中村晃選手に似ている気がしますよね。

中村選手も高校時代はホームランバッターでしたが、プロでは巧打に磨きをかけ職人肌を発揮していますから自分が目指すスタイルを確立してキャリアを積んで早い段階で支配下登録されていところでしょう。

育成ドラフト6位・渡邉雄大

渡邉雄大・ソフトバンクホークス

生まれ:1991年9月19日
出身:新潟県三条市
身長:186cm
体重:85kg
投打:左左
ポジション:投手
最終経歴:新潟アルビレックスBC

BCリーグから晴れてプロ入りを果たした苦労人。高校時代も無名で大学でもリーグ戦登板経験のない左腕でしたが、BCリーグで頭角を現しました。

2017年はサイドから最速143キロの直球とスライダーなどの変化球を操り防御率1点台の活躍でプロ入りをアピールしました。

ホークスでは嘉弥真投手が左のワンポイントとして活躍していますが、同じように左のワンポイントとして1日でも早い支配下登録を目指します。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで2018シーズンに向けてのソフトバンクホークスの補強についてまとめてみました。

ドラフトでいうと1位指名が3回外れてしまったホークスですが、新人選手の面子を見る限り将来性を重視しているのかなという印象です。

FAや新外国人補強も含めてレギュラーを獲ることがもっとも困難なホークスではありますが、2018シーズンに向けて入団した選手がこの層の厚い球団でどれだけポジション争いできるのか楽しみですね。

補強された選手の活躍に期待しています。