巨人スタメン予想2019

巨人スタメン予想2019!

今回は2019年の巨人のスタメンオーダーを予想してみました。

2018年シーズン、巨人は終盤に追い上げ3位で終了、クライマックスシリーズもヤクルトを破りファイナルステージへと駒を進めましたが苦手としている広島に敗れてしまいました。

高橋監督も辞任し、およそ3年ぶりの原監督が監督に再任。

また今オフシーズンは2016年以上の特大補強。FA宣言をした広島の丸佳浩や西武の炭谷銀仁朗、自由契約となった中島宏之など大幅な戦力補強が見られました。

さて、開幕戦は獲得した選手も含めてどのような采配を原監督は行うのでしょうか?予想していきましょう!

そんなわけで、2019年の巨人のスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

巨人スタメン予想2019

さて、2018年は過去補強で獲得した選手らが不完全燃焼な活躍だった印象を個人的に受けました。

一方で高橋監督がテーマとしてきた若手の育成という点では岡本和真が大ブレイク。プロ野球史上最年少で「3割・30本塁打・100打点」を達成するなど大きな飛躍の年となりましたね。

そんな巨人の2019年のスタメンオーダーはこのように予想しました。

  • 1番:坂本勇人(遊)
  • 2番:吉川尚輝(二)
  • 3番:丸佳浩(中)
  • 4番:岡本和真(三)
  • 5番:ゲレーロ(左)
  • 6番:ビヤヌエバ(一)
  • 7番:長野久義(右)※丸佳浩の人的補償で広島へ移籍
  • 8番:小林誠司(捕)

まず、1番には坂本勇人選手が入ると予想しています。根拠として、新たに丸佳浩選手が入団することにより、恐らく3番に定着することが予想されます。

そのため、チーム内トップの出塁率を誇る坂本勇人選手が1番につくことで、2番でさらにチャンスメイクし3番の丸佳浩選手にチャンスで回す・・・という展開に持っていきたいのではないかと予想しています。

坂本勇人選手の離脱などもあり、2018年は1番の固定に苦しんだためリードオフマンとしてさらなる飛躍を果たして欲しいですね!

続いて、2番には吉川尚輝選手と予想しています。やはり正二塁手の座は現在田中俊太選手と争っていますが、守備範囲の広さなども考慮すると吉川尚輝選手が妥当なのではないでしょうか?

足も使えるため課題は出塁率をもう少し上げたいところでしょうか。

3番には丸佳浩選手。広島からFAで入団が決定し、広島でも3番を打っていたためそのまま3番に入るのではないでしょうか。

アベレージヒッターとしても一発を打てるバッターでもあるので、巨人でも3番が妥当かなと思います。初の100打点を達成して欲しいですね。

4番には岡本和真選手。2018年、巨人の第89代四番として定着し、プロ野球史上最年少で3割・30本塁打・100打点を達成しました。

もちろん2019年も岡本和真が4番ではないかと予想しています。首脳陣からの信頼も厚く、三塁手は正ポジションが不透明な状況ですからね。

ポジション的にも何の問題もないでしょう。30本と言わず40本、それ以上とさらなるキャリアハイを目指して欲しいものです!

5番にはゲレーロ選手。
中日では35本塁打を達成し、大きな期待を抱き2018円に巨人に入団しましたが、シーズン中にコンディション不調を理由に2軍落ちも経験し、15本塁打、40打点と不完全燃焼なシーズンとなってしまいました。

