巨人2018・優勝条件

2018年チームスローガンに「奮輝」を掲げた由伸ジャイアンツ。

年明けに行われたスタッフミーティングでも高橋由伸監督は「目標は当然、優勝すること」とコメントし、そのための具体的な数字として「攻撃は4点、守る方が3点が一番」と具体的な数字を挙げました。

しかし巨人が優勝を目指すには、近年できていなかったことをひとつひとつ克服していく必要があります。

今回はそんな2018シーズンの巨人の優勝の確率や可能性について探ってみました

また、優勝するための条件についても迫っていきますのでぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

2018シーズン序盤をみて優勝の確率は?

2018シーズン序盤をみての巨人の優勝確率はズバリ20%と予想しました!

低めですね。。。

その理由と根拠を主観を入れつつまとめてみました。

打撃面は調子が良く、得点力も高い状態です。

吉川尚輝選手を2番セカンドに固定できていることは非常に大きく、1番の坂本選手と3番ゲレーロ選手とのつなぎ役を十分に果たしています。

5番岡本選手の調子もいいので6番以降の打線がつながるとビッグイニングを作ることができます。

またマギー選手は今年もスロースタートになっていますが、少しずつツーベースヒットも出てきて上り調子なので、さらに打線のつながりに期待が!

そして開幕から小林選手の調子もいいので、1番坂本選手へのつながりができています。

しかし、今の調子を維持することは難しいと思いますので、3連戦でヒット2~3本+四死球1~2個を維持していくことができれば、得点力が急激に落ちることはないのではないでしょうか。

反面、スタメン以外では阿部選手以外の迫力が不足していますので、陽選手の復帰が待たれるところです。シーズンが進んでいった時に選手層が厚くないと、接戦の時に苦労することがあるかもしれませんね。

投手陣はエース菅野投手のエンジンがかかってきたものの、それ以外の先発陣が安定していません。田口投手は大城選手とのバッテリーに変わって少しずつ上り調子ですが、まだピリッとしません。

野上投手は100球がメドになってしまっていますし、山口俊投手は好不調の波が極端です。吉川光投手はなかなか頑張っているものの、打線に助けられている印象もあります。

内海投手、大竹投手もどこまでやれるのか未知数ですので、打線の援護がないロースコアの接戦をいかに制するかがポイントになってきそうです。

そしてリリーフ陣については、沢村投手、上原投手、マシソン投手、カミネロ投手の4本柱がまずまず安定しているので、先発陣が6回まで踏ん張ればおおよそのメドがつきそうです。宮國投手、田原投手の頑張りもポイントになってきそうですね。

ここまでの内容からすると、もう少し優勝確率を引き上げてもいいんじゃ?と思われるかもしれませんが、やはり2018年も広島は強いです。

丸選手の穴を野間選手がしっかり埋めていますし、投手陣も野村投手がピリッとしないものの、他の先発陣の安定感は相変わらずです。

また下水流選手や美間選手などの若手選手を少しずつスタメンに起用して、実績を残してきているので今後につながってきそうです。

逆に巨人はスタメン以外の若手が活躍する機会が少ないので、シーズン全体で見た時に、若手選手をうまく使っている広島やDeNAに一歩引けを取ってしまっています。

チームの若返りを早々にできないことは、誰もがわかっている周知の事実ですし、若返りを図っている割には足を使った攻撃ができていない点は割引材料です。

昔のような空中戦ができるほどホームラン数があるわけではないですし、実際併殺打も多いです。打線はつながっていますが、四死球で出塁してノーヒットで1点という攻めも必要だと思っています。

そして何よりも、今の広島との対戦で勝ち越しができないことには優勝の可能性はないと言って過言ではありません! 

これらの点を割引して現状の優勝確率を20%と予想しました。

スポンサーリンク

巨人2018が優勝するには4つの条件が必要?

上述のとおり、巨人が2018シーズンに優勝という結果を手に入れるには、克服しなければならな条件を出したときに4つの条件が見えました。

それはチームとして取り組んでいかなければいけない課題であったり、個人が意識をもって取り組む課題であったり、もしくはその他の要因であったりと様々なことがある中で、いくつかの条件をピックアップして考えてみました!

セカンドの固定化

近年、巨人が抱えている大きなテーマのひとつがセカンドの固定化です。
強いと言われた巨人の時代には、篠塚和典氏や仁志敏久氏という名手と言われる絶対的なセカンドが君臨していました。

もちろんセカンドが固定されていないからと言って優勝できないわけではありませんが、その分首脳陣の考え事が増えますし、打順も固定化し難くなりますからね。

しかし2018シーズン、その問題を払拭したのが2016年ドラフト1位で入団した吉川尚輝選手でした。
開幕から2番セカンドでスタメン出場を続け、バッターとしては少々三振は多いものの、つなぎ役として役割を果たしています。

また守備では、セカンドの定位置より少し後方にポジションを取り、俊足を生かした守備範囲の広さでピンチを救っていることから、中京学院大学の先輩である広島の菊池選手と比較されることもあるほど。

このまま無事に出場し続けることができれば、強い巨人が戻ってくる一つの要因になることは間違いありませんね。

CHECK!巨人2018のセカンド候補のまとめ!レギューラー獲得は誰? 

