プロ野球契約更改・年俸予想2019・ヤクルト

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた東京ヤクルトスワローズの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみました。

シーズン前半は最下位に沈むなど、今シーズンも昨シーズンと同様にズルズルと最下位で終わるのかと思いきやなんとシーズン2位まで上がって来ました。そんな粘り強い選手たちの年俸について書いて行きますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

坂口 智隆

2018年の年俸:10000万円
2019年の年俸:???

2018年は打率3割を超え、ヤクルトに移籍してから3年連続で150安打を記録するなど安定した活躍を見せる坂口選手。

シーズン中盤からは1番を担うなど攻撃には欠かせない選手でした。四死球も過去最多となり出塁率も向上しましたね。

そんな坂口選手は昨年年俸3000万円アップでした。今年は昨年同様3000万円アップと複数年契約があるのではないでしょうか。

山田哲人

2018年の年俸:28000万円
2019年の年俸:???

3回目のトリプルスリーまっしぐらな山田選手。

山田選手のせいで3割30本30盗塁が簡単に思えてしまっている野球界ですがいまだかつて2回以上達成した人間はいません。それだけ難しい事をやってのける山田選手と同じ時代に生きていることに感謝ですね。

2017年は不調で7000万円ダウンを経験していますが今季は2年連続のトリプルスリー達成時とほぼ同じ活躍を見せていますので年俸は7000万円アップくらいではないでしょうか。

バレンティン

2018年の年俸:33600万円
2019年の年俸:???

現在シーズン最多ホームラン記録を持つバレンティン選手。打率は通算で2割7分程度とそこまで高くはありませんが毎年30本以上のホームランが計算のできるレベルが高い長距離打者ですね。

2018年もホームラン王争いに絡みチームAクラス入りに貢献。打点も120以上を叩き出し4番としての仕事を十分に果たしました。

年俸は2000万アップ程度ではないでしょうか。

雄平

2018年の年俸:6000万円
2019年の年俸:???

2018シーズンは打率0.320と高い水準で昨年の右手首骨折から完全に復活しましたね。

ホームランも二桁に乗りヒットも139安打と自身のキャリアで3番目に良い数字です。

シーズン後半は強打のヤクルト打線のクリーンナップを担いチームに貢献する雄平選手ですが、2019年の年俸は1000万以上の大幅アップが見込めますね。

西浦 直亨

2018年の年俸:1700万円
2019年の年俸:???

2018年から1軍に定着し始め135試合に出場している西浦選手。

昨年は72試合ですから大きな成長ですね。打率は0.246と低めですが自身初のシーズン100安打を達成し来シーズンにもつながる活躍を見せています。

26歳と若手の成長株ですので今後も頑張って欲しいですね。

将来の期待も込めてチームとしても年俸アップを考えているでしょう。

中村悠平

2018年の年俸:5400万円
2019年の年俸:???

ヤクルトの投手陣を引っ張る正捕手の中村選手。

打率0.211と低い打率でシーズン後半は井野選手と併用で使われています。

1軍定着後の成績としては2番目に打率が低く、安打も3桁に届かないなど苦しいシーズンになっていますね。

盗塁阻止率もパッとせず今年は年俸アップは期待できないでしょう。年俸は、3桁程度の減少が予想できますね。

川端慎吾

2018年の年俸:14000万円
2019年の年俸:???

シーズン最多安打のタイトルや首位打者のタイトルも獲得したことがあるヤクルトを代表とするリーディングヒッター。

今シーズンは不調で2軍落ちを経験するなど悔しいシーズンになっていますね。

後半は復調気味で打率0.266まで戻りましたが川端選手の成績としては物足りないです。

来シーズンは大幅な減少が予想されますね。

原樹理

2018年の年俸:2900万円
2019年の年俸:???

