巨人2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回は巨人の新戦力補強について取り上げていきます。

2017シーズンの巨人といえばやはり大補強が大誤算に終わったことですね。

過去の事例であった4番バッターを並べたスタメンオーダーと何かといわれましたが、機能しないことを予想してた方も多いおのではないでしょうか。

村田選手もまさかの戦力外で大幅なチーム編成が求められる時期に入っていますね。

とはいっても今の巨人は補強が成功しないとAクラスも危うい状態なことも事実なのでぜひとも2018シーズンに向けてバランスのとれた補強をしたいところでしょう

そんなわけで、今回は2018シーズンの巨人の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

ご覧ください!

※随時追記していきます。

スポンサーリンク

巨人の2017を振り返って必要な補強ポイントは?

2017年のシーズン前はFA選手3名に加えて現役メジャーリーガーのカミネロ、かつて楽天の日本一に貢献したマギーなどを補強し「Vへの本気度」を見せた巨人。

シーズンが始まってみると2016年苦しんだ貧打は相変わらずで菅野投手や田口投手、マイコラスの先発投手が奮闘するも球団記録の13連敗を喫するなど波に乗り切れませんでした。

夏場以降に盛り返してDeNAと3位争いを展開するのが精一杯で、首位広島には力の差を見せつけられて大きく負け越して散々なシーズンとなりました。

勝負どころでは依然存在感を見せるものの、満身創痍でシーズンを通してパフォーマンスを発揮できなくなった阿部を筆頭にベテラン勢の力が落ちていることは明らかで新たな力の台頭が不可欠です。

巨人でポジションが固定できているレギュラーと呼べる存在はショートの坂本選手くらいで、あとはほとんどのポジションが1年を通して固定が難しかったといえます。

防御率が示す通り投手力は安定しており、リリーフの枚数も豊富です。

シーズン終盤には畠という先発の新しい力も台頭。

マイコラス投手とマシソン投手の動向次第ではありますが、やはり補強は野手ということになるでしょう。

狭い東京ドームを本拠地とし、かつては空中戦の王者だった巨人も2017年は20本塁打を打った打者がいないという状況ですので、やはり一発長打を秘めたロングヒッターの補強が最優先になるでしょう。

ポジション的には巨人の長年の穴である二塁が優先ということになりますが、こちらは外国人で二塁手のロングヒッターを探すことは難しいためドラフトなどで狙っていく形になるでしょう。

マシソン投手やマイコラス投手が流出した場合は、それに加えて先発やリリーフにも触手を伸ばすことになり2017年オフも数十億レベルの補強が実行されるかもしれませんね。

CHECK!巨人2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも! 

新外国人

2018シーズン巨人の新外国人補強はこちら

ゲレーロ

大砲不足に悩まさる巨人にとってゲレーロ選手の獲得はこのオフ最大の補強ですね。

2017年シーズンの巨人は1人も20本塁打を達成できずに終わってますし、主力の低下を考えるとこういった補強は今の巨人にとって必要不可欠です。

マネーゲームに強い巨人が勝ち取ったわけですから40本塁打は期待したいですね。

ゲレーロ選手は本拠地のナゴヤドームで35本塁打を放っているので、これが東京ドームとなればとんでもないことになりそうですし、仮にゲレーロ選手を巨人が獲得したらマギー選手と同じスタメンに名を連ねるだけでも打線に凄い厚みが増すことでしょう。

レフトのポジションが固まってない巨人にとっては願ってもない補強ですね。

CHECK!ゲレーロの移籍先は巨人とソフトバンクが有力?阪神はどう?

FA補強

2016年の巨人の大補強失敗からみて、FA補強をするだけでもいろいろ言われますが、今回もFAの目玉をリストアップしています。

野上亮磨

西武でFA宣言していた野上亮磨投手が巨人入りが決まりましたね。

CHECK!巨人・野上亮磨の人的補償・プロテクト予想!放出されそうな選手は? 

