ソフトバンクスタメンオーダー予想2018

ソフトバンク2018!

ということで、2018シーズンの福岡ソフトバンクホークスのスタメンオーダーと開幕投手・先発ローテを予想していきます!

2017年はシーズン前半やポストシーズンで苦戦を強いられるものの終わってみれば交流戦V、リーグVさらには日本一と強さを見せつけたソフトバンクホークス。

2017は柳田悠岐や内川聖一などの主力に加え、新戦力のデスパイネ、若手では東浜巨、石川柊太、甲斐拓也、上林誠知などがブレイクし戦力には困らなかったでしょう。

2018年に向けても大きな戦力変更も無さそうですし、二連覇に向けて動き出しているのではないのでしょうか?

そんなわけで、ホークスの2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

ホークス2018スタメンオーダー予想

ホークスは2017年、野手は万全のフルメンバーを揃えて開幕に臨みました。

一方で開幕ローテーションは和田ー中田ー東浜ー千賀ー武田ーバンデンハークでしたが、和田、千賀、武田は怪我で離脱が痛かったですね。

そんな中ベテランの攝津正や寺原隼人、高卒3年目の松本裕樹などにチャンスが回ってきましたが、しっかり期待に応えたのは育成出身の石川柊投手の存在がサプライズでしたね。

また、東浜巨は後にカードの頭で相手エースとのマッチングも多かったですが、結果的に最多勝を獲得するなど新たなエース候補が台頭してきてことは2018年に向けて大きな勝数の計算ができます。

さらに盤石の布陣がそろうリリーフ陣には左のワンポイントの嘉弥真新也、21歳の左腕モイネロなどが加わり一層厚みを増しました。

まさに、日本一に相応しい戦力が揃っていたと言えますね。

そんなわけで、2018シーズンのソフトバンクスタメンオーダーはこのように予想しました! 

1 柳田悠岐(中)
2 今宮健太(遊)
3 中村晃(右)  
4 内川聖一(一)
5 デスパイネ(指)
6 松田宣浩(三)
7 明石健志(二)
8 長谷川勇也(左)
9 甲斐拓也(捕)

このオーダーのポイントはやはり1番柳田選手です。

CHECK!柳田悠岐は2018年にFA取得でカープに移籍?巨人の可能性は?

2017年レギュラーシーズンでは主に3・4番を打っていた柳田選手ですが、CSファイナルステージ、日本シリーズで1番打者で起用されると初回先制に繋げるヒットを放ちましたね。

ホークスは2017シーズン今宮選手や明石選手を中心に9人が1番スタメンで起用されました。

2017年は先制した試合が73勝9敗と抜群の強さを見せたために、その鍵となる1番打者を固定することで勝利がグッと近づくのではないでしょうか?

柳田選手ならいきなりホームランで先制ということも出来ますし、減少気味にある盗塁も増やせると思いますしね。

あとは、どの打順でも結果を残せる中村晃選手を3番に置きました。
彼は球数を投げさせられる選手なので内川、デスパイネに良い形で繋げると思います。

8番の長谷川勇也選手はここ数年怪我に悩まされていますが、シーズン通して打率.280は残せる選手でしょうし、一発もありますから下位打線に厚みを増すことができます。

守備面でも2017年とほぼ変わりませんが、内川選手への代走や守備固めの関係で中村選手はライト、レフト、ファーストと大忙しでしょうが、どのポジションでも守備は安定してますからね。

また、捕手では日本シリーズ同様甲斐拓也選手と高谷裕亮選手の併用が予想されますね。

特に外野手争いは激化していて、2017シーズンにブレイクもポストシーズンで悔し涙を流した上林誠知選手や2017クライマックスシリーズで職人らしい活躍を見せた城所龍磨、代走のスペシャリストでありながら大谷翔平からホームランも放った福田周平らもレギュラー争いに加わっていきたいところです。

CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 

開幕投手を予想

2017年は前年最多勝の和田毅が開幕投手を務めました。

2018年の開幕投手として予想されるのは東浜巨投手千賀滉大投手の2人でしょう。

CHECK!東浜巨の彼女や結婚の噂は?覚醒で年俸も調査!兄弟や高校時代についても
CHECK!千賀滉大の嫁と子供は?妹がかわいい!メジャーの評価や年俸についても 

2017年タイトルホルダーの2人、千賀投手は2017も開幕投手候補でしたが、WBCによる調整遅れで外れました。しかし、日本シリーズでは第1戦で先発し勝利するなど相応しい投手とも考えられます。

一方の東浜投手も2017年、楽天・岸や西武・菊池、巨人・菅野などのエースとも投げ合った実績もあり、開幕投手争いも直前までもつれそうですね。

先発ローテーションは?

2017年の先発の軸は最多勝の東浜投手、最高勝率の千賀投手、13勝のバンデンハーク投手でした。

しかし、先発ローテーションという意味では1年間その役割を担ったのはバンデンハーク投手だけ。

そんな中、再起を誓うベテランや勢いのある若手が奮闘しましたね。まさに投手王国というに相応しいチームです。

というわけで、2018シーズンの先発ローテはこの6投手と予想します。

1番手:東浜巨
2番手:バンデンハーク
3番手:武田翔太
4番手:千賀滉大
5番手:和田毅
6番手:石川柊太

こうして見ると本当に充実してますね。

先発を3枚ずつ2つのカードで考えた場合、

①タイトルホルダー→②経験豊富なベテラン→③思い切りのある若手

という形になりますね。

やはりカードの初戦は大事でしょうから、実質1番手の東浜と4番手の千賀のWエースといったところでしょうか。

再起を誓う攝津正、中田賢一あたりも5,6番手に食い込んでいきたいですよね。

スポンサーリンク

2018シーズンもっとも期待する選手は?

紹介しているようにホークスは2018年も投打において12球団ナンバーワンの強力布陣です。

そんな中、2018年もっとも期待する選手は育成出身で8勝をマークした石川柊太投手でしょう。

CHECK!石川柊太の彼女や結婚の噂は?パワーカーブが評判で球種や年俸推移についても 

2017シーズンは150キロ超の真っ直ぐと落差の大きいカーブでブレイクし、日本シリーズでもリリーフで2勝をマークしました。

高い奪三振率はもちろん低めに集めて打たせる投球術も磨きがかかっているところです。

先発としては第5,6の存在となりますが、ロングリリーフも出来るということからチームにとって欠かせない存在になるでしょう。

なんといっても最速155キロの真っ直ぐは相手打者を圧倒すること間違いありません。

また、2017年シーズンにブレイクするも、ポストシーズンで悔し涙を流した上林誠知もさらに飛躍したいところです。

初選出された侍ジャパンで多くのことを吸収して2018シーズンにつなげてほしいですね。

特にバットコントロールは高い選手ですから、近藤健介などから高い技術を盗むべきでしょう。

このほか個人的にはモイネロ投手に期待したいです。

キューバの若き左腕は球質が魅力。

2017年は途中加入ながら34試合に登板し打たれたホームランは1本のみでした。

ホークスの外国人枠はデスパイネ、サファテ、バンデンハークはよほどの事がない限りは動かないでしょうから、2018年もリリーフ陣の一角として活躍したいですね。

ワンポイントの嘉弥真投手と違って右打者にも強いですから、勝利の方程式としてさらにブレイクすることでしょう。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>広島カープ2018のスタメンオーダー予想!<<

>>阪神2018のスタメンオーダー予想!<<

>>横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ロッテ2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

今回はソフトバンクホークスの2018年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

やはり二連覇に向けては抜け目ない打線と豊富な投手陣という点では他球団より頭一つ抜けていますね。
オフの選手マーケットがどうなるかはわかりませんが、2018年も常勝ホークスがパリーグを支配するのではないでしょうか?

2017年ブレイクした東浜、石川、甲斐、上林のようにまた新しい選手が登場するのも楽しみの1つですよね。