小林誠司のバッティング強化

2016シーズンの打率.204、2017シーズンの打率.206と、2年連続で規定打席に到達した12球団の選手の中で最下位という不名誉な成績に終わった小林選手。

同様に出塁率も3割に達していなく、これまた12球団の選手で最下位に終わっています。

出塁できないことだけが悪いわけではなく、主に打順が8番ということから得点への影響というのも少なからずあるわけです。

ゲームの後半以外で考えますと、小林選手で攻撃が終われば、次のイニングの攻撃がラストバッターのピッチャーから始まるので、自然とアウトカウントが増える可能性が高まります。また1アウトで小林選手を迎える場合、打順から送りバントができないので小林選手が出塁しない限り、攻撃がつながりにくくなります。

こういった状況では、相手チームに余裕を与えてしまうことになりかねません。7番バッターまでを何とかすれば2つのアウトを取ることができるという計算が立つわけですから、いい流れで来ていても打線がつながらなくなり、流れが途切れてしまいます。

しかし、2018シーズンが始まってから小林選手のバッティングに変化が!?

昨秋のキャンプからバッティング重視の練習を行い、春季キャンプでは松井秀喜臨時コーチからマンツーマンで指導を受け、

「ここまでマンツーマンで指導してもらったのは初めてだと思います。下半身の使い方だったり、ボールとの距離の取り方を教わりました。うれしかったですし、期待に応えられるように頑張りたい」

と小林選手は話しています。

小林選手自身、打てないことでチームに迷惑をかけている意識を持っているので、今年は違った面を見せてもらえるのではないでしょうか。

CHECK!小林誠司の結婚は?宮澤智と復縁?急成長で江夏の評価についても

チーム打率.250、チーム本塁打150本

Bクラスに沈んだ2017シーズンは、打率.249、本塁打113本。ホームランが出やすいと言われている東京ドームを本拠地しながら、セ・リーグで唯一20本塁打をマークする選手が一人もいませんでした。

もちろん、条件に掲げたチーム打率.250、チーム本塁打150本を叩き出したからと言って優勝できるわけではありません。

とはいえ、近年140ゲーム以上行うようになった2001シーズン以降(2004シーズンのみ138ゲーム)、上述の数字を叩き出したのは9回。うち優勝したのは4回で日本一2回、反対に優勝を逃した5回のうち防御率4点以上が4回、残りの1回も防御率3.89と投壊した結果でした。

近年の投手陣は防御率を4点未満に抑えているので、強化が必要なのは打力になるわけです。特に2011シーズン以降はチーム本塁打が最高で145本と結果が出ていません。

2018シーズンはゲレーロ選手の加入と、開幕から調子のいい岡本選手が30本塁打をマークできれば、久々にチーム本塁打150本というのが見えてくるはずです。

またチーム打率については、上述した1つ目の条件であるセカンドの固定化に伴う打順の固定化と、2つ目の条件である小林選手の打撃が強化されれば、自然とチーム打率が上がってくるでしょう。

チームの若返りを図っている巨人。勢いに乗れば打線もつながり、どこからでも得点を取れるチームになるのではないでしょうか。

打線が強化されれば相手チームは今までよりも脅威に感じ、相手投手にもプレッシャーをかけられる好循環が生まれてきますよね。

広島の失速

失速と言っても、ただ単に連敗を待っているという意味ではありません。

丸選手がケガで戦線を離脱しても首位を走る広島が、そう簡単に失速するとは考えられませんよね。

2017シーズンでは広島との対戦成績7勝18敗と大幅に負け越した巨人。

今年も広島のカモにされてしまったのでは、失速どころか逆に勢いをつけてしまうことになってしまいます。そこで広島が失速する原因を巨人が作る必要があるのではと思っています。

2017シーズン、東京ドームでの対戦成績が2勝7敗で初勝利が8月30日という、巨人ファンとしてはがっかりな結果でした。また対戦時の得点も巨人72に対して広島115と大きく差を開けられる結果に。

特に4月と5月は打ち込まれ、わずか2ヶ月で広島に75点を取られ、対戦時に巨人が挙げた1年間の得点を上回るという散々な結果でした。

東京ドームで勝ち越すことはチームにとってもファンにとっても必須です。

また対戦時の得点差を無くすことによって対戦成績を互角または互角以上にすれば、それだけ広島が連敗する可能性が高まります。こういった失速の原因を巨人が作っていく必要がありますよね。

まとめ

ここまで、2018シーズンの序盤を見て優勝の確率を予想してきました。

4月の巨人は6連敗があったり相変わらず広島に勝てないなど、スタートダッシュに失敗してしまいましたが、それ以外は連勝をすることも多く上位で戦えているのでチャンスはあるはずです!

とにかくセカンドを固定できているだけでも本当に影響力が大きく、しっかり結果にも出ています。

広島の壁は厚いですが、プロ野球をさらに盛り上げるにはペナントレースの優勝争いが10ゲーム以内じゃないと盛り上がらないので、シーズンが進むにつれて予想した確率よりも上がってくれることを願っています。