2017シーズンに2013年以来の二桁勝利をマークしていますので巨人からしても10勝は計算できる投手となるでしょう

年俸が3年総額4億5000円ということなので、単年で1億5000万。

西武時代の5000万から年俸は約1億アップしたことになりますのでやはり年俸面が大きかったのかなという印象ですね。

野上投手といえば元モーニング娘。の石川梨華さんとの結婚して子供も産まれるということで2018シーズンは相当な決意で挑むはずなので期待したいです。

石川梨華さんは阪神ファンなので、阪神に移籍なのかな?という意見もありましたが、完投の球団を選びましたね。

マイコラス投手が退団しただけに野上投手の補強は何とか助かったという感じでしょうか。

菅野投手、田口投手、野上投手の柱は鉄板でしょう。

上原浩治

2018シーズン巨人の最後の補強がサプライズとなりましたね。

10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治投手。

巨人時代ではエースと抑えとして君臨したわけですが、抑えに関してはマシソン投手かカミネロ投手がいるので、先発として見てみたいですね。

メジャーに挑戦する前につけていた背番号「19」は現在巨人の絶対的エース菅野投手がつけているので何かの縁を感じます。

上原投手は年齢的にも当然衰えがあるでしょうから、フル回転は難しいと思いますがこの1年でまだまだやれるという姿を見せてほしいですね。

イチロー選手もそうですが、メジャー選手の去就が決まるのってほんと遅いですね、、

スポンサーリンク

ドラフト新人選手

巨人が2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの16名です!

ドラフト1位:鍬原拓也

鍬原拓也・巨人

生年月日:1996年3月26日
出身:奈良県御所市
身長:177センチ
体重:76キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:中央大学

“戦国東都”屈指の奪三振能力を誇る則本2世。

上背はあまりないもののキレのあるストレートで三振を奪う投手です。

コントロールにはばらつきが残るものの、決め球のシンカーのキレがよく変化球で空振りが奪えるのが魅力。

無論即戦力を期待しての1位指名ですので先発抑え両方に適正がある鍬原投手はマシソン、マイコラスの契約状況が不透明な巨人の救世主となれるか注目です。

CHECK!鍬原拓也(中央大学)ドラフト進路や評価は?出身中学や高校時代に球速と球種も 

ドラフト2位:岸田行倫

岸田行倫・巨人

生年月日:1996年10月10日
出身:兵庫県川西市
身長:176センチ
体重:80キロ
投打:右投右打
ポジション:捕手
最終経歴:大阪ガス

高卒1年目から社会人の強豪大阪ガスで正捕手を務めた強肩捕手。

二塁送球1.9秒とプロの1軍でもすぐ通用するほどの強肩です。

高校時代は捕手をつとめながら救援投手として140kmを超えるストレートを投げていましたのでその強肩ぶりも納得。

打撃もしぶとく小林の貧打に泣く巨人が二位指名したのもうなずける素材といえるでしょう。

ドラフト3位:大城卓三

大城卓三・巨人

生年月日:1993年2月11日
出身:沖縄県那覇市
身長:187センチ
体重:89キロ
投打:右投左打
ポジション:捕手
最終経歴:NTT西日本

身長187cmの大型捕手。二塁送球1.8~1.9秒の強肩。

どちらかといえば、2位の岸田選手が守備型とすれば大城は打撃型の捕手という印象です。

左打者でやわらかい打撃は素材としては魅力的で小林選手のライバルとして今季台頭してきた宇佐見選手の存在をおびやかす捕手になれるか注目ですね。

ドラフト4位:北村拓己

北村拓己・巨人

生年月日:1995年8月29日
出身:石川県金沢市
身長:181センチ
体重:85キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手
最終経歴:亜細亜大

東都リーグ屈指の三塁手。

遠投100mを超える強肩で、高校時代は遊撃手でした。

スラッガーというよりはコンタクト率の高い中距離打者でツボに入ればスタンドへ持っていく力もある巧打者。

プロアマ交流戦でプロの投手からマルチ安打を放ったように実戦での対応力が魅力。

自由契約になった村田の後釜となれるか注目ですね。

CHECK!北村拓己(亜大)のドラフト進路は?打撃と守備の評価も!彼女や兄弟は? 

