ヤクルトスタメンオーダー予想2018

ヤクルト2018!

ということで、2018シーズンのヤクルトのスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテを予想していきます!

ヤクルトスワローズが全員野球でリーグ優勝したのはわずか2シーズン前の2015年。

度重なるけがによって優勝時の主力メンバーをスタメンに揃えられないという事態が続き2017年は勝率.319、首位から44ゲーム差の最下位に終わりました。

フロントから小川SDを監督として現場復帰させテコ入れを図る2018年はどうなるでしょうか。

そんなヤクルトの2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

ヤクルト2018スタメンオーダー予想!青木宣親が復帰!

まず、ヤクルトスワローズはケガ人さえ出なければ打線はリーグでも上位の強力打線。

経験も豊富な選手が多く、とにかくコンディションの維持に徹し、シーズンを走り切れるかどうかが一番のポイントですね。

最も懸念されていたバレンティンの契約も更新される可能性が高いようですのでベストオーダーを組むことを最優先にしてくるでしょう。

そんなわけで、2018シーズンのヤクルトのスタメンオーダーはこのように予想しました!

※青木宣親選手が復帰したということで変更

1 青木宣親(中)
2 川端慎吾(三)
3 山田哲人(二)
4 バレンティン(左)
5 畠山和洋(一)
6 坂口智隆(右)
7 中村悠平(捕)
8 大引啓次(遊)

青木宣親選手の復帰で当然1番か3番を任されると思いますが、現在は山田選手という球界トップクラスの選手が育っているので青木選手は1番が妥当かなと思われます。

川端選手が春季キャンプ1軍メンバーに選ばれたということで、復帰を期待して不動の2番に予想してみました。

2017年は畠山選手、雄平選手、大引選手が離脱し、山田選手の不調や、チームが負けていることで主砲のバレンティンの気のないプレーが目立つなどチームはすべてが悪循環でまわっていたような印象です。

逆に言えばこの打線をフルシーズン組むことができればリーグでも屈指の強力打線で、特に狭い神宮球場では相手チームの脅威になりますから。

主力がケガで抜けている間に新戦力の台頭が期待されたものの、レギュラーを掴み取ったと言えるほどの選手が出てこなかったことは課題ですが、まず最下位というポジションを脱出しなければならないことを考えると2018年シーズンも計算ができるオーダーを軸にする可能性が高いかなと思われます。

何といっても青木選手の復帰で外野のポジションがどうなっていくのかが注目されますが、現にバレンティン選手がレスト、坂口選手が2017シーズンにあれだけの活躍しているのでスタメンには置いておきたいでしょう。

なので、「レスト・バレンティン、センター・青木、ライト・坂口」が妥当かなと思います。

とはいえ、雄平選手も当然レギュラークラスなわけで上田剛史選手だって黙ってないと思うので坂口選手とのポジション争いが興味深いところ。

本来1,2番は若い俊足の選手を設定したいところですが、青木選手もまだまだ走れますし、川端選手の2番打者の代わりはなかんかいません。

なのでヤクルトの野手については“チーム再建=怪我人をなくす”ということなので、すでに野手に関しては優勝できる戦力が整っているわけです。

遊撃手には廣岡大志選手という期待の若手を置く方がチームの将来にとっては良いかなと思いますが、まだまだ経験が必要ですし、確実なレギュラーには遠いかなという意味で遊撃手は大引選手が妥当かなと。

大引選手の守備の安定感や小技のうまさ、適格な状況判断など打線の中で2番でも下位打線でも機能できる点で健康ならまだまだスタメンの最有力候補になるでしょうね。

スタメン予想は変更となりましたが、クリンアップについては改めて述べることもないですが、山田選手、バレンティンの3番4番コンビは不動で変わりないと思います。

山田については2017年にあった好不調の波をどれくらい少なくできるか、バレンティンは気持ちが乗っている時は恐ろしい打者なのですが気持ちの乗っていない時の雑なスイングや緩慢な守備をしてしまうメンタル面の弱さをどうケアするかなど、ウィークポイントはありますので、新しくヘッドコーチとなる宮本コーチがどこまで選手を乗せられるかも注目したいですね。

5番は畠山選手が務めるべきなんでしょうけど、何せ怪我が多いので固定は考え難いです。

CHECK!畠山和洋の怪我の状態や復帰時期は?トレードの噂?嫁と素行についても 

青木選手の加入で雄平選手の出番は減ると思いますが、長打力や勝負強さも折り紙つきで、クリンアップクラスの打撃があることには違いありませんので、そう考えるとヤクルトって本当に攻撃力に関しては凄い球団ですね。

8番は正捕手である中村でほとんど決まりと思われますが、打撃が良く長打もある中村の8番はヤクルト打線のストロングポイントのひとつですね。

やはり川端選手の復帰がヤクルトの浮沈のカギを握る選手となるのかなと。

2015年は巧みな打撃技術でバントをせずチャンスを拡大し山田、バレンティンへつなぐ2番としてMVP級の活躍をしました。打線に川端が復帰するようだと広島打線とも互角以上に渡り合えるものになりますね。

CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 

開幕投手を予想

余程のことがない限り開幕投手は小川泰弘投手になるでしょうね。

開幕投手はチームのエースが投げるというのが定石ではありますが、エース級の投手が複数存在して、どの投手に任せても遜色がないのであれば試合日程なども加味して開幕投手を決めることもありますが、残念ながら今のヤクルトに小川を超える実績を持つのは石川投手のみ。

その石川も2017年はシーズン中盤まで未勝利が続き大きく負け越しており、全盛期の力はもうないと思われます。

小川については2017年はケガでの離脱があったり、シーズン途中でリリーフに回るなどローテーションを守り続けることはできなかったものの8勝を挙げチーム唯一の勝ち越しとなりました。

原や星など若手投手も伸びてきてはいるものの、開幕を任せられる程の成長を見せてはいないため開幕は小川でほぼ決まりといっていいでしょうね。

スポンサーリンク

先発ローテーションは?

ヤクルトの不安点といえば真っ先に投手が挙げられます。先発、リリーフとも駒は少なく手薄ですが、特に先発投手のローテーション編成に苦心している印象ですね。

2017年は新外国人のオーレンドルフが結果を残せず、館山は離脱、石川は未勝利の状態が続き、開幕早々からローテーションは崩壊してしまいました。由規が復帰し、ルーキーの星がローテ―ションに定着してなんとか後半は形にはしたものの安定して試合を作れる力がある投手に乏しい印象ですね。

というわけで、2018シーズンヤクルトの開幕先発ローテーションはこの6投手と予想します。

1番手:小川泰弘
2番手:原樹里
3番手:石川雅規
4番手:ブキャナン
5番手:星知弥
6番手:由規(大下)

小川が軸であることは間違いありませんが、2017年のシーズンで試合をつくってはいたものの勝ち星に恵まれなかったブキャナンを裏の一番手としました。

左が石川一枚ですので、もう一人左が欲しいところですが、寺島や復活を期す成瀬など候補はいるものの現時点ではまだ厳しいと言わざるを得ませんね。

おそらく新外国人投手を先発に一枚加えてくると思われますが、まだ決定はしていないようなので、このようなローテ―ションを予想してみました。

原や星などの若手投手は伸び代がありますが、プロで150勝以上挙げている石川も実績は十分ですがかつての力を期待することはもう難しく、由規についてもケガをする前の剛速球を期待することはできずイニングを見ての登板になるため、非常に厳しい台所事情といえそうです。

ファームの若手投手の著しい成長、新外国人選手、ノンプロから新入団となるルーキーの大下などのうち誰かが加わってこないと苦しいことは間違いありませんね。

2018シーズンもっとも期待する選手は?

今のヤクルトを語る上で、一番期待をする選手といえばやはり山田哲人選手ということになるでしょう。

2015年にトリプルスリーを初めて達成して一躍NPBのトッププレイヤーに上り詰めた山田がどこまでやれるかによってチームは大きく変化すると思われます。

2017年シーズンは本塁打が24本、打点は78と一応の面目は保ちましたが、2016年シーズン後半から不調が長引き、2017年シーズンの途中までその不調を引きずってしまったことが気がかりですね。

2017年開幕前にWBCがあったための準備不足を指摘する声も多かったのですが、自主トレからキャンプとしっかり準備ができる2018年シーズンは山田にとって意味のある大きなシーズンとなりそうです。

体はそれほど大きくないもののボールに強烈なバックスピンをかけて打球を飛ばす技術はNPBでも屈指の打者です。

非常に多くの種類のティーバッティングによってその技術は作られたといいますが、足を上げてスイングするフォームのためタイミングを合わせることが難しい打ち方ではあるのでその修正が思うようにいかず成績が伸びなかった印象があります。

特に打率にそのマイナスポイントが出てしまった印象で、フォームを含めてどう修正してくるのかが注目されますね。

NPBの顔となった山田には今後も厳しい攻めは続きそれに対応して好成績を残し続けなければなりません。期待をしましょう。

>>PC・スマホ・タブレットで東京ヤクルト主催試合を全戦完全生中継!<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>広島カープ2018のスタメンオーダー予想!<<

>>阪神2018のスタメンオーダー予想!<<

>>横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ロッテ2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

2018年のヤクルトは監督が交代するとはいうものの、真中監督の前任で、退任後もフロントとして活動しチームを最もよく知っているといっても言い過ぎではない小川監督が就任するため監督交代によるデメリットはあまりないと思います。

それよりも恐らく将来の監督候補として入閣すると見られている宮本ヘッドコーチの存在がプラスに出るかマイナスに出るかが非常に大きいでしょう。

球界でも厳しいことで有名で実績のあるベテラン選手へも容赦なく厳しいことが言える宮本コーチの存在がどのようにチームに影響するのか注目したいですね