寺島成輝・ヤクルト
2016年ドラフト1位でヤクルトに入団した

寺島成輝投手

寺島投手とえば、中学3年のときには日本代表のエースとして世界大会で優勝。

履正社高校時代は甲子園で2勝をあげ、U-18日本代表にも選出されてアジア大会を制するなど、アマチュア時代から注目されていた好投手。

2017年、いよいよプロの舞台に立つわけですが、実際のところ実力はどんなものなんでしょうか。

今回は寺島投手の球種や決め球、評価、似ているタイプの投手、そして彼女の噂などにも触れてみようと思います。

お楽しみくださーい。

スポンサーリンク

寺島成輝の球種と決め球について

寺島成輝投手のストレートは、最速150キロ。

183センチ86キロという恵まれた体を生かし、スリークォーター気味のフォームからズバッと投げ込んでくるサウスポーです。

変化球は、スライダー、カットボール、カーブ、フォーク、チェンジアップ球種が豊富。

これらのボールは高校時代から投げることができたようですが、あえて封印し、試合ではストレートとカーブくらいしか投げなかったといいます。

これは元巨人の桑田真澄投手の

「ストレートとカーブだけで抑えられないようじゃプロではやっていけない」

という言葉をきっかけに実践したといいます。

当時から目指すべきところが高かったということですね。

というか、やはり同年代の選手とはレベルが1つ違っていたということなのでしょう。

寺島投手は多彩な球種を持っているわけですが、このうち決め球といえば、やはりストレートです。

右打者のヒザ元に、糸を引くように決まるクロスファイヤーは、アマチュアレベルで打ちこなすのはちょっと無理。

本当にいいコーナーに決まれば、プロでもそう簡単にバットに当てられないはずです。

この強力なストレートに加えて前述したような球種豊富な変化球があるわけですから、これらのボールのコンビネーションがうまくいけばバシバシ三振がとれそうです。

ボールにスピードがあるので、緩急の変化をいかにつけるかが投球の大きなポイントとなりますね。

いずれにせよ、スケールの大きな、三振の取れるサウスポーということには間違いありません。

評価はどう?タイプ的に近いのは?

2016年ドラフトでは、作新学院の今井達也投手(西武1位)、横浜の藤平尚真投手(楽天1位)、花咲徳栄の高橋昂也投手(広島2位)らとともに、高校BIG4の一人として注目された寺島投手。
プロのスカウトから「10年に一人の逸材」と呼ばれ、ドラフトの目玉の一人でした。

ヤクルト入団後もその評価は落ちることはなく、一時は新人高校生の開幕投手まで噂されることもありました。

ヤクルトは2016シーズンはBクラスに沈んでいますから、そんなサプライズ的な作戦も当然考えられたわけですね。

しかし、寺島投手は左内転筋の筋膜炎というケガ。残念ながら2軍調整で2017年の開幕を迎えました。

開幕投手はもちろん、開幕1軍の目標も実りませんでした。

が、その2軍でしっかりとトレーニングを積んでおり、

「ケガはもう問題ない。体脂肪は減って筋力は上がった」

と本人はコメント。

ファームの練習で体が引き締まったと強調していました。

これを見た阪神の金本監督は

「ウチの大山は寺島と比べて体が全くできていない」

と、寺島を高く評価していました。

早く実践登板が見たいですね。

ちなみに寺島投手は、元ヤクルトやメジャーや西武でも活躍した石井一久投手に似たタイプと言われています。

石井投手といえば、日米通算182勝を挙げている大投手。

速球と変化球のコンビネーションが巧みで、1998年には日本記録となる奪三振率11.047を記録しています。

NPBでは最多奪三振を2回、最優秀防御率、最高勝率を各1回受賞している、“三振をとれる左投手”でした。

やはり150キロを超える速球に加え、大きく変化するスライダー(スラーブ)やフォークなどを武器としていました。
寺島投手もこの大投手を目標に頑張れば、将来的にはメジャーも見えてくるのではないでしょうか。

彼女は幼馴染?別れたって声も

ルーキーイヤーのシーズンを迎えた寺島成輝投手。

実践登板も近づいているようですが、プライベートでも充実しているのでしょうか。

というわけで、彼女の情報を調べてみましたが、やはりというか、案の定、情報は一切ありませんでした。

一説には幼馴染と付き合っていたけどすでに別れてしまった、などという噂もあるようですが、これも真偽未確定。あくまで噂にすぎません。

ちなみに彼の好きなタイプは歌手の安室奈美恵だそうで、ああいうコケティッシュなタイプが好みなんですかね。

ともあれ、いまはやっぱり野球ですよね。

まずはケガを治し、1軍に上がり、プロ野球のマウンドに立たなければいけません。

そして、ドラ1の責任を背に、一つでも多く勝ってチームに貢献しなければならない存在です。

そんな大きな仕事を成し遂げてから彼女をつくっても遅くはないと思いますよ。

まとめ

いかがでしたか。

ヤクルトのドラ1、寺島成輝投手についてお届けしました。

2015年に優勝したヤクルトは、2016年は5位に低迷しています。

この原因はやはり投手陣の崩壊ですから、このチームが上昇するためには、やはり若くて力のある投手が絶対に必要です。

その筆頭格として期待されるのが、寺島投手となることは間違いありません。

どんな投球を見せてくれるか、楽しみですね。

2017年の快投を期待しましょう。

頑張れ、寺島!