ドラフト5位:田中俊太

田中俊太・巨人

生年月日:1993年8月18日
出身:神奈川県厚木市
身長:178センチ
体重:80キロ
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:日立製作所

兄は広島の田中広輔。

走攻守三拍子揃った即戦力二塁手。

社会人で3割を大きく超える打率を残した打撃もさることながらグラブさばきからスローイングにいたるまでの安定感の高い守備も大きな魅力の選手です。

巨人のセカンドは長年レギュラーが固定できない泣き所。

2016年のドラフト1位吉川も期待に応えたとは言い難く、社会人出身で実戦能力の高い田中選手への期待は大きいと思われます。

CHECK!田中俊太(日立製作所)のドラフト進路や評価は?彼女いる?高校大学時代も 

ドラフト6位:若林晃弘

若林晃弘・巨人

生年月日:1993年8月26日
出身:東京都中野区
身長:180センチ
体重:77キロ
投打:右投両打
ポジション:内野手
最終経歴:JX-ENEOS

50m5秒台の俊足と両打が売りの即戦力二塁手。

ENEOSでは三番を打っていますが、どちらかといえば俊足を生かした巧打タイプの選手でプロでは1、2番を目指すことになるでしょう。

二塁もさることながら1、2番が固定できない巨人としては補強ポイントにマッチし、5位の田中選手と並んで巨人の泣き所を埋めてくれる存在としての期待の高さがうかがえます。

ドラフト7位:村上海斗

村上海斗・巨人

生年月日:1995年7月7日
出身:京都府井手町
身長:189センチ
体重:95キロ
投打:右投右打
ポジション:外野手
最終経歴:奈良学園大

荒削りですが芯でとらえた時の打球の速さは目を見張るものがある将来の大砲候補。

189cm95kgの大型野手ながら50m走が5秒台という驚異の身体能力を誇る選手です。

打撃は大学時代も調子の波があり、即プロで通用するかどうかはわからない部分がありつつも身体能力から来る秘めたポテンシャルが最大の魅力の選手。

長野選手の後釜として期待は大きいでしょう。

ドラフト8位:湯浅大

湯浅大・巨人

生年月日:2000年1月24日
出身:群馬県
身長:172センチ
体重:70キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手
最終経歴:高崎健康福祉大高崎高

機動破壊を掲げた健大高崎高校の代名詞的選手。

身体は大きくありませんが、売りはその「足」ですね。

高校2年時は試合数以上の盗塁数を記録していた程のスピードを誇ります。

新たなスピードスター候補としての素材型の選手。

ドラフト候補としてあまり名前がささやかれていなかった「隠し玉」的選手なので、今後の成長が注目されますね。

ドラフト育成1位:比嘉賢伸

比嘉賢伸・巨人

生年月日:2000年1月12日
出身:大阪府大阪市
身長:180センチ
体重:82キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手
最終経歴:盛岡大付属高

3度の甲子園出場で打率.333を残した内野手。

高校通算37発を誇り長打力も兼ね備えます。

3年夏に甲子園で放った右越え本塁打は将来の可能性を感じさせる一発でした。

遠投100mと方も強く、大型の内野手として坂本選手の後釜候補としての素材は十分魅力的な選手です。

ドラフト育成2位:山上信吾

山上信吾・巨人

生年月日:1999年9月21日
出身:群馬県
身長:183センチ
体重:74キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:常盤高