昨シーズンは先発ローテで1年間戦って来た原選手。

今シーズンは開幕から負けが続き中継ぎに回されることもありました。

しかし中継ぎでは12試合に登板し、防御率は0と力を見せ先発に復帰。

6勝7敗と昨シーズンを上回る成績を見せていますね。防御率も3.04と昨シーズンよりも0.8程度改善しています。

今シーズンの年俸は後半戦の活躍と、中継ぎでの活躍で大幅な上昇が見込まれていますね。

スポンサーリンク

石川雅規

2018年の年俸:12000万円
2019年の年俸:???

カツオカーブでおなじみの小さな巨人石川選手。

昨シーズンは6000万円ダウンの契約更改でした。

4勝14敗と振るわないシーズンでしたから仕方ないですね。

今シーズンは6勝6敗とベテランながら先発ローテーションの一角として頑張っています。しかしながら防御率は昨年と同じ水準であり陰りが見えていますね。

大幅減少とまではいかないものの、現状維持か微減が予想されます。

石山泰稚

2018年の年俸:4800万円
2019年の年俸:???

今年一斉を風靡した金足農業高校出身で、今シーズンヤクルトの守護神を任されている石山選手。

70試合に登板し、ヤクルトのブルペンを支えていますね。

防御率も2.11と安定しておりキャリアハイの成績を残しています。

2018年1700万円アップの石山選手ですが昨年以上の成績を残している今年は、大幅な年俸増加が期待できるでしょう。

近藤一樹

2018年の年俸:2400万円
2019年の年俸:???

ヤクルトに来てから中継ぎのポジションについた近藤選手。

昨シーズンは54登板、今シーズンは72登板とフル回転でブルペンを支えています。

35ホールドで7勝4敗と中継ぎとしてはキャリアハイの数字を残していますね。ヤクルトに来てから2年目ですが、チームに欠かせない選手になっています。

2400万円とお買い得な選手ですが、2年連続でこれだけ成績を残しているので球団は年俸を上げざるを得ないでしょう。

中尾輝

2018年の年俸:720万円
2019年の年俸:???

プロ2年目、2016年ドラフト4位と下位から這い上がって来た中尾選手。

今シーズンブレイクを果たし54試合に中継ぎ登板しています。防御率3.50、7勝3敗12ホールドは2年目としては上出来な数字ですね。

720万円という年俸でしたから今年は何倍になるのか本人も楽しみなのではないでしょうか。

年俸は2倍以上の増額が期待できそうですね。

小川泰弘

2018年の年俸:9000万円
2019年の年俸:???

ヤクルトのエースである、小さな巨人小川選手。

今年は8勝を挙げており負け数は5と3つの貯金があります。

小川選手は肘の怪我もあり開幕には出遅れましたが、そこはエースの小川選手ですから後半のチームの巻き返しに大きく貢献しましたね。

防御率2.75ですからもう少し勝てていてもおかしくはないかなとは思います。

昨年同様もしくは少し上の成績ですので年俸は微増を予想します。

畠山和洋

2018年の年俸:11000万円
2019年の年俸:???

ここ3年くらいで成績がガクッと落ちてしまった畠山選手。

引退やクビもちらつくなか今シーズンも思うような成績を残せないでいます。

下半身のコンディション不良もありシーズン後半での登録抹消もありました。打点王を獲得したシーズンからは見る影もなくなっていますね。

年俸予想は大幅な減少でおねがいします。

秋吉亮

2018年の年俸:8500万円
2019年の年俸:???

キャリアワーストの防御率と不調に喘ぐ今シーズンの秋吉選手。

入団したての頃は即戦力として防御率も2点台前半で安定しており頼れる中継ぎ陣の1人でした。

今シーズンは防御率4.23、登板も35試合と思うように行っていませんね。

キャリア1年目から3年目くらいの活躍を今も続けられていればとっくに年俸1億を超えているはずの選手ですが今年の活躍では年俸は下がるでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?

小川選手が1億行ってなかったのは個人的に驚きでもあり、山田選手が昨年7000万と大幅な減少を食らっていたのが印象的でした。

プロ野球選手って浮き沈みが激しいですね!

その分夢があります。興味のある方は是非契約更改も注目してみてください!