外野手においては巨人は選手層が非常に厚いため、指揮官らの期待にも応えるため本来のバッティングを取り戻してほしいですね。

6番には新加入のビヤヌエバ選手。メジャーで通算24本の本塁打を打っている2018年オフシーズンの丸に次ぐ大型補強かもしれませんね。

年齢も若く、岡本和真選手が三塁手に回り、その際、阿部慎之助選手が捕手再転向を明言したため空いたファーストに入ると予想されています。

期待の外国人ですから是非とも活躍して欲しいものですね。

7番には長野久義選手。ベテランとなった現在も一発の期待もできて出塁率も3割5分を超えているなど安定した活躍が期待できるこの長野久義。

やはり5番、6番と打線がつながった際に7番の長野久義選手がランナーを返せるとなるとさらに打線の厚みが増し機能性が上がるでしょう。

8番には小林誠司選手。西武からFAで炭谷銀仁朗選手が入団しましたが、選手兼コーチという一面も持ち合わせているのではないかと予想しています。

やはり今まで菅野らを率いてきた正捕手。意地を見せて課題のバッティングも克服して欲しいですね。

また、ここには書き上げていませんが亀井選手や陽選手など代打も非常に充実している巨人。全選手がさらに勝ちに向かっていけるといいですね!

開幕投手と先発ローテを予想

2019シーズンの巨人の開幕投手はいうまでもなく、菅野投手ですね。

原監督もどこ球団よりも早く”開幕投手は菅野”と明かしていますので。

ここからは開幕投手とローテについて予想していきます。

  • 1番手:菅野智之
  • 2番手:野上亮磨
  • 3番手:今村信貴
  • 4番手:メルセデス
  • 5番手:岩隈久志
  • 6番手:鍬原拓也

まず3連戦のカード初戦は確実に取っておきたいため開幕投手は菅野投手と4戦目にメルセデス投手で来ると予想しています。

クライマックスシリーズファーストステージにおいては、ヤクルト相手にノーヒットノーランを達成し、ベストナイン・防御率・勝利・奪三振のタイトルを獲得しています。

巨人だけでなく球界のエースといっても過言ではない菅野投手。ローテでフルに活躍して欲しいですね!

またメルセデス投手は終盤に育成から支配下契約を結び、13試合登板5勝4敗と来年に向けて非常に期待できる成績を残しました。

サウスポーということもあり、重宝されると予想しています。

2番手にはまだ予想としては弱いですが野上亮磨投手が先発ローテに戻るのではないかと予想しています。

山口俊投手が本格的に抑えに転向した場合、先発の穴が生じます。首脳陣としては、西武時代は先発として活躍していた野上投手を先発の一人として使用したいのではないでしょうか?

3番手の今村投手は希少な先発左腕として2019年も活躍して欲しいですね!

そして2018年オフにマリナーズを退団し日本球界に復帰した岩隈久志投手は5番手と予想。

2008年、楽天時代に21勝を達成した投球が再び見れると思うとファンとしても感慨深いものがあるかもしれませんね。是非とも先発ローテを守ってほしいです。

そして裏ローテの6番手には2017年ドラフト1位の鍬原投手を予想!

150キロを超える力強い速球を武器に先発投手として2年目のブレイクを果たして欲しいですね。

課題は防御率ですね。しっかりと回数をつなぎながらローテを守りきって欲しいものです。

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

そんな2019年に巨人からブレイクしそうな選手はこちらの2選手。

まずは鍬原拓也投手

やはりブレイクしそうな選手といえばこの選手かもしれません。2017年ドラフト一位の鍬原拓也は、2018年6試合に登板しプロ初勝利も達成。

しかし失点が多く防御率6.83と本領を発揮できませんでしたが、1年目ということで今後にも期待がかかります。
怪我などもしっかり療養して2019年期待したいですね!

続いて和田恋選手
巨人ファンの間では長い間名前は聞くが1軍に定着せず歯がゆい思いをしている方も多いのではないでしょうか。和田恋選手です。

「巨人2軍の帝王」という複雑な名前を手にしている彼ですが、イースタンリーグで本塁打・打点の二冠を達成。

岡本和真も同様にブレイクする2017年に2軍で確実な成績を残していたため来年こそは和田恋選手もブレイクして欲しいですね!

巨人補強2019はこちら

巨人補強2019のまとめ 

巨人スタメン2019のまとめ

ここまで2019シーズンの巨人スタメン予想と開幕投手とローテについて予想していきましたがどうでしたでしょうか。

やはり今回の最大の目玉はFAで加入した選手たち。どこまで成績を残せるのか、スタメン奪取に向けて一生懸命全員頑張って欲しいですね!

2019年シーズンも巨人のメンバーから目が離せなさそうです!