高校2年生時の県大会で17奪三振を記録して注目を集めるようになった最速146km右腕。

甲子園出場はなく、ケガもあって高校時代の登板実績も少ない、正に育成向きの「素材型」の選手。

体を大きく使え、腕の振りがいい投手だけにどれだけ伸びるか注目されますね。

ドラフト育成3位:笠井駿

笠井駿・巨人

生年月日:1995年4月20日
出身:東京都
身長:180センチ
体重:80キロ
投打:右投右打
ポジション:外野手
最終経歴:東北福祉大

東北福祉大で副主将を務めていた俊足外野手。

50m5秒7というプロでも上位に入るような俊足が一番の売り。

鈴木選手の引退後の足のスペシャリストとして重信はまだその位置を確立したとは言い難いので、プロで試合に出るための武器をひとつ持っているという点で楽しみな選手であることは間違いありませんね。

ドラフト育成4位:田中優太

田中優太・巨人

生年月日:1999年9月14日
出身:山形県
身長:183センチ
体重:75キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:羽黒高

高校2年秋に投手に転向。転向当初はオーバースローで投げていたようですが横手投げに変えてから球速がアップ。

斎藤雅樹コーチの現役時代をほうふつとさせるような曲りの大きなスライダーやシンカーが武器。

投手歴が短いため「使い減り」していないことや、それ故の伸び代の大きさに期待ができる投手といえそうです。

ドラフト育成5位:広畑塁

広畑塁・巨人

生年月日:1995年6月17日
出身:福岡県
身長:177センチ
体重:72キロ
投打:右投左打
ポジション:捕手
最終経歴:立正大学

立正大では正捕手ではなかったものの、肩の強さには光るものがあります。

育成らしくまさに「一芸」を評価されての指名だったと思われますね。

2017年ドラフトで捕手を4名も指名した巨人で競争を勝ち抜けるか注目しましょう。

ドラフト育成6位:小山翔平

小山翔平・巨人

生年月日:1996年3月25日
出身:京都府
身長:170センチ
体重:70キロ
投打:右投右打
ポジション:捕手
最終経歴:関西大学

4位の広畑選手同様「肩の強さ」という一芸を評価されて指名された選手。

大学ではプロ志望届を提出せず、プロのテストを受けて指名された異色の選手で体も小柄ですが伸び代に期待されているのでしょうね。

ドラフト育成7位:折下光輝

折下光輝・巨人

生年月日:2000年2月14日
出身:徳島県阿南市
身長:177センチ
体重:86キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手
最終経歴:新野高

高校時代は投手も兼任していた強肩の三塁手。

高校通算34本を誇る右の大砲候補。150kmを超えるスイングスピードを誇り振り切る力は高校生でも屈指でしょうね。高校時代の打率は.250を下回っているなどまだまだ荒削りなので今後の成長に期待でしょう。

ドラフト育成8位:荒井颯太

生年月日:1999年9月27日
出身:新潟県上越市
身長:190センチ
体重:98キロ
投打:右投右打
ポジション:外野手
最終経歴:関根学園高

6位の小山選手同様入団テストを受けて合格し指名を勝ち取った大型外野手。

190cmの恵まれた体格から力強いスイングでボールを遠くへ飛ばす魅力は十分。

高校通算28本塁打で肩も強くかつての大田選手のようなポテンシャルを感じさせる好素材ですね。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ということことで、2018シーズンの巨人の補強について色々と迫ってみました。

今回のドラフトは捕手を育成含めて5戦士を獲得したということで、巨人の捕手事情が伝わってくるような感じでしたね。

どうしても2017年の大補強が上手く機能しなかったことで色々言われる巨人ですが、人気球団なだけに若手の育成期間を待ってもらえない雰囲気も多少なりともあるでしょう。

個人的には原監督が監督に復帰した生え抜き中心とたチーム編成が黄金期かなと思ってます。 

その時代の選手が今でも一線で活躍できているのが坂本選手くらいなので、世代交代の時期に入っているのかなと。

若手のいい選手も多いので、外国人選手の補強を最小限にして若手の生え抜き選手が1人でも多くスタメンに連ねて欲しいですね。

流石に2017年の大補強はもうないと思いますが、巨人が生え抜き選手の再建に励んでくれることを祈ってます。