ヤクルトスタメン予想2019

ヤクルトスタメン予想2019!

今回は2019年のヤクルトのスタメンオーダーを予想してみました。

2017シーズンは最下位に沈み、原因となった投手陣に大きな補強が無かった為開幕前はBクラス予測の多かったヤクルトですが2018シーズンは2位に躍進。この調子で2019年はさらなる躍進が予想されますが実際のところはどうなのでしょうか。

そんなわけで、2019年のヤクルトのスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

ヤクルトスタメン予想2019

2018シーズンのヤクルトは右翼手と遊撃手と三塁手以外のポジションは固定が出来ていて、雄平選手、川端選手が一軍に不在な時期があったものの高い攻撃力を通年通して発揮しました。

青木選手の加入と山田選手の完全復活、2位に多く差をつけての打点王を獲得したバレンティン選手の活躍が重なり強力打線を作り上げました。しかし、2019シーズンはバレンティン選手の去就や青木選手、坂口選手の上位打線の高齢化と不安なポイントがある事も事実です。

それでは2019シーズンのヤクルトの開幕スタメンオーダーはこのように予想しました!

  • 1番:坂口智隆(一)
  • 2番:青木宣親(中)
  • 3番:山田哲人(二)
  • 4番:バレンティン(左)
  • 5番:雄平(右)
  • 6番:西浦直亨or大引啓次(遊)
  • 7番:廣岡大志or川端慎吾(三)
  • 8番中村悠平(捕)

バレンティン選手が残留ということで、上位打線は機能していたことから2018シーズンから大きな変更は無いと予想します。

出塁率4割越えの坂口選手を1番に起用し、2番には過去に苦戦する選手が多い中、日本復帰1年目ながらチーム最高打率を記録した青木選手を起用し確実な出塁を目指します。

クリーンアップはトリプルスリーを達成し完全復活した山田選手、圧倒的な威圧感と勝負強さを見せるシーズン本塁打記録所持者のバレンティン選手、チーム2位の打率と二桁本塁打を放った雄平選手で決まりでしょう。

唯一の変更ポイントとしては盗塁を活かすために山田選手と坂口選手の打順を入れ替えというのが考えられますね。

下位打線は8番に捕手が入る事はほぼ確定ですが、2017シーズンを通して固定できなかった三塁と遊撃の選手が競争することになりそうです。

タイトル獲得経験のある川端選手と、山田選手2世との呼び声高い期待の若手廣岡選手、怪我さえなければ非常にたかい総合力を発揮する大引選手、2018シーズンに二桁本塁打を記録しブレイクした西浦選手らの厳しい競争が予想されます。

また主力の高齢化と毎年多い怪我人の発生を考慮するとここに上がっていない選手にも十分に出場機会があり、チーム全体での攻撃力の維持というのが優勝に向けて必要になるでしょう。

開幕投手と先発ローテを予想

2018シーズンは特に目立って好成績といわれるような先発投手は不在ながら長年の課題であった中継ぎ投手の層の薄さの問題が解決し、石山投手の覚醒と近藤投手の大車輪の活躍もあり先発投手の数字以上の勝ち数を稼ぐ事が可能となりました。

まずは開幕投手の予想ですが、ここはエースの小川投手を予想します。

2018シーズンは怪我もあり通年一軍で登板する事は出来ませんでしたが防御率2点台で8章とやはり先発投手の中では安定感が頭1つ抜けていますね。確実に一勝をもぎ取るとすると小川投手が1番の適任と言えるでしょう。

開幕投手予想を踏まえ先発ローテーションを予想すると

  • 1番手:小川泰弘
  • 2番手:原樹理
  • 3番手:石川雅規
  • 4番手:ブキャナン
  • 5番手:カラシティー
  • 6番手:清水昇

と予想します。

表ローテは小川投手と原投手の2018シーズン防御率の良かった投手を並べて確実な勝利を目指し、比較的楽なところでベテラン左腕の石川投手を起用。

裏ローテは1番手に2018シーズンにチームトップの10勝を挙げたブキャナン投手を起用し2番手にはカラシティー選手を予想しましたが、チーム事情によっては原投手ととも再度中継ぎ転向の可能性はあります。

3番手にはドラフト1位ルーキーの清水投手を予想しました。日本の大学リーグでレベルが高く、プロで多くの投手を輩出している東都リーグで最優秀防御率タイトルを獲得をしたあたり即戦力度は相当高いと予想。

他の候補には実績のある館山投手や由規投手らも控えておりコンディションさえ整えば頭数には困らないでしょう。

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

2019シーズンにブレイクする選手を投手、野手で1名ずつ予想していきます。

まず投手では大下投手を予想します。大下投手は2018シーズンはルーキーイヤーながら一軍で安定した投球を見せ、リリーフで防御率3点台を記録し先発登板も経験しました。

2年目となる2019シーズンは主力としての活躍が期待できます。

野手では廣岡選手を予想。2018シーズンは課題だった守備を改善して開幕遊撃でのスタメンを勝ち取りましたが、打撃が思った通りにいかず最終的に打率.209に終わってしまいました。

高卒4年目となる2019シーズンは山田選手が覚醒した4年目のシーズンとも重なり本人にとっても勝負のシーズンとなるでしょう。

ヤクルトスタメン予想2018のまとめ

ここまで2019シーズンに挑むヤクルトのスタメン予想をしてきましたがいかがでしたでしょうか。

2018シーズンは惜しくも2位でシーズンを終えてしまったヤクルトでしたが、全ての選手のコンディションが万全ならば優勝が狙える陣容なだけに2019シーズンには期待するファンも多いのではないでしょうか。

2019シーズンのヤクルトに